ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

エジプトの反政府デモが重大局面。軍の介入は今後の民主化運動にどう影響するのか?

 

 モルシ大統領の退陣を求める大規模なデモが続くエジプトで、これまで中立を保っていた軍が介入する可能性が高まってきた。
 軍は声明を発表し、モルシ大統領側と反大統領側の双方に対して「48時間以内の解決策」を模索するよう要求。解決策を見つけることができなければ、軍が「将来に向けたロードマップ」を作成するとしている。事実上、モルシ大統領の退陣と大統領選挙の実施を示唆していると考えられる。
 軍の介入でエジプトの反政府デモは重大な局面を迎えつつある。だがモルシ大統領に反対する勢力には、純粋な民主主義者と軍事政権の復帰を望む勢力が入り交じっており、仮にモルシ大統領が退陣したとしても、今後の方向性は流動的だ。

 エジプトをはじめ中東各国では軍部の存在が民主化運動と大きく関係している。
 これは中東の民主化運動の多くが、王政から民主主義へというシンプルな道筋を辿らず、イスラム革命によって王政が倒れた後、一旦軍事政権が設立され、その後、軍事政権に対する民主化運動が起こるという2つのステップを経ているからである。
 エジプトの場合は、ムバラク軍事政権に対する民主化運動(アラブの春)によって同政権は倒れたが、結局、新しく誕生したモルシ政権は、王政時代を彷彿とさせるような古いイスラム主義的な価値観を強く打ち出していた。
 今回、軍の主導でモルシ政権が倒れた場合、それは軍の功績となり、次の政権は軍の影響力を強く受けることになる。軍内部にも民主派と軍事政権派の確執があるといわれており、場合によっては以前の軍事政権に逆戻りという事態にもなりかねない。

 もっとも軍事政権の存在が中東の民主化にとって必ずしも悪い面をもたらしてきたわけではないところにこの問題の複雑さがある。伝統的な慣習が色濃く残るイスラム圏では、強権的な軍事政権の存在によって、古い価値観が打破されてきた側面がある。特に女性の社会進出などは軍事政権の存在がなければ実現しなかっただろう。

 単純な比較は危険だが、この状況は日本にも通じるところがある。明治維新によって成立した新政府は限りなく軍事政権に近い体制であったが、強権的な軍の存在が封建的な古い日本の慣習を打破するきっかけになったのも事実である。だが日本人自身による民主化運動(大正デモクラシー)は失敗に終わり、軍部は肥大化。結局、敗戦と米国占領という外圧によって民主憲法が強制導入されることになった。現在のエジプトは、日本における大正デモクラシーの状況にあるといえる。

 だが中東諸国には、いい意味でも悪い意味でも、日本における米国のような国は存在しない。エジプトが今後、本当の民主国家になるためには、軍が民主的な選挙を主導した後、自らその権力を放棄し、新しく誕生した政権の指揮下に入るという決断が必要となる。今後、エジプトが本物の民主国家を建設できるのかは、軍自身の手に大きくゆだねられている。

 - 政治 , , , ,

  関連記事

carney2
シリアへの軍事介入で外堀埋まる。消極的なのはオバマ大統領だけ

 シリア情勢が緊迫の度合いを高めている。米国政府はシリアのアサド政権が化学兵器を …

spain
スペインがわずか1600万円の不動産投資で外国人に永住権を付与

 スペイン政府は、銀行の不良債権問題の解決策のひとつとして、16万ユーロ(およそ …

abe20141120
安倍政権が来春の賃上げを経済界に要請。漂う政策の手詰まり感

 安倍首相は2014年11月19日に開催された政労使会議の場において、経済界に対 …

amarikaiken
甘利経財相に金銭疑惑が浮上。永田町の潮目が変わったとの見方も

 安倍政権の屋台骨に「政治とカネ」の問題が浮上した。国会が始まったばかりであり、 …

businessman
生活は良くならず努力しても報われないが、心は豊かという調査結果をどう見る?

 「努力しても報われない」が「心が豊かである」と考える日本人の割合が急増している …

kakunenryouyuso
プルトニウムがとうとう米国へ返還。日本をとりまく国際情勢は変化している

 日米間の合意によって、日本が米国に返還することが決定していた研究用プルトニウム …

senkaku
中国が南シナ海で実力行使を宣言。尖閣諸島ではそうしない理由

 中国の国営新華社通信は29日、南シナ海で中国が領有権を主張する海域に入ってきた …

factoryline
全世界的に製造業が回復基調。9月の量的緩和縮小の可能性が高まる?

 全世界的に製造業の景況感が改善してきている。米供給管理協会(ISM)が発表した …

cameron2
英議会がシリア軍事介入を否決。介入に消極的なオバマ大統領には追い風だが

 シリアへの軍事介入をめぐる状況に変化が生じ始めている。これまでは、英仏が介入を …

mof03
財務省が幹部人事を発表。ようやくイレギュラーな人事が収束に向かう?

 財務省は2017年7月5日、幹部人事を発表した。事務次官だった佐藤慎一氏の後任 …