ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

総選挙を前にギラード首相が退陣しラッド元首相が復活。日本への対応は変わるのか?

 

 オーストラリアの与党労働党は6月26日、党首選を行い現党首のギラード首相がラッド前首相(写真)に破れた。9月に行われる総選挙を前に、首相が退陣するという異例の事態となった。

 ギラード氏とラッド氏は、以前から確執が噂されており、ラッド氏が首相への返り咲きを狙っているという報道が出ていた。直接のきっかけは、ギラード氏に対する支持率の低迷で、このままの状態では9月の総選挙で敗北する可能性が濃厚となっていた。
 労働党としては、国民からの人気が高いラッド氏を党首に据えることで、次の選挙を乗り切りたい構えだ。ギラード氏は党首選に先立ち、敗者は「政界から去るべきだ」と述べていたが、自身が引退を迫られる状況に追い込まれてしまった。

 現在の世論調査では、野党自由党の支持率が与党労働党よりも10%近く上回っている。ラッド氏は人気があるとはいえ、総選挙までに不利な情勢を逆転できるかは不透明だ。

 日本にとっては、次の総選挙でどちらが政権与党になるのかによって、外交・安全保障の状況が大きく変わってくる。オーストラリアは中国系移民が急増しているほか、対中貿易が日本を上回り、中国が最大の関心事となっている。労働党政権に変わってから、オーストラリアは中国重視の政策に転換するとともに、捕鯨問題では日本に対してかなり敵対的なスタンスを取っている。ギラード政権では、中国の軍事力台頭を歓迎する国防白書が公開され大きな話題となった(本誌記事「豪が中国の台頭を歓迎する国防白書を発表。安倍政権の世界観と真っ向から対立」参照)。
 ラッド氏も中国語がペラペラだが、中国の台頭には一定の警戒感を示しており、ギラード氏よりは従来の路線に近いといわれる。だが労働党政権が継続するのであれば、首相が誰であれ大きな方向性に変化はないだろう。

 一方、野党自由党のアボット党首は対中強硬派といわれており、日本との関係を重視している。アジア太平洋地域において中国封じ込め政策を実施したい安倍政権としては自由党政権の方が望ましいところだろう。ただアボット党首は捕鯨問題についてはかなりの強硬派といわれており、日本との友好関係を重視したとしても、この問題でオーストラリアが譲歩する可能性は少ない。

 - 政治 , , ,

  関連記事

yukihatoyama
鳩山氏の暴走で浮き彫りになる、日本人にとっての「法の支配」

 クリミアを訪問中の鳩山由紀夫元首相は2015年3月12日、旅券を返納させるべき …

runesasu003
ルネサス救済が正式決定。だが、早くもガバナンス不在の現実が露呈

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスは10日、第三者割当増資を実施し …

abetoben
特定秘密法案が衆院を通過。この法案の最大の問題点は「知る権利」ではない

 特定秘密保護法案が11月26日、衆院本会議において自民、公明、みんなの党による …

myanmer
ミャンマーの携帯電話事業で日本は落選。中東の通信会社を選定したしたたかな戦略

 ミャンマー政府は6月27日、同国における携帯電話事業への新規参入選定において、 …

no image
韓国大統領候補の税金ごまかし問題。だが韓国では当たり前?

 韓国の次期大統領選挙に立候補を表明した安哲秀(アン・チョルス)候補に金銭疑惑が …

bukkajoushou
2%の物価目標は射程距離内。輸入インフレでも脱デフレは脱デフレ?

 総務省は9月27日、8月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

no image
韓国が3隻目のイージス艦を配備。日本との差が徐々に縮小

 韓国が3隻目のイージス艦を就航させる。韓国防衛事業庁は8月末、イージス艦「西厓 …

ecb
失業率の悪化で国民の不満が爆発。欧州で緊縮策の一時棚上げが急浮上

 景気低迷と失業率の低下に歯止めがかからない欧州で、緊縮策を一時棚上げし、景気対 …

saka
日本郵政の斉藤社長が退任。後任は竹中氏の天敵。郵政民営化見直しはこれで完成形?

 日本郵政は19日午前、臨時取締役会を開き、斎藤次郎社長の退任を決定した。後任に …

orandotero
パリ同時テロ容疑者、5000発の銃弾を撃ち込んで急襲も、主犯格は拘束できず

 フランスの検察当局は2015年11月18日、同時テロ事件に関与したとみられる武 …