ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

EUの失業率が過去最悪で若年層対策に1兆円投入。日本での関心は低いまま

 

 EU(欧州連合)首脳会議は6月27日、若年層の失業対策に2年で総額80億ユーロを投じることについて合意した。当初60億ユーロといわれていたが、最新の失業率が過去最悪水準で推移するという深刻な状況を考慮し20億ユーロ増額となった。

 欧州は景気低迷が長期化していることから、失業率の高止まりが大きな社会問題となっている。とりわけ若年層の失業率は壊滅的な水準といってよい。
 2013年5月時点におけるEU27カ国における若年層の平均失業率は23.0%だが、ギリシャ(同59.2%)、スペイン(56.5%)、ポルトガル(42.1%)など経済危機となった地域はより深刻な状況となっている。一部では底を打った兆候も見られるが、さらに悪化しているところもある。
 主要国ではドイツだけが例外で7.6%と低い数字だが、フランスは24.6%、英国も20.2%とかなり高い状況が続いている。

  若年層の失業者は欧州全体で600万人程度いるといわれており、1兆円といっても単純に平均すると1人あたり年間8万円程度にしかならない。エコノミストの多くは目立った成果を上げることはできないとの見方を示している。EUでは失業率が高い地域に優先配分することで、効果を上げたいとしている。

 日本の若年層の失業率は7.1%と欧州と比較すれば低い数値になっている。だが日本の失業率の計算は、失業者の認定基準などで条件の違いがあり、実際の失業率より低く計算されている可能性がある。すでに欧州の主要国並みの水準に達しているともいわれており、現実の生活感覚もそれに近い。一方、日本の若年層失業対策は体系的なものが存在せず、かなり場当たり的であるというのが実情だ。

 若年層の失業問題は単に景気循環的なものではなく、構造的な問題である。景気が回復したからといって若年層の失業問題は容易に解決しない可能性が高い。順調な景気回復を見せている米国ですら、若年層の相対的な失業率の高さは改善できていないのだ。
 現在の日本はデフレからの脱却に手一杯で、若年層の失業問題に対する関心が極めて低い。だが、仮にアベノミクスが功を奏し、景気が回復軌道に乗ってきた場合、この問題が解決できていないと、その後の経済成長の足かせになってしまう可能性がある。

 若年層の失業対策は、最終的には正規雇用されている中高年層との利害対立になるため、どの政権も及び腰であった。参院選後の成長戦略にこの視点がどの程度盛り込まれるのか要注目といえる。

 - 政治, 社会, 経済 , , ,

  関連記事

debate
米大統領選挙TV討論会はロムニー氏優勢。オバマ大統領は酸素不足で失速

 米大統領選の第1回TV討論会が昨日終了した。  オバマ大統領は「ロムニー候補が …

girishagikai
ギリシャの国民投票は緊縮策にNo。約束手形の発行となれば、事実上のドラクマ復活?

 IMF(国際通貨基金)など国際機関に対する支払いができない状態にあるギリシャで …

businessman06
ようやく発表になった米雇用統計。雇用なき景気回復の傾向がますます鮮明に

 米国の政府機関閉鎖の影響で公表が遅れていた9月の雇用統計が10月22日発表され …

fbi
ボストン爆破テロ事件でFBIが新捜査手法。スマホ画像の提供を広く市民に呼び掛け

 米連邦捜査局(FBI)は4月18日、ボストン・マラソンのゴール付近で起きた連続 …

ozawasinnenakai
小沢氏が恒例の新年会を開催。総数は80名を超えるも議員は13名と寂しい正月

 生活の党の小沢一郎氏は1日、世田谷区にある私邸で恒例の新年会を開催した。挨拶に …

tosho05
年金運用の株式シフトが急加速。すでに買い出動を始めている可能性も

 公的年金の運用における株式シフトが一気に進みそうな状況となっている。背景には足 …

netaniyafu
イスラエルがシリアを空爆。オバマ政権二期目を前に、ネタニヤフ首相が先制パンチ

 シリアの国営通信は1月30日、同国の首都ダマスカス近郊にある軍の科学研究施設が …

no image
無罪確定の村木氏が厚労省局長に復帰。  だが彼女は決してヒーローではない

 厚生労働省は、10日付けの幹部人事において、郵便不正事件で逮捕・起訴され無罪が …

sbtakasago
太陽光発電の買い取り価格が2年連続で引き下げの見込み。36円は高いか安いか?

 経済産業省は、太陽光発電の電力買い取り価格を昨年に続いて引き下げる方針であるこ …

00002
米大統領選挙、2回目のTV討論会が先ほどスタート。今回も何故かオバマの表情は固い

 米大統領選挙の2回目のTV討論会が先ほどスタートした。場所はニューヨーク州のホ …