ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

朴槿恵大統領が中国を訪問し習主席と会談。中韓の親密ぶりが際立つ

 

 韓国の朴槿恵大統領は6月27日、中国を訪問し習近平国家主席と会談した。両首脳は朝鮮半島の非核化を目指すことで一致し、中韓自由貿易協定(FTA)推進をうたった共同宣言をまとめた。
 今回の会談で中国側は、習氏が人民大会堂の前でわざわざ朴氏を出迎えるなど、中国が韓国の訪問を歓迎していることを強く印象付けるものとなった。朴氏は、今回の訪中において前例を破り、大統領就任後、日本よりも先に中国を訪問している。中国の厚遇ぶりはこれに応えたものと思われる。

 このところ、中国と韓国は緊密ぶりが目立っているが、実際、双方の利害関係はよく一致している。
 中国は北朝鮮を完全にコントロールできる状態ではなく、北朝鮮が中国抜きに米国と直接交渉する事を強く警戒している。韓国も同様の状況にあり、米国への牽制球という意味で、北朝鮮問題について中韓で連携することには意味がある(本誌記事「朴槿恵大統領とオバマ大統領が初会談。双方に警戒感があり、様子見に終始」参照)。
 朴氏は、北朝鮮に対して強い姿勢で交渉に臨む一方で、対話や人道支援で南北の信頼構築を目指す「朝鮮半島信頼プロセス」と呼ばれる概念を掲げている。これにもとづき朴氏は南北非武装地帯に世界平和公園を作るプランも提唱している。もちろんこれは、南北間の関係に関するイデオロギー的な意味合いもあるが、公共工事を伴う南北双方にとっての経済利権の話でもある。

 また中国にとってFTAは非常に重要なテーマだ。最終的には、日本も交えたアジア全域のFTA締結が目標だが、これを中国主導で実現できるのか、そうでないのかでは大きな違いとなる。中国としては、冷え切った日韓関係を利用して、中韓FTAを先行して進め、最終的には中国主導で日本を交渉の場に引きずり込む戦略だ。もちろんその背後には最終目的である米国との交渉が控えている。

 日本としては日中韓の経済協定に強くコミットしていくのか、中韓の接近は放置し一定の距離を置き続けるのか、近い将来選択を迫られる可能性が高い。中国の最終的な目的は米国との経済連携であることを考えると、日米対中韓という図式は成立しにくい。中韓の接近に対して、単純に米国と連携を深めればよいという図式にはならないだろう。日本は米中の狭間で難しい舵取りを迫られつつある。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

f35
次期主力戦闘機F35の導入で露呈した、日米防衛産業の苦しい台所事情

 航空自衛隊の次期主力戦闘機であるF35の導入をめぐって、日米の防衛産業の苦しい …

renesasu
政府救済のルネサス決算。1万人のリストラは決めたが、事業面の進捗はゼロ

 経営危機が表面化し、産業革新機構などによる支援が決定している半導体大手ルネサス …

nichigin
日銀が正式に2%の物価目標を導入。日銀法の改正はとりあえず回避

 日銀は22日の金融政策決定会合で、2%の物価目標を導入し、その達成に向け、さら …

kokintou
胡錦濤グループが急速に巻き返し。広東省と重慶市のトップは自派で固める

 中国共産党の政治局常務委員の選出で劣勢に立たされていた胡錦濤前共産党総書記のグ …

money009
日本全体のバランスシートを見ればお金が出回らない理由がよく分かる

 内閣府は2014年1月17日、2012年度の国民経済計算を発表した。資産から負 …

nichigin
日銀がバランスシートをほぼ2倍に拡大へ。壮大な社会実験が始まる!

 日銀は4月4日、黒田新総裁の下では初めてとなる金融政策決定会合を開き、「量的・ …

no image
中国次期指導部は「文科系」中心。とうとうマルクス主義からおさらばするのか?

 中国では今年の秋にいよいよ指導部の交代が行われる。次期指導部の要職に就く人の多 …

imf201610
IMFの最新見通し。米国の鈍化で世界経済に低成長の懸念、カギは投資の増大

 世界経済における低成長の懸念が高まっている。IMF(国際通貨基金)は2016年 …

spiritair
海外ではLCCを超えるスーパーLCCが大躍進。利用者の選択肢が広がる

 米国でLCC(格安航空会社)のさらに上をいく、超格安航空会社が躍進している。フ …

abejosei
4~6月期のGDPは大幅マイナスの見込み。秋以降、政局流動化の可能性も

 来週に発表される4~6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、大幅なマイナスに …