ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国の金融引き締めで追い込まれる中小銀行。当局は大混乱覚悟で続行か?

 

 中国で短期金利が急騰し、流動性が逼迫している問題で、中央銀行にあたる中国人民銀行は6月25日、資金不足に陥った銀行に対し、必要に応じて資金を供給を行う考えを示した。これによって、短期金融市場は落ち着きを取り戻し、市場安定という意味では一段落した。
 だが中国の銀行、とりわけ中小の銀行における資金調達の根本的な問題が解決したわけではなく、以前として爆弾を抱えたままの状態であることに変わりはない。

  中国の中小銀行は、預金だけで十分な経営を行うことはできず「理財商品」と呼ばれる短期金融商品を発行して資金を確保している。
 資金不足が顕著になってから、各銀行は次々に7%台という高利回りの商品提供を開始、中には10%を超えるものまで登場している。中長期の商品よりも短期の商品の方が金利が高いという異常事態となっている。
 これらの理財商品を購入しているのは多くが一般市民である。今回の金利急騰局面においては、銀行の経営危機を心配するどころか、高金利に惹かれて顧客が殺到、商品が飛ぶように売れているというのが実態である。

 中国当局は今回、ある程度の流動性供給を表明したものの、基本的には大きな混乱があっても、こうした無理な資金調達は縮小させたい構えだ(本誌記事「日本のバブル退治を彷彿?中国が景気原則にも関わらず金融引き締めを強行」参照)。
 今回の資金逼迫の背後には、不動産投機というやっかいな問題が存在している。銀行がこのところ短期の金融商品を乱発しているのは、過去に販売した金融商品の償還ピークを迎えているからである。金融商品の発行で得られた資金の多くは、最終的に不動産への投機に回っており、不良債権化している可能性が高い。

 当局が金融引き締めに乗り出しているのは、高金利の金融商品でとりあえずの資金を確保するという、その場しのぎの延命策を銀行にこれ以上取らせないためである。
 今回発行した金融商品の償還を迎える時期にはまた同じような状況に陥るが、次回はさらに商品の発行が困難になってくるだろう。当局としては、徐々に資金調達の手段を制限していき、不良債権の処理を促していく方針と思われる。

 もちろんこのやり方は、一歩間違えれば、一気に金融パニックを引き起こす危険性もある。だが不動産投機によって発生した大量の不良債権は、ハードランディングとなっても徹底的に処理するという当局の姿勢に当面変更はなさそうだ。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

kokusaishushi201305
5月の国際収支。貿易赤字定着も経常収支プラス維持の傾向が鮮明に

 財務省は7月8日、5月の国際収支を発表した。最終的な国の儲けを示す経常収支は5 …

sakuraikeireki
日銀審議委員の櫻井眞氏に経歴詐称疑惑。市場はどう判断するのか?

 日銀の政策委員会メンバーの経歴が問題視されている。金融政策の根幹を担う中央銀行 …

nichigin04
日銀が追加の量的緩和策を見送り、金融政策を現状維持とした理由

 日銀は2014年4月8日、金融政策決定会合を開催し、金融政策の現状維持を決定し …

sharp
シャープがLIXILなどに出資要請との報道。シャープペンシルの時代に逆戻り?

 経営再建中のシャープが、複数の事業会社に対して出資要請を検討していることが明ら …

bouekitoukei201403
3月の貿易赤字は1兆4463億円。赤字拡大のトレンドは継続している

 財務省は2014年4月21日、3月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

no image
経済優等生のブルガリアがユーロ加盟を拒否。ユーロ圏拡大にブレーキ

 ユーロ導入を検討していたブルガリアが、EUの将来性が見込めないことから、導入を …

jutaku02
全国で土地が余っている。都市部への人口集中を前提にした政策に舵を切る時期に

 政府は6月11日、平成25年版の「土地白書」を閣議決定した。人口の減少と高齢化 …

suitai
各種世界ランキングへの関心が急低下?日本経済は死の受容プロセスの3段階目か

 このところ日本が各種の世界ランキングで著しく順位を落としている。以前は、ランキ …

newvaio
ソニーのVAIO分社化が完了。パソコンの手離れで市場の関心はいよいよTV事業へ

 ソニー経営再建の焦点となっていたパソコン事業分社化がひとつの節目を迎えた。投資 …

shanhai
中国から200兆円を超えるお金が不正に流出。中国の金庫は実はスッカラカン?

 米国の民間研究機関グローバル・フィナンシャル・インテグリティー(GFI)は17 …