ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

プルサーマル計画の意義が薄れる中、震災後初となるMOX燃料が高浜原発に到着。

 

 関西電力高浜原発3号機で使用するMOX燃料(ウラン・プルトニウム混合酸化物燃料)を積んだ輸送船が6月27日、高浜原発の専用埠頭に入港した。福島原発の事故後、MOX燃料が海外から日本に輸送されるのは初めてとなる。

 MOX燃料は、ウランにプルトニウムを混ぜたもので、本来はウランだけで使用する既存の軽水炉においてプルトニウムを燃料として使用するためのもの。
 フランスの原子力大手アレバ社に製造を委託しており、日本への輸送は、英国の核燃料輸送専門会社パシフィック・ニュークリア・トランスポート社の専用船「パシフィック・イーグレット」(写真)が担当した。

 日本が従来想定していた核燃料サイクル計画では、使用済み核燃料から抽出されたプルトニウムは高速増殖炉を使って再利用することになっていた。だが高速増殖炉の原型炉である「もんじゅ」はトラブルから運転停止に追い込まれており、原子力規制委員会から体制の見直しを指示されている。運転再開は事実上無期限延期の状態となっており、高速増殖炉でプルトニウムを燃やす計画は頓挫している(本誌記事「高速増殖炉もんじゅの運転再開が困難に。破綻に近づく核燃料サイクル政策」参照)。

 MOX燃料の利用は、もともと高速増殖炉が普及するまでの過渡的な措置として、既存の軽水炉でプルトニウムを利用できるようにする計画(プルサーマル計画)として始まった。だが高速増殖炉の計画全体が頓挫している今、プルサーマル計画そのものの存在意義も怪しくなっている。

 既存の軽水炉はそもそもプルトニウムを燃料として使用することを想定しておらず、炉心特性を考えると、安全性の見地からプルトニウムの利用は控えた方がよいといわれている。
 一方で、これまでの使用済み燃料の再処理でたまったプルトニウムを放置しておくことは、安全保障上好ましいことではない。プルトニウムは容易に核兵器転用ができるため、過剰なプルトニウム保有は核武装の疑念を諸外国に抱かせる危険性があるからだ。またテロリストの格好の標的になるという問題もあり、日本としては保有量を減らしたいところである。

 だが、高速増殖炉の計画が事実上頓挫した今、プルトニウムを処理するための措置としてのプルサーマルというのは本末転倒な姿といえる。仮に原発の再稼働が国民のコンセンサスを得られたとしても、プルサーマルや核燃料サイクル政策の継続はまた別の問題である。
 もんじゅの運転再開のメドが立たず、六ヶ所村の再処理施設もトラブルを起こしている現状で、本当に今後も核燃料サイクル計画を継続していくのか、国民的な議論が必要なはずである。米国のように再処理はせず、ウランだけを使用するという選択肢も真剣に検討する必要があるだろう。

 - 政治, 社会, IT・科学 , , , , ,

  関連記事

koizumisinjiro
選挙対策か本気か?小泉進次郎議員らが社会保障の抜本改革を提言

 小泉進次郎議員ら、自民党の若手議員でつくる「2020年以降の経済財政構想小委員 …

mof02
最近の選挙では若手財務省出身議員が増加中。だがちょっと若すぎないか?

 最近の選挙では、若手の財務官僚が政治家に転身するケースが増えてきている。前回の …

abe20140213
安倍政権が河野談話を巡り迷走。欧州最強国家となったドイツとの違いは歴然

 安倍首相は2014年3月14日、従軍慰安婦の強制について認めた1993年のいわ …

suzuki
軽のスズキがババを引いた税制改正大綱。自動車業界もゼロサムゲームに突入

 自民・公明両党が発表した2014年度の税制改正大綱では、自動車税の扱いが一つの …

kourousho
マクロ経済スライド制という奇妙な名称の制度がスタート。年金は実質減額へ

 2015年から年金の本格的な抑制が始まる。年金財政の破たんを防ぐためには、必須 …

jutakugai
低所得者層でなぜか持ち家比率が急増。そのカラクリはつまらない話だった

 持ち家を購入する世帯が増加していることが総務省の家計調査で明らかになった。20 …

minpaku
民泊法案が今国会で成立の公算。年間日数制限でビジネス目的は困難に?

 住宅の空き部屋を旅行者などに有料で貸し出す、いわゆる「民泊」の解禁を目的とした …

seiyujo
経済産業省が石油業界に合理化を要望。「上からの改革」はうまくいくのか?

 経済産業省は石油元売り各社に設備の統合を促す方針を固めた。日経新聞の報道による …

fufubessei
夫婦別姓をめぐる議論。伝統的価値観に対する奇妙な「ねじれ」現象が発生

 最高裁は2015年12月16日、夫婦別姓を認めない民法の規定について「合憲」で …

abetoben
安倍政権が解雇規制緩和を断念。これでアベノミクスは名実ともにケインズ政策となった

 安倍政権は、成長戦略の目玉と位置付けていた雇用規制緩和の導入を事実上断念した。 …