ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

輸入インフレの足音が聞こえる。政府は必死に企業に賃上げを要請しているが・・・

 

 円安が進展する中、これまで続いてきたデフレ傾向が一部でプラス転換する傾向が見え始めている。デフレからの脱却は望ましいことではあるが、それは輸入インフレのリスクと背中合わせでもある。

 総務省が6月28日に発表した5月の全国消費者物価指数(生鮮食品除く総合)は前年同月比で横ばいの100.0となり、7カ月ぶりにマイナス圏を脱した。来月にはプラス転換するとの見方を大半を占めており、長期のデフレから脱却する兆しが見え始めた。

 ただこれまでも言われたように、物価上昇はまだら模様となっている。価格上昇幅が大きかったのはやはりエネルギー関連であった。
 電力会社の値上げによって電気料金は8.8%、ガス代は2.1%も上昇している。政府から保護され競争がなく、一方的に価格を決定できる寡占企業が率先して値上げをしている実態が浮かび上がる。

 だが、これまで何とか値上げをせずに対応してきた民間企業も円安の進展によって値上げを実施することろが増えてきている。これまで円高メリットによって低価格を実現できていた外食や菓子類など、いわばデフレの象徴となっていた製品価格がプラスに転じているのである。
 すでにネット通販の世界では輸入食材の値上げが相次ぎ、ネットを活用している主婦の間ではちょっとした騒ぎになっていた。直接輸入した食材だけにとどまらず、それを利用した加工食品や外食にも値上げが波及してきたことを示している。

 政府からは経済界に対して賃上げを要請する声が相次いでいる。田村厚労相が最低賃金の引き上げを強く求める発言を行ったほか、甘利経済再生担当相は経済界に対して物価上昇に先行して賃上げを実施するよう要請した。この背景には、輸入価格の上昇によってインフレの悪い面が顕在化し、アベノミクスに対する批判が出てくることへの強い警戒感がある。

 だがこれらの発言はちょっとした矛盾をはらむ。一般的なサラリーマン家庭にとってよい話ではないが、2%の物価目標を掲げるアベノミクスの真の狙いは、実質金利の低下と実質賃金の抑制にあるといわれている。物価が上昇するものの、賃金がそれに追いつかなければ実質的な賃下げになる。多くの関係者は表だって口にしないが、アベノミクスはこれが実現できてはじめてその効果を発揮するのだ。その意味で、企業に対して先行賃上げを要請するのは、一種の自己矛盾となる。

 アベノミクスの真の狙いやその効果のほどはともかくとして、輸入価格の上昇によるインフレの足音は着実に大きくなってきている。インフレ率を上回る経済成長がなければ、仮に賃上げが行われてたとしても実質的な購買力は変わらない。重要なのは賃金の絶対値ではなく、実質成長率なのである。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

apple2016q3
iPhoneを特別視しているのはもはや日本人だけ。IT業界で進むコモディティ化の波

 米国のITビジネスが大きな転換点を迎えようとしている。米アップルの決算は2四半 …

chinaenergy
中国が南シナ海での資源開発をあらためて強調。中国が譲歩できないその背景

 中国政府は、フィリピンなどとの領有権問題が発生している南シナ海領域について、中 …

businessman
2014年度の実質成長率見通しは1.3%に下落。その理由は消費増税ではない?

 政府の2014年度における経済成長見通しがほぼ固まった。物価変動の影響を除いた …

bananki
バーナンキ氏がヘッジファンドに転職。ブログでの発言にさらに注目が

 FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ前議長が、米大手ヘッジファンドのシニア …

bloomberg
ブルームバーグNY市長が英フィナンシャル・タイムズ買収を計画。名誉欲が出てきたか?

 ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ氏が英国の名門経済誌フィナンシャル・ …

bukkajoushou
8月の消費者物価指数。コアはマイナス、コアコアはプラスとちぐはぐな状況に

 総務省は2015年9月25日、8月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標であ …

kabuka
公的年金がリスクの高いアクティブ運用にシフト。背景には何が?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年4月1 …

abe20141021b
消費低迷で高まる増税先送り論。だが現実には決断は困難?

 消費の低迷が顕著になってきたことから、消費税の10%増税に反対する声が高まって …

kourousho
ようやく最低賃金が大幅に引き上げられるが、恩恵の多くは中間層に?

 諸外国に比べて低く抑えられていた日本の最低賃金がようやく引き上げられる。最低賃 …

zenjindai2014
中国で全人代が開催。中国が抱える問題はバブル後の日本にさらに酷似

 中国における今後1年間の重要政策を議論する全人代(全国人民代表大会)が2014 …