ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

総選挙を前にギラード首相が退陣しラッド元首相が復活。日本への対応は変わるのか?

 

 オーストラリアの与党労働党は6月26日、党首選を行い現党首のギラード首相がラッド前首相(写真)に破れた。9月に行われる総選挙を前に、首相が退陣するという異例の事態となった。

 ギラード氏とラッド氏は、以前から確執が噂されており、ラッド氏が首相への返り咲きを狙っているという報道が出ていた。直接のきっかけは、ギラード氏に対する支持率の低迷で、このままの状態では9月の総選挙で敗北する可能性が濃厚となっていた。
 労働党としては、国民からの人気が高いラッド氏を党首に据えることで、次の選挙を乗り切りたい構えだ。ギラード氏は党首選に先立ち、敗者は「政界から去るべきだ」と述べていたが、自身が引退を迫られる状況に追い込まれてしまった。

 現在の世論調査では、野党自由党の支持率が与党労働党よりも10%近く上回っている。ラッド氏は人気があるとはいえ、総選挙までに不利な情勢を逆転できるかは不透明だ。

 日本にとっては、次の総選挙でどちらが政権与党になるのかによって、外交・安全保障の状況が大きく変わってくる。オーストラリアは中国系移民が急増しているほか、対中貿易が日本を上回り、中国が最大の関心事となっている。労働党政権に変わってから、オーストラリアは中国重視の政策に転換するとともに、捕鯨問題では日本に対してかなり敵対的なスタンスを取っている。ギラード政権では、中国の軍事力台頭を歓迎する国防白書が公開され大きな話題となった(本誌記事「豪が中国の台頭を歓迎する国防白書を発表。安倍政権の世界観と真っ向から対立」参照)。
 ラッド氏も中国語がペラペラだが、中国の台頭には一定の警戒感を示しており、ギラード氏よりは従来の路線に近いといわれる。だが労働党政権が継続するのであれば、首相が誰であれ大きな方向性に変化はないだろう。

 一方、野党自由党のアボット党首は対中強硬派といわれており、日本との関係を重視している。アジア太平洋地域において中国封じ込め政策を実施したい安倍政権としては自由党政権の方が望ましいところだろう。ただアボット党首は捕鯨問題についてはかなりの強硬派といわれており、日本との友好関係を重視したとしても、この問題でオーストラリアが譲歩する可能性は少ない。

 - 政治 , , ,

  関連記事

江沢民
中国の前国家エネルギー局長の汚職事件。江沢民グループの影響力排除が目的か?

 新華社通信や中国中央電視台など中国の国営メディアは、中国共産党中央規律検査委員 …

mistral
すぐにでも強襲揚陸艦の引き渡しを実施したいフランスとロシアのホンネ

 フランス政府は2014年9月3日、ロシアに提供される予定であったミストラル級強 …

kurodashirakawa
実は似た者同士?正反対といわれる黒田、白川両総裁には共通の目的があった?

 従来の日銀とはまったく異なる異次元の金融政策を打ち出した黒田総裁は、前総裁の白 …

no image
米国議会が日本は尖閣諸島の行政権のみを保有と表明。だが特に目新しい話ではない

 朝鮮日報が、日中が領有権を争う尖閣諸島について、米国が日本に対して領有権ではな …

planb1step
米国で緊急避妊薬が17歳以下でも自由に購入可能に。日本では処方箋が必要だが・・・・

 米国のニューヨーク連邦裁判所は4月5日、性行為の後でも効果のある緊急避妊薬の店 …

abe20141117
消費増税延期で衆院解散へ。量的緩和策で当面不安はないが・・・

 安倍首相は衆議院の解散と来年10月に予定されている消費増税の延期を決断した。増 …

hagel04
北朝鮮の強硬姿勢によって米の軍事費削減に赤信号?現状維持派の策略との声も

 敵対的な姿勢を強める北朝鮮への対抗措置から、米軍が相次いで兵力の追加配備を迫ら …

nichibeikokki
米国人の対日世論調査の結果。一般人と有識者で隔たりも

 外務省は2014年11月7日、米国における対日世論調査の結果を発表した。調査は …

shukinpeihouei2015
習近平国家主席の訪英。とうとう英国原発の中国丸投げについて最終合意

 英国を訪問中の中国の習近平国家主席と英国のキャメロン首相は2015年10月21 …

abenaikaku3ji
第3次安倍内閣が発足。経済最優先だが、再度の追加緩和頼み?

 第3次安倍内閣が本格的なスタートを切った。安倍首相は発足後ただちに財界に対して …