ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国メディアの報道から垣間見える新疆ウイグル自治区の治安維持の現状

 

 中国の新疆ウイグル自治区は、人口の大半がイスラム教徒のウイグル族で占められており、一部の住民は中国による統治に反対している。中国当局はは反政府活動に対して厳しい姿勢で臨んでおり、反政府勢力との間でたびたび衝突が起こっている。
 2009年には大規模な衝突があり200人以上の死者を出したほか、今年に入ってからも4月と6月に警官隊と住民の衝突事件が発生している(本誌記事「新疆ウイグル自治区でまた衝突が発生。取材制限で実態は闇に包まれたまま」参照)。

 中国当局は、治安維持のため特別な地域警備体制を敷いている。同地域は外国人ジャーナリストが自由に取材できる環境ではないが、中国メディアの報道からその様子をある程度は伺い知ることができる。

 自治区の中心都市であるウルムチでは、公安当局と武装警察が一体となり、市内を600以上の単位に分けて管理している。また750のパトロール・コースを設定し、常に巡回警備を実施しているという。
 また住宅地域でも、60世帯を1つの単位として集団を形成し、内部に反政府活動を行っている人物がいないか相互監視するシステムを導入している。詳細は明らかではないが、日本が戦時中に導入していた「隣組」の制度に近いものと考えられる。
 隣組は、国家総動員体制の元で導入された制度で、10世帯程度を1つの単位としてグループを形成し、物資の配給や空襲からの避難などを行うものである。また民主主義者や戦争反対者に対する相互監視、密告システムとしても機能していた。隣組制度は戦後に廃止されたが、現在の町内会や回覧板はこの制度の名残である。

 新疆ウイグル自治区で最近発生した衝突事件では、ある住民が武器を隠し持っているとの通報がきかっけになったといわれている。当局側から見れば、こうした相互監視システムが効果を上げているということになる。

 中国はかつては共産国家としての色合いが強く、各地で住民による相互監視システムが導入されていた。だが最近では経済的に豊かになり、人口の流動化が激しくなったことや、民主的な意識が高まってきたことから、都市部ではかつてのような監視は行われていない。
 ただ当局の影響力が強い中国メディアにおいて、あえてこうした報道が実施されているということは、国民に対して一定程度の警告という意味が含まれていると考えられる。

 - 政治, 社会 , , , ,

  関連記事

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …

ginkou
日本ではなぜ借金の個人保証がなくならないのか?

 民法の抜本改正を検討している法制審議会(法務大臣の諮問機関)が、中小企業融資に …

shanhai
中国当局が地方政府の債務について監査を指示。全貌把握に乗り出す

 中国の国家審計署(会計検査院)は7月28日、国務院(内閣)から中国の政府債務に …

hageshukinpei201404
中国要人がヘーゲル国防長官の日本での発言に不快感を表明

 米国のヘーゲル国防長官は2014年4月7日、日本に引き続いて中国を訪問し、習近 …

kurodashirakawa
黒田総裁らしからぬ中途半端な補完措置。白川時代を彷彿とさせるという声も

 日銀が打ち出した「補完措置」をめぐって市場の混乱が続いている。追加緩和なのかそ …

kokkaigijido02
格付け会社の体質が変わっていないのだとすると、日本国債はそろそろ危ないかもしれない

 安倍首相が消費増税の再延期を表明したことについて、格付け会社は引き下げを実施し …

hatake
農業の競争力強化を目指す政府系ファンドが開業。実態は衰退する農業への補償金?

 農業の競争力強化を目指す官民ファンド「農林漁業成長産業化支援機構」が1日開業し …

komei
連立与党の動きを知りたければ、公明党の発言に注目すべし。

 自民・公明の連立与党において公明党が政策決定のカギを握る局面が増えてきている。 …

no image
ナイジェリアの公立学校で中国語教育始まる。国家覇権と言語は一体の関係

 中国が積極的に開発援助を行っているアフリカのナイジェリアで、公立学校における中 …

jisinmap
熊本は「安全地帯」で東北は「危険地帯」というサイトが出来上がってしまう理由

 熊本県は2016年4月20日、「東北は地震の危険地帯」などと記載していた熊本県 …