ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

総選挙を前にギラード首相が退陣しラッド元首相が復活。日本への対応は変わるのか?

 

 オーストラリアの与党労働党は6月26日、党首選を行い現党首のギラード首相がラッド前首相(写真)に破れた。9月に行われる総選挙を前に、首相が退陣するという異例の事態となった。

 ギラード氏とラッド氏は、以前から確執が噂されており、ラッド氏が首相への返り咲きを狙っているという報道が出ていた。直接のきっかけは、ギラード氏に対する支持率の低迷で、このままの状態では9月の総選挙で敗北する可能性が濃厚となっていた。
 労働党としては、国民からの人気が高いラッド氏を党首に据えることで、次の選挙を乗り切りたい構えだ。ギラード氏は党首選に先立ち、敗者は「政界から去るべきだ」と述べていたが、自身が引退を迫られる状況に追い込まれてしまった。

 現在の世論調査では、野党自由党の支持率が与党労働党よりも10%近く上回っている。ラッド氏は人気があるとはいえ、総選挙までに不利な情勢を逆転できるかは不透明だ。

 日本にとっては、次の総選挙でどちらが政権与党になるのかによって、外交・安全保障の状況が大きく変わってくる。オーストラリアは中国系移民が急増しているほか、対中貿易が日本を上回り、中国が最大の関心事となっている。労働党政権に変わってから、オーストラリアは中国重視の政策に転換するとともに、捕鯨問題では日本に対してかなり敵対的なスタンスを取っている。ギラード政権では、中国の軍事力台頭を歓迎する国防白書が公開され大きな話題となった(本誌記事「豪が中国の台頭を歓迎する国防白書を発表。安倍政権の世界観と真っ向から対立」参照)。
 ラッド氏も中国語がペラペラだが、中国の台頭には一定の警戒感を示しており、ギラード氏よりは従来の路線に近いといわれる。だが労働党政権が継続するのであれば、首相が誰であれ大きな方向性に変化はないだろう。

 一方、野党自由党のアボット党首は対中強硬派といわれており、日本との関係を重視している。アジア太平洋地域において中国封じ込め政策を実施したい安倍政権としては自由党政権の方が望ましいところだろう。ただアボット党首は捕鯨問題についてはかなりの強硬派といわれており、日本との友好関係を重視したとしても、この問題でオーストラリアが譲歩する可能性は少ない。

 - 政治 , , ,

  関連記事

no image
今度は中国と韓国で領有権争いが勃発。中国はラジコン飛行機で威嚇

 竹島や尖閣諸島をめぐって日本と領土問題で対立している中国と韓国が、今度は双方の …

barroso02
EUが加盟6カ国の財政目標を緩和。とうとう緊縮路線からの転換を表明

 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は5月28日、フランスやスペインなど …

ronaldreganyokosuka
米空母ロナルド・レーガンが横須賀に配備。海自の護衛艦いずもが先導

 米第七艦隊の主力空母として昨年5月まで横須賀基地に配備されていた「ジョージ・ワ …

soudensen
景気は回復しないのに電力など生活必需品は次々値上げ。これではスタグフレーションだ

 アベノミクスによる株高で日本経済は楽観ムードに包まれているが、一方で経済成長な …

seoulapart
不況なのに家賃高騰?経済が低迷しつつある韓国で奇妙な現象が発生する理由とは?

 経済成長が鈍化しているにも関わらず、家賃が急騰するという奇妙が現象が韓国で起こ …

euwhitehouse
TPPも骨抜き?米欧FTAの交渉がいよいよスタート。米欧は妥結にかなり前向き

 米国と欧州の自由貿易協定である米欧FTAに関する第一回の交渉が7月8日、米国ワ …

kiseikaikaku
形骸化が進む規制改革会議。唯一の目玉だった牛乳についても先送り

 政府の規制改革会議は2016年5月19日、規制改革に関する第4次答申の結果をま …

trumporder
トランプ大統領がとうとう日本の為替政策を批判。市場はショックもある意味では想定内

 トランプ米大統領がとうとう日本の為替政策について批判を展開した。これまでの発言 …

saiki
外務省の斎木次官が訪中。だが今のところ日中首脳会談開催のメドは立たず

 外務省の斎木事務次官は7月29日、中国を訪問し、中国外交部(外務省)の王毅外相 …

bouekitoukei201307
7月の貿易統計は赤字拡大。そろそろ貿易赤字を前提にした産業政策を議論すべき時

 財務省は8月19日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …