ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国が友好国も盗聴していたという事実に欧州各国が反発。だがこれは諸刃の剣でもある

 

 米国家安全保障局(NSA)による監視問題で、英ガーディアン紙は6月30日、元CIA職員エドワード・スノーデン氏からの情報として、米国が友好国を含む38の在米大使館や代表部の通信を盗聴していたと報じた(写真はNSA本部)。

 対象となった大使館は日本など友好国を多数含んでおり、EU代表部も標的となっていた。欧州各国はこれに強く反発しており、場合によっては国際問題に発展する可能性も出てきている。

 だがこれに対する米国の反応は冷淡だ。オバマ大統領は実態を調査するとしたものの、諜報活動そのものについては、当然の行為であるとの姿勢を明確にしている。メディア各紙も諜報活動は昔から行われていたことであるとして、ほとんど関心を寄せていない。

 実際、友好国どうしであっても、互いに一定程度の諜報活動を実施するのは公然の秘密となっている。外交交渉が行われる際に、盗聴が実施されていることは関係者であれば誰もが知っている事実だ。それにも関わらず、欧州がことさらにこれを強調するのは、スノーデン事件をきっかけにしたひとつの外交的な駆け引きということになる。
 だがこうした駆け引きは諸刃の剣でもある。諜報活動を行っているのは、当然、米国だけではないからだ。欧州各国の諜報機関の中から、スノーデン氏のような人物が現れれば、今度は火の粉が自身にも降りかかってくることになる。

 また欧州の反応にはもう少し別な側面もある。大使館など在外公館の盗聴が発覚する事件はこれまでもしばしば起こっている。だが今回の事件が少々趣を異にしているのは、IT技術の進歩によって広範囲な国民監視と相手国関係者に対する諜報活動に境目がなくなっていることである。
 米国の諜報活動に対する欧州における反発の背景には、市民に対する広範囲な監視への反発がある。最終的には米国政府だけではなく自国政府に対する疑心暗鬼にもつながってくる問題であり、欧州各国が米国批判に躍起になっているのは、自国民の関心を米国に向けさせる狙いもあると考えられる。

 - 政治 , , , ,

  関連記事

kaishaho
日本の上場企業はすでに国有企業?懸念されるガバナンス問題

 公的年金による積極的な株式投資の結果、多くの企業で政府が事実上の大株主になって …

baku
中国人作家のノーベル文学賞受賞は、いわゆるバーター取引

 スウェーデン・アカデミーは11日、中国の作家、莫言氏にノーベル文学賞を授与する …

mof02
2014年度予算の総額が96兆円になったことには明確な理由がある

 政府は2013年12月24日、2014年度予算案を閣議決定した。社会保障費の伸 …

putingkukyo
経済制裁による通貨安と原油価格の下落でロシア経済はすでにボロボロ?

 ウクライナ問題をめぐる対ロ制裁に加えて原油価格の急激な下落がロシア経済を窮地に …

kaikeikensain
会計検査院が独法のずさんな出資先管理を指摘。問題の本質はどこに?

 独立行政法人が出資する関連会社の中で、経営が困難になっていたり、投資資金が回収 …

unonjack
英国のEU離脱。金融危機の可能性はなくなり、具体的な影響を精査するフェーズへ

 英国のEU離脱を決定した国民投票から10日が経過し、市場はとりあえず落ち着きを …

mof03
財務省は異例の3人連続の同期次官。次は82年入省組から次官就任か?

 財務省は2015年7月7日、幹部人事を発表した。事務次官は事前に報道された通り …

electionsakimono00
米大統領選、いよいよ今夜投票開始。選挙先物市場ではオバマ勝利を予測

 米大統領選挙の投票が、いよいよ日本時間の今夜から始まる。明日の午後には体勢が判 …

kaikotokku
解雇特区は雇用政策というよりも、ベンチャーや外資の優遇策である

 安倍政権は成長戦略の目玉の一つである解雇特区の導入に向けて本格的な検討を開始し …

nichigin02
円安をめぐって日銀と政府・財界に温度差。追加緩和か物価目標修正か?

 急激に進む円安をめぐって、日銀と政府・財界に温度差が出てきている。今後の金融政 …