ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国のPMIが低下するも、当局はハードランディング覚悟で対策は取らず

 

 中国国家統計局は7月1日、6月の製造業購買担当者景気指数(PMI)を発表した。それによると同指数は前月から0.7ポイント低下して50.1となり、景況感の節目となる50をわずかに上回る水準にとどまった。また同日にはHSBC(香港上海銀行)が算定するPMIの改定値も発表されたが、こちららは48.2と50を下回っている。
 中国当局は、成長鈍化という事態になっても、国内の市場改革を断行する構えで、目立った景気対策は実施しない公算が高い。中国経済は今後、ある程度の混乱が発生することも予想される。

 PMIをはじめとする中国の経済指標は、米国など先進国の指標と比較すると信頼性に欠けるといわれている。ただ、他の指標との関係性や相対値を見ることである程度の正確性は担保することができる。
 中国は積極的なインフラ建設はすでに行っておらず、製造業の生産活動は主要な輸出先である米国との連動性が高まっている。中国のPMIは数値のブレは少ないものの、全体的なトレンドとしては、米国のISM製造業景気指数との連動性が高い。

 同日に発表された米国の6月のISM指数は50台を回復しているが、回復のペースは依然として遅い。中国のPMIもそろそろ下げ止まる可能性もあるが、多くの企業が在庫を増やしておらず、場合によっては来月以降、さらに数値が低下することも考えられる。

 だが、重要なのはPMIの低下よりも、これに対する中国当局の姿勢である。当局は多少の混乱が生じても、行き過ぎた投機の抑制を優先したい考えだ。先月まで中国のメディアはPMIの低下について「中国経済が成熟国家型へ順調に移行している証拠である」というトーンで報道していたが、今月からは一斉に「先行きが不透明」という内容に切り替わっている。中国はバブル的なこれまでの経済運営をハードランディングで乗り切る構えである。

 中国は荒療治によってこれまでの膿を出し切り、新しい成長フェーズに素早く移行できるのか、それとも株価の大暴落などを伴う大きな混乱を引き起こしてしまうのか、重要な分岐点に差し掛かっている。当分の間、中国経済に対しては神経質にならざるを得ないだろう。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

tokyowan
10~12月期GDPはマイナス成長。打つ手がなく、日本経済はいよいよ袋小路に

 内閣府は2016年2月15日、2015年10~12月期のGDP(国内総生産)速 …

yahoojapan vs us
ヤフージャパンが絶好調。だが日本型ガラパゴス企業への道を着々と歩んでいる

 ヤフージャパンは29日、2013年3月期(通期)の業績を上方修正すると発表した …

kusuri
薬のネット販売規制解除へ。最高裁は常識ある判断を下した

 利権の温床、抵抗勢力の象徴といわれた薬のネット販売禁止措置がようやく廃止される …

super02
個人消費に関する指標が軒並み大幅マイナス。これは単なる反動減ではない

 消費増税後の個人消費の減速が加速している。消費増税が直接の原因だが、背景には実 …

kakugikoukai
閣議公表が実現できたのは閣議形骸化が進んでいるから?だが立法は行わず

 安倍首相は、2014年4月から閣議と閣僚懇談会の議事録を作成し、これを公表する …

graph
金融機関が金利上昇に備えを開始。だが水面下ではもっと深刻な事態が進行中

 アベノミクスによる円安が進展したことで、金利上昇の可能性が現実化してきた。実際 …

mitsubishi201601
三菱重工に異変?大型客船の巨額損失に続いて、今度は国産ジェットで4度目の納入延期

 日本のもの作りを象徴する企業の一つである三菱重工で、相次いで異変が起こっている …

google2014
グーグル2015年1Q決算は、成長鈍化で投資先行。ロボットなどが収益に貢献するのはまだ先

 米グーグルは2015年4月23日、2015年1~3月期の決算を発表した。主力の …

economistataranai
GDP改定値はまさかの下方修正。今回もエコノミストは大ハズシなのだが・・・

 内閣府は2014年12月8日、7~9月期のGDP(国内総生産)改定値を発表した …

girishashusho
デフォルトの可能性がさらに高まるギリシャ。国民投票を材料にした交渉の行方は不透明

 EU(欧州連合)とECB(欧州中央銀行)がギリシャ支援の延長拒否を決定したこと …