ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

財務省が正式に人事発令。木下新次官は1年でポストを譲るのか?

 

 財務省は6月28日、正式な幹部人事を発令した。真砂靖事務次官の退任と木下康司主計局長の事務次官への昇格、および香川俊介官房長の主計局長への昇格はすでに事前に報道されており、大きな驚きはない(本誌記事「木下主計局長が次官に内定。今後の財務省人事を大胆に予想すると?」参照)。むしろ今回の人事は、今後の次官レースに誰が残るのかを見極めるという意味で、霞ヶ関の注目を集めている。

 通常、事務次官は2年務めることが多い。だが10年に一度の大物次官といわれた勝栄二郎元次官が消費税増税を実現するため、異例の長期就任となり、現在の財務省は通常の人事シフトからズレた状態にある。
 退任する真砂次官は1年のみの就任であり、後任の木下新次官と香川主計局長は同期入省(79年)である。香川氏が官房長から主計局長に異動したことを考えると、木下氏も1年で、同期の香川氏にポストを譲る可能性がある。もしそうなれば、従来の定常的な人事シフトが回復することになる。

 もし木下氏の次の次官が香川氏と仮定すると、さらに次の次官は81年入省組から出る可能性が高くなる。81年の有力候補としては中原主計局次長や浅川国際局次長らがいる。財務省の次官は主計局畑から出ることが多く、その意味では中原氏は有力候補といわれていた。
 今回の異動では、中原氏は会計センター所長に異動となり、浅川氏は総括審議官となった。浅川氏はこれまで麻生財務大臣の秘書官も兼務しており、麻生氏との関係が深い。また麻生氏は記者会見で財務省は国際化を強く意識する必要があると述べており、その意味で、国際畑である浅川氏は有力候補になったといえるかもしれない。浅川氏と中原氏の今後は、さらに次の人事を見ればよりはっきりとしてくるだろう。

 また今後の次官への近道といわれる主計局次長のポストには、太田充氏、岡本薫名氏などが控えている。さらに若い世代では、財務次官の登竜門のひとつといわれる文書課長から審議官に昇格した藤井健志氏なども注目されている。

 - 政治 , , ,

  関連記事

imfsdr
IMFが人民元のSDR採用を正式決定。猶予期間の設定で人民元改革を要請

 IMF(国際通貨基金)は2015年11月30日、特別引き出し件(SDR)に中国 …

irisoyama
TPPを見据えアイリスオーヤマが農業ビジネスに本格参入。流通改革の手本となるか?

 農業分野においてTPP(環太平洋パートナーシップ協定)締結後を見据えた動きが活 …

takeshima
日本は竹島問題を提訴せず。安倍首相が韓国との関係改善を優先する3つの理由

 日本政府は、竹島の領有権問題をめぐって国際司法裁判所への単独提訴を当面、行わな …

inrakku02
タイのインラック首相がとうとう失職。7月の総選挙に向けて混迷の度合いが深まる

 タイの政局がますます混迷の度合いを深めてきた。タイの憲法裁判所はインラック首相 …

no image
世界で進む、保守思想と進歩思想の両極化。日本人はどちらを選ぶのか?

 もっとも厳格なシャリア法(イスラム法)を適用しているサウジアラビアにおいて、I …

scotlandmap02
スコットランドの独立問題。果たして本当に国家分裂の危機だったのか?

 英国北部スコットランド独立の賛否を問う住民投票は、賛成が45%、反対が55%( …

snowden
米国で国民監視システムの存在が明らかに。本質的問題は市民のプライバシーにあらず

 米国家安全保障局(NSA)がグーグルやベライゾンといったネット企業や通信会社か …

girishashusho
デフォルトの可能性がさらに高まるギリシャ。国民投票を材料にした交渉の行方は不透明

 EU(欧州連合)とECB(欧州中央銀行)がギリシャ支援の延長拒否を決定したこと …

jutakuchuko
既存の住宅インフラを活用する動きが活発化。試される成熟国家「ニッポン」

 既存の住宅インフラを活用する動きが活発になっている。日本はすでに成熟型経済に移 …

asean20141114
韓国が日中韓首脳会談の開催に言及。実現に向けて調整が始まっているが・・・

 約2年半ぶりに日中首脳会談が実現したことで、日中、日韓の外交が大きく動き出す可 …