ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

マネー誌の予想的中ランキング。予想通り日経マネーが最下位

 

 マネー誌の中でどの雑誌の株価予想が一番当たるのかを検証したプレジデントの記事が業界関係者の間で話題となっている。

 比較しているのは、日経マネー、ダイヤモンドZai、ネットマネーの3誌。詳細はプレジデント誌を参照してもらうとして、注目の結果はネットマネーが1位、ほぼ同レベルでダイヤモンドZaiが2位、もっとも結果が芳しくなかったのが日経マネーだった。

 この結果は「非常に納得できる」(マネー誌のライター)という。それはそれぞれの出版社の体質によるところが大きいという。
 日経マネーは老舗で非常に保守的。当たり外れよりも、権威があって安全パイな人を書き手に選ぶ傾向がある。ダイヤモンドZaiは後発なので積極的に新しい書き手を発掘しているし、もっとも新しいネットマネーに至ってはさらにアグレッシブな執筆人だ(ちょっと怪しい人までいる)。

 東京市場の相場の雰囲気はここ10年で激変しており、頭の古い評論家やライターは付いて行けなくなっている。このあたりの差が予想の結果に反映されていると考えられる。

 ちなみに日経自身も相場の読みは最悪といわれている。日経マネーを発行しているのは日経の有力グループ会社である日経BP社だが、同社はバブルの頂点で自社ビルを購入し、バブル崩壊後の最安値の時期に売却したことで有名。まさに相場で下手を打つ典型的パターンだ。

 日経は規制緩和や構造改革、市場原資主義に積極的な論調として知られる。まずは自分達をリストラしてみてはいかがだろうか?

 - マスコミ, 経済

  関連記事

putin
欧米の経済制裁で疲弊が進むロシア経済。落とし所の探り合いが続く

 ロシアに対する経済制裁がロシア経済をじわじわと追い込んでいる。ロシア経済の要で …

abe20150630
財政再建は経済成長頼みで結論先送り。肝心の成長戦略は弾切れ状態

 政府は2015年6月30日、経済財政運営の基本方針「骨太の方針」と新しい成長戦 …

livehouse
コンサート・チケットの高値転売問題がネットで激論。音楽業界には知恵が必要

 コンサート・チケットの高値転売をめぐってネットで激論となっている。高値転売を防 …

abe20130901
安倍政権が消費増税を前提にした動きを加速。増税決定はすでに暗黙の了解?

 安倍政権が消費税増税を前提にした動きを加速している。増税の最終判断は10月1日 …

kikaiinsatu
機械受注は過去最大の伸びだったが、あくまで特殊要因。実態はマイナス

 設備投資の先行指標となる機械受注が11年ぶりの良好な数字となった。だが特殊要因 …

tanbo
TPPを前にとうとう減反政策を転換。だが日本のコメ農家は大規模化で強くなれるのか?

 政府は、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の締結を視野に、50年にわたって …

googlewalmart
とうとうウォルマートとグーグルが提携に乗り出す。アマゾンの牙城は崩れるか?

 超巨大スーパーである米ウォルマートとIT業界の巨人であるグーグルが提携する。こ …

gaikokujin
訪日外国人1000万人時代が到来。だが日本は本当に観光立国を目指しているのか?

 政府観光局は2014年1月17日、2013年の訪日外国人数が1036万人だった …

tpphawai
TPPは最終合意に至らず閉幕。今後の政治日程は極めて厳しい

 環太平パートナーシップ協定(TPP)閣僚会合は2015年7月31日、最終合意に …

nichigin04
7~9月期GDPのマイナス予想で高まる追加緩和期待。だが日銀のジレンマは大きい

 7~9月期のGDP(国内総生産)がマイナス成長となる可能性がさらに高まってきた …