ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

朴槿恵大統領が中国を訪問し習主席と会談。中韓の親密ぶりが際立つ

 

 韓国の朴槿恵大統領は6月27日、中国を訪問し習近平国家主席と会談した。両首脳は朝鮮半島の非核化を目指すことで一致し、中韓自由貿易協定(FTA)推進をうたった共同宣言をまとめた。
 今回の会談で中国側は、習氏が人民大会堂の前でわざわざ朴氏を出迎えるなど、中国が韓国の訪問を歓迎していることを強く印象付けるものとなった。朴氏は、今回の訪中において前例を破り、大統領就任後、日本よりも先に中国を訪問している。中国の厚遇ぶりはこれに応えたものと思われる。

 このところ、中国と韓国は緊密ぶりが目立っているが、実際、双方の利害関係はよく一致している。
 中国は北朝鮮を完全にコントロールできる状態ではなく、北朝鮮が中国抜きに米国と直接交渉する事を強く警戒している。韓国も同様の状況にあり、米国への牽制球という意味で、北朝鮮問題について中韓で連携することには意味がある(本誌記事「朴槿恵大統領とオバマ大統領が初会談。双方に警戒感があり、様子見に終始」参照)。
 朴氏は、北朝鮮に対して強い姿勢で交渉に臨む一方で、対話や人道支援で南北の信頼構築を目指す「朝鮮半島信頼プロセス」と呼ばれる概念を掲げている。これにもとづき朴氏は南北非武装地帯に世界平和公園を作るプランも提唱している。もちろんこれは、南北間の関係に関するイデオロギー的な意味合いもあるが、公共工事を伴う南北双方にとっての経済利権の話でもある。

 また中国にとってFTAは非常に重要なテーマだ。最終的には、日本も交えたアジア全域のFTA締結が目標だが、これを中国主導で実現できるのか、そうでないのかでは大きな違いとなる。中国としては、冷え切った日韓関係を利用して、中韓FTAを先行して進め、最終的には中国主導で日本を交渉の場に引きずり込む戦略だ。もちろんその背後には最終目的である米国との交渉が控えている。

 日本としては日中韓の経済協定に強くコミットしていくのか、中韓の接近は放置し一定の距離を置き続けるのか、近い将来選択を迫られる可能性が高い。中国の最終的な目的は米国との経済連携であることを考えると、日米対中韓という図式は成立しにくい。中韓の接近に対して、単純に米国と連携を深めればよいという図式にはならないだろう。日本は米中の狭間で難しい舵取りを迫られつつある。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

toyota
トヨタの好決算は円安の影響ではない。海外生産、海外販売へのシフトが利益の源泉

 トヨタ自動車は5月8日、2013年3月期決算を発表した。売上高は前年比18.7 …

carney2
シリアへの軍事介入で外堀埋まる。消極的なのはオバマ大統領だけ

 シリア情勢が緊迫の度合いを高めている。米国政府はシリアのアサド政権が化学兵器を …

apple
注目のアップル四半期決算。減益となった最大の理由は利益率低下と研究開発費の増加

 米アップルは4月23日、注目の第2四半期決算(2013年1月~3月期)を発表し …

kankokuhoudoukan
セクハラ疑惑の報道官。韓国で釈明会見を開くも証言矛盾との指摘

 韓国の朴槿恵大統領の訪米に同行中、セクハラ疑惑を起こして解任された尹昶重(ユン …

fudosanchirasi
不動産取引のネット解禁論争が過熱。第二の大衆薬論争に?

 非対面での不動産取引の是非をめぐって、ネット解禁派と保守派との対立が激しくなっ …

ana787
最新鋭ボーイング787が4連続トラブル。ボーイング社や素材を開発した東レの株価が下落

 夢の最新鋭機として鳴り物入りで導入された最新鋭機ボーイング787型機が4連続で …

nihonchokuhan
TV通販の日本直販。TV局にしがみつき粉飾にまで手を染めたがとうとう行き倒れ

 最大3メートル伸びる「高枝切りばさみ」などのアイデア商品で知られる「日本直販」 …

tokyotower
消費と生産の低迷がより鮮明に。1~3月期のGDPは連続のマイナス成長か?

 年明け後の各種経済指標が冴えない。消費・生産ともに低迷しており、このままの状態 …

no image
松山千春が不出馬宣伝。鳩山氏はホット胸をなでおろす

 かねてから次期衆院選への出馬が取りざたされていた歌手の松山千春氏が、選挙には出 …

googlecar01
Googleが自動車の自動運転システムを5年以内に実用化。その本当の狙い

 米Googleが自動車の自動運転の実用化にほぼメドをつけた。  同社は8月に、 …