ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

エジプトの反政府デモが重大局面。軍の介入は今後の民主化運動にどう影響するのか?

 

 モルシ大統領の退陣を求める大規模なデモが続くエジプトで、これまで中立を保っていた軍が介入する可能性が高まってきた。
 軍は声明を発表し、モルシ大統領側と反大統領側の双方に対して「48時間以内の解決策」を模索するよう要求。解決策を見つけることができなければ、軍が「将来に向けたロードマップ」を作成するとしている。事実上、モルシ大統領の退陣と大統領選挙の実施を示唆していると考えられる。
 軍の介入でエジプトの反政府デモは重大な局面を迎えつつある。だがモルシ大統領に反対する勢力には、純粋な民主主義者と軍事政権の復帰を望む勢力が入り交じっており、仮にモルシ大統領が退陣したとしても、今後の方向性は流動的だ。

 エジプトをはじめ中東各国では軍部の存在が民主化運動と大きく関係している。
 これは中東の民主化運動の多くが、王政から民主主義へというシンプルな道筋を辿らず、イスラム革命によって王政が倒れた後、一旦軍事政権が設立され、その後、軍事政権に対する民主化運動が起こるという2つのステップを経ているからである。
 エジプトの場合は、ムバラク軍事政権に対する民主化運動(アラブの春)によって同政権は倒れたが、結局、新しく誕生したモルシ政権は、王政時代を彷彿とさせるような古いイスラム主義的な価値観を強く打ち出していた。
 今回、軍の主導でモルシ政権が倒れた場合、それは軍の功績となり、次の政権は軍の影響力を強く受けることになる。軍内部にも民主派と軍事政権派の確執があるといわれており、場合によっては以前の軍事政権に逆戻りという事態にもなりかねない。

 もっとも軍事政権の存在が中東の民主化にとって必ずしも悪い面をもたらしてきたわけではないところにこの問題の複雑さがある。伝統的な慣習が色濃く残るイスラム圏では、強権的な軍事政権の存在によって、古い価値観が打破されてきた側面がある。特に女性の社会進出などは軍事政権の存在がなければ実現しなかっただろう。

 単純な比較は危険だが、この状況は日本にも通じるところがある。明治維新によって成立した新政府は限りなく軍事政権に近い体制であったが、強権的な軍の存在が封建的な古い日本の慣習を打破するきっかけになったのも事実である。だが日本人自身による民主化運動(大正デモクラシー)は失敗に終わり、軍部は肥大化。結局、敗戦と米国占領という外圧によって民主憲法が強制導入されることになった。現在のエジプトは、日本における大正デモクラシーの状況にあるといえる。

 だが中東諸国には、いい意味でも悪い意味でも、日本における米国のような国は存在しない。エジプトが今後、本当の民主国家になるためには、軍が民主的な選挙を主導した後、自らその権力を放棄し、新しく誕生した政権の指揮下に入るという決断が必要となる。今後、エジプトが本物の民主国家を建設できるのかは、軍自身の手に大きくゆだねられている。

 - 政治 , , , ,

  関連記事

kanntei
政府が解雇要件を緩和する方向で検討を開始。だが公務員だけは例外という大矛盾

 政府はこれまで法律や判例で手厚く保護されてきた労働者の解雇要件を大幅に見直す方 …

trump201603
指名獲得に近づいたトランプ候補。驚くべきことに、政策をよく見るとオバマ政権にそっくり

 米大統領選における序盤のヤマ場といわれるスーパーチューズデーで、共和党のトラン …

jetstar
国内主要LCC3社がようやく黒字化。だが日本における空のガラパゴスは変わらず

 国内主要LCC(格安航空会社)の2015年度決算が出揃い、3社がすべて黒字化し …

Hillary Clinton
イラクへの地上部隊派遣の動きが進む。オバマ大統領は政権末期で制御困難?

 米国でなし崩し的にイラク派兵に向けた動きが進んでいる。イラクでの戦争が再び次期 …

kyouiku
教育再生会議が英語教育の拡充を提言。だが特定校重点支援という概念には疑問の声も

 政府の教育再生実行会議(座長・鎌田薫早稲田大総長)は5月28日、大学教育などの …

kissinger
キッシンジャー氏が尖閣問題について発言。だが、その背景はちょっと微妙!

 米ニクソン政権の国務長官で米中国交回復のキーマンであったヘンリー・キッシンジャ …

beikokuoil
米国がとうとう原油の輸出解禁へ。地政学的にも経済的にもインパクトは大きい

 米国のオバマ政権がとうとう米国産原油の輸出規制緩和に乗り出した。米紙ウォールス …

rud
総選挙を前にギラード首相が退陣しラッド元首相が復活。日本への対応は変わるのか?

 オーストラリアの与党労働党は6月26日、党首選を行い現党首のギラード首相がラッ …

kimujoun
人民日報が世紀の大誤報。米誌のパロディを真に受け金正恩をヨイショ!

 人民日報電子版は2012年11月27日、「世界でもっともセクシーな男性」に北朝 …

eurohawk
ドイツ軍が無人機グローバルホークの欧州版の導入を断念。欧州飛行許可下りず

 ドイツ連邦国防省は、米国製の無人機グローバルホークの改良版であるユーロホークの …