ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ミャンマーの携帯電話事業で日本は落選。中東の通信会社を選定したしたたかな戦略

 

 ミャンマー政府は6月27日、同国における携帯電話事業への新規参入選定において、ノルウェーのテレノールとカタールの国営通信会社カタールテレコムの2社が事業免許を獲得すると発表した。日本からは住友商事・KDDI連合と丸紅・フランステレコム連合が申請していたが落選した。ただ、丸紅陣営については、決定した2社が辞退した場合の補欠として選定されている。

 テレノールについては予想通りという見方が一般的だが、カタールテレコムが選定されたことは、現地でも驚きの声が上がっている。
 欧米各国を相手にしたたかな交渉を行うことで知られるミャンマーだが、今回の選定はその特徴があらためて浮き彫りになった形だ。

 ミャンマーは6000万人の人口を抱えているが、電話の普及率が10%程度しかなく、最後の巨大市場といわれている。12の事業連合がこの市場を狙って争っていた。
 テレノールはタイやバングラディシュなど新興国で事業を展開した実績があり、豊富なノウハウを持つといわれている。一方カタールテレコムは9100万人の利用者を持つ中東の巨大通信会社だが、ミャンマーでの知名度はほとんどなかった。ただ同社はミャンマー市場に対して150億ドル(約1兆4700億円)の巨額投資を行うことを表明しているほか、1万の基地局を設置して、2年で人口の90%をカバーするという大胆なプランを提示している。このあたりが高く評価されたものと考えられる。

 中東の会社が選定された背景には、ミャンマーのしたたかな外交戦略があるとの見方も出ている。ミャンマー(旧ビルマ)は、太平洋戦中、アジア各国で唯一、日本と深い同盟関係を結んでいた国である。その背景には日本に対する感情もあるが、それよりも日本との関係を欧米各国(特に英国)に対する牽制球にしたいというミャンマーの外交戦略がある。

 英国が、近代ビルマ建国の父といわれ暗殺されたアウンサン将軍の娘(アウンサン・スー・チー氏)を引き取り、教育を施してミャンマーの反政府運動のリーダーとして送り込んだ背景には、こういった歴史的な経緯がある。
 今回ミャンマーは欧米主導で民主化と経済開放を進めているが、中東の国策会社を選定することによって、ミャンマー側の主導権を確保しようという思惑があると考えられる。ミャンマーは最後のフロンティアと呼ばれているが、市場の攻略は一筋縄ではいかないようである。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

mof03
法人減税は安倍政権の本当の「顔」を知るリトマス試験紙

 法人税減税の焦点である課税ベース拡大に関する議論が本格化している。政府の税制調 …

borubo
仏マクロン政権がガソリン車の販売禁止を提言。ボルボなど欧州メーカーもEVシフトへ

 フランスのマクロン政権が、2040年までにガソリン車の販売を禁止するという野心 …

f35c
武器輸出三原則の緩和に踏み切らせた、日米防衛産業の苦しい経営事情

 政府は航空自衛隊の次期主力戦闘機F35について、武器輸出三原則の例外扱いとし、 …

toshiba201405
東芝が新経営方針を発表。原発依存リスクからは脱却か?

 東芝は2014年5月22日、経営方針説明会を開催し、2017年3月期に売上高7 …

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA
脱原発のモデルといわれたドイツで電気代高騰。日本人が知っておくべきこととは?

 再生可能エネルギーへの転換を旧ピッチで進め、日本における「脱原発」論のモデルと …

tsutusmiseiji
日本社会の成熟化を夢見たセゾングループの創設者、堤清二氏が死去。

 実業家でセゾングループ創業者の堤清二(つつみ・せいじ)氏が11月25日、東京都 …

nobelprize
批判などどこ吹く風。臆面もなくEUにノーベル平和賞を贈る北欧人のしたたかさ

 ノーベル平和賞の授賞式が10日、ノルウェーの首都オスロの市庁舎で開かれた。今年 …

yudachi02
中国軍幹部がレーダー照射を認める。軟化のサインか心理戦か?

 中国海軍の艦船が海上自衛隊の護衛艦にレーダーを照射した問題で、中国軍の高級幹部 …

no image
産業革新機構がルネサスを愛国救済。まるで中国の反日デモとの声も

 産業革新機構が、経営不振に陥っているルネサスエレクトロニクスに対して、トヨタ自 …

hyuga02
進水した最新鋭の護衛艦「いずも」が空母に似た形状になっている理由

 海上自衛隊では過去最大となる最新鋭の護衛艦「いずも」(基準排水量1万9500ト …