ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

総選挙を前にギラード首相が退陣しラッド元首相が復活。日本への対応は変わるのか?

 

 オーストラリアの与党労働党は6月26日、党首選を行い現党首のギラード首相がラッド前首相(写真)に破れた。9月に行われる総選挙を前に、首相が退陣するという異例の事態となった。

 ギラード氏とラッド氏は、以前から確執が噂されており、ラッド氏が首相への返り咲きを狙っているという報道が出ていた。直接のきっかけは、ギラード氏に対する支持率の低迷で、このままの状態では9月の総選挙で敗北する可能性が濃厚となっていた。
 労働党としては、国民からの人気が高いラッド氏を党首に据えることで、次の選挙を乗り切りたい構えだ。ギラード氏は党首選に先立ち、敗者は「政界から去るべきだ」と述べていたが、自身が引退を迫られる状況に追い込まれてしまった。

 現在の世論調査では、野党自由党の支持率が与党労働党よりも10%近く上回っている。ラッド氏は人気があるとはいえ、総選挙までに不利な情勢を逆転できるかは不透明だ。

 日本にとっては、次の総選挙でどちらが政権与党になるのかによって、外交・安全保障の状況が大きく変わってくる。オーストラリアは中国系移民が急増しているほか、対中貿易が日本を上回り、中国が最大の関心事となっている。労働党政権に変わってから、オーストラリアは中国重視の政策に転換するとともに、捕鯨問題では日本に対してかなり敵対的なスタンスを取っている。ギラード政権では、中国の軍事力台頭を歓迎する国防白書が公開され大きな話題となった(本誌記事「豪が中国の台頭を歓迎する国防白書を発表。安倍政権の世界観と真っ向から対立」参照)。
 ラッド氏も中国語がペラペラだが、中国の台頭には一定の警戒感を示しており、ギラード氏よりは従来の路線に近いといわれる。だが労働党政権が継続するのであれば、首相が誰であれ大きな方向性に変化はないだろう。

 一方、野党自由党のアボット党首は対中強硬派といわれており、日本との関係を重視している。アジア太平洋地域において中国封じ込め政策を実施したい安倍政権としては自由党政権の方が望ましいところだろう。ただアボット党首は捕鯨問題についてはかなりの強硬派といわれており、日本との友好関係を重視したとしても、この問題でオーストラリアが譲歩する可能性は少ない。

 - 政治 , , ,

  関連記事

ichimanen
来年度の国債の発行総額は180兆円を突破。国債管理政策は正念場へ

 財務省は2013年12月24日、2014年度の国債発行計画を発表した。国債発行 …

iowarepub
米大統領選の状況が一変。共和党は主流派が推すルビオ候補が大躍進

 米大統領選の初戦となる中西部アイオワの党員集会は、思いがけない結果となった。共 …

kamei
円滑化法が3月で期限切れ。倒産予備軍10万社なのに慌てた様子がないのはなぜ?

 中小企業金融円滑化法の期限が3月末で切れることから、10万社ともいわれる倒産予 …

kouki9
トルコによる中国製装備の調達問題で浮上した、軍事技術汎用化という課題

 NATO(北大西洋条約機構)のラスムセン事務総長は10月7日、NATO加盟国の …

hatoyamachina
小野寺防衛相の鳩山氏「国賊」発言は、中国側を利するだけ

 文化交流の名目で訪中し、中国よりの発言を繰り返している鳩山元首相に対して、とう …

schieffer
従軍慰安婦問題に警鐘を鳴らすシーファー前駐日大使の話には耳を傾けるべきか?

 歴代の駐日米国大使らによる日米関係シンポジウムが5月3日、米国ワシントンで開催 …

no image
吹田市の随意契約問題は方法が稚拙なだけ。官公庁に蔓延する入札を偽装する手口

 大阪府吹田市が、市長の後援会副会長が社長を務める電気工事会社に対し、市庁舎の太 …

sutisenkyo
ミャンマーで歴史的な政権交代へ。だがスー・チー氏にとっては過大山積

 50年以上にわたって軍による独裁政権が続いてきたミャンマーで2015年11月8 …

kyosantobakuha
中国共産党庁舎爆破事件。動揺が走るも中国の体制崩壊につながる可能性は低い

 中国北部の山西省太原市で11月6日、連続爆破事件が発生した。中国共産党省委員会 …

no image
韓国の家計部門が危機的水準に突入と海外メディアが報道

 韓国の家計債務の可処分所得比率が危機的レベルに近づきつつあるといくつかの海外メ …