ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国が友好国も盗聴していたという事実に欧州各国が反発。だがこれは諸刃の剣でもある

 

 米国家安全保障局(NSA)による監視問題で、英ガーディアン紙は6月30日、元CIA職員エドワード・スノーデン氏からの情報として、米国が友好国を含む38の在米大使館や代表部の通信を盗聴していたと報じた(写真はNSA本部)。

 対象となった大使館は日本など友好国を多数含んでおり、EU代表部も標的となっていた。欧州各国はこれに強く反発しており、場合によっては国際問題に発展する可能性も出てきている。

 だがこれに対する米国の反応は冷淡だ。オバマ大統領は実態を調査するとしたものの、諜報活動そのものについては、当然の行為であるとの姿勢を明確にしている。メディア各紙も諜報活動は昔から行われていたことであるとして、ほとんど関心を寄せていない。

 実際、友好国どうしであっても、互いに一定程度の諜報活動を実施するのは公然の秘密となっている。外交交渉が行われる際に、盗聴が実施されていることは関係者であれば誰もが知っている事実だ。それにも関わらず、欧州がことさらにこれを強調するのは、スノーデン事件をきっかけにしたひとつの外交的な駆け引きということになる。
 だがこうした駆け引きは諸刃の剣でもある。諜報活動を行っているのは、当然、米国だけではないからだ。欧州各国の諜報機関の中から、スノーデン氏のような人物が現れれば、今度は火の粉が自身にも降りかかってくることになる。

 また欧州の反応にはもう少し別な側面もある。大使館など在外公館の盗聴が発覚する事件はこれまでもしばしば起こっている。だが今回の事件が少々趣を異にしているのは、IT技術の進歩によって広範囲な国民監視と相手国関係者に対する諜報活動に境目がなくなっていることである。
 米国の諜報活動に対する欧州における反発の背景には、市民に対する広範囲な監視への反発がある。最終的には米国政府だけではなく自国政府に対する疑心暗鬼にもつながってくる問題であり、欧州各国が米国批判に躍起になっているのは、自国民の関心を米国に向けさせる狙いもあると考えられる。

 - 政治 , , , ,

  関連記事

koumuinshukusha
公務員宿舎の賃料アップは当初予定の2倍から1.5倍に後退。その理由は?

 財務省は、民間より割安だと批判されている国家公務員宿舎の家賃について、全体の値 …

hageshukinpei201404
中国要人がヘーゲル国防長官の日本での発言に不快感を表明

 米国のヘーゲル国防長官は2014年4月7日、日本に引き続いて中国を訪問し、習近 …

abe20141110
永田町で再び解散説が急浮上。ターゲットは11月17日のGDP発表直後?

 永田町に再び衆議院の解散風が吹き始めた。安倍首相は「解散はまったく考えていない …

yudachi
中国艦艇が日本の護衛艦に事実上の発射予告。中国側の真の目的は何か?

 防衛省は5日、東シナ海の公海上で中国海軍の艦艇が海上自衛隊の護衛艦に対し、射撃 …

chugoku70nen02
中国の抗日戦70年軍事パレード。韓国との蜜月関係が鮮明に

 北京の天安門広場で2015年9日3日、「抗日戦争・反ファシズム戦争勝利70年」 …

江沢民
中国の前国家エネルギー局長の汚職事件。江沢民グループの影響力排除が目的か?

 新華社通信や中国中央電視台など中国の国営メディアは、中国共産党中央規律検査委員 …

obamapowerrice
オバマ大統領が次々と独自色の強い人事案を発表。共和党との対決に自信

 オバマ米大統領は独自色を強く打ち出した人事を相次いで発表している。6月5日、退 …

globalhawk
米国が韓国に対して無人偵察機販売を決定。だが2倍の価格を吹っかけ韓国側は困惑

 米国防総省は21日、無人偵察機グローバルホークを韓国に販売すると米議会に報告し …

tokyowan
政府が来年度の経済成長見通しを発表。公共事業の実質削減で成長も鈍化

 政府は2013年12月21日、来年度の経済成長見通しを発表した。物価の変動を考 …

thaad
最新ミサイル防衛システムTHAADの韓国配備で、TPPにも影響アリ?

 米国と韓国が、最新のミサイル防衛システム「THAAD」の韓国配備を決定したこと …