ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国メディアの報道から垣間見える新疆ウイグル自治区の治安維持の現状

 

 中国の新疆ウイグル自治区は、人口の大半がイスラム教徒のウイグル族で占められており、一部の住民は中国による統治に反対している。中国当局はは反政府活動に対して厳しい姿勢で臨んでおり、反政府勢力との間でたびたび衝突が起こっている。
 2009年には大規模な衝突があり200人以上の死者を出したほか、今年に入ってからも4月と6月に警官隊と住民の衝突事件が発生している(本誌記事「新疆ウイグル自治区でまた衝突が発生。取材制限で実態は闇に包まれたまま」参照)。

 中国当局は、治安維持のため特別な地域警備体制を敷いている。同地域は外国人ジャーナリストが自由に取材できる環境ではないが、中国メディアの報道からその様子をある程度は伺い知ることができる。

 自治区の中心都市であるウルムチでは、公安当局と武装警察が一体となり、市内を600以上の単位に分けて管理している。また750のパトロール・コースを設定し、常に巡回警備を実施しているという。
 また住宅地域でも、60世帯を1つの単位として集団を形成し、内部に反政府活動を行っている人物がいないか相互監視するシステムを導入している。詳細は明らかではないが、日本が戦時中に導入していた「隣組」の制度に近いものと考えられる。
 隣組は、国家総動員体制の元で導入された制度で、10世帯程度を1つの単位としてグループを形成し、物資の配給や空襲からの避難などを行うものである。また民主主義者や戦争反対者に対する相互監視、密告システムとしても機能していた。隣組制度は戦後に廃止されたが、現在の町内会や回覧板はこの制度の名残である。

 新疆ウイグル自治区で最近発生した衝突事件では、ある住民が武器を隠し持っているとの通報がきかっけになったといわれている。当局側から見れば、こうした相互監視システムが効果を上げているということになる。

 中国はかつては共産国家としての色合いが強く、各地で住民による相互監視システムが導入されていた。だが最近では経済的に豊かになり、人口の流動化が激しくなったことや、民主的な意識が高まってきたことから、都市部ではかつてのような監視は行われていない。
 ただ当局の影響力が強い中国メディアにおいて、あえてこうした報道が実施されているということは、国民に対して一定程度の警告という意味が含まれていると考えられる。

 - 政治, 社会 , , , ,

  関連記事

koutaishidenka
歴史は繰り返す!皇太子さまへの退位要求と転落の昭和史の類似性

 月刊誌新潮45に掲載された皇太子さまに退位を迫る論文が波紋を呼んでいる。論文を …

no image
沖縄で酔った米兵が中学生を殴る事件が発生。形だけの抗議は、もはや恒例行事

 沖縄県読谷村で、酒に酔った米兵が民家に侵入し、中学生の顔を殴り、民家から転落し …

lagard
IMFのラガルド専務理事が仏当局から家宅捜索と事情聴取。またもや権力闘争か?

 IMF(国際通貨基金)のラガルド専務理事がフランスの司法当局から、フランス経済 …

sensha
11年ぶりに防衛費が増額。だが気になるのは自衛隊の人件費比率の増加

 政府・自民党は2013年度予算の防衛費について、11年ぶりに増額する方針を固め …

obama00001
米国で「財政の崖」回避に向け共和党が妥協か?減税マフィアの首領が権力を失う日

 感謝祭の休日を終え平常モードに戻った米国の政界で、いわゆる「財政の崖」をめぐる …

buffett
著名投資家のバフェット氏が訪中。改革派のホープ汪洋副総理と会談

 国営新華社など中国のメディアは、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が5月 …

kodomohinkon
子供の貧困が深刻化。根本原因には日本における市場メカニズムの不備がある?

 子供の貧困がより深刻化している。厚生労働省がまとめた2013年国民生活基礎調査 …

runesasu002
従業員はゴミ?母体3社と産業革新機構でルネサス従業員を押し付け合い

 半導体大手ルネサスエレクトロニクスの経営再建をめぐって、外資ファンドを押しのけ …

abe001
2%物価目標の導入に向けて、政府が日銀に見せつけるアメとムチ

 新年が本格的にスタートしたことで、日銀に対する政府のアメとムチを使ったアプロー …

sakane
ドイツに学べというコマツ坂根会長の発言が際立つ。日本はドイツになれるのか?

 政府の産業競争力会議のメンバーであるコマツの坂根正弘会長の発言が最近注目を集め …