ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

イスラム過激主義者はなぜかラップが大好き

 

 パキスタンで9日、イスラム武装勢力タリバンを批判するブログを執筆していた14歳の少女がタリバンに襲撃され重傷を負う事件があった。
 西欧諸国やイスラム圏の反タリバン勢力は一斉にこの事件を批判しているが、一方、タリバンの方は堂々と犯行声明を出している。
 これまでイスラム諸国では軍事独裁政権が多かったため、しばしばイスラム原理主義者も弾圧の対象となってきた。だが、アラブの春が到来したことで、民主主義だけでなく、イスラム原理主義も活発になり、堂々と宣伝活動を行うという皮肉な状況となっている。

 ところで、イスラム圏では、タリバン、反タリバンともに、自らの主張になぜかラップが多用されている。

タリバンのラップによる宣伝動画
http://www.youtube.com/watch?v=I7lPUVy-c2Q

アフガニスタンの反タリバンの女性ラッパー
http://www.youtube.com/watch?v=1Gwi7SNiTx0

 女性ラッパーの音楽は、日本の演歌とラップを混ぜたようで、少々微妙な雰囲気がだが確かにラップになっている。タリバンの方はいわゆる一般的なラップミュージックだ。

 ヨーロッパにおけるイスラム・テロリストもラップを使って自らの主張を展開している。カナダでは、フランス語圏で活躍しているラッパーがラップでテロを扇動し、しかも政府の助成金をもらっていたことが明らかになり社会問題化するという事件も発生している。

 誰もが知っているようにラップはもともと米国の黒人音楽として開花したもの。反タリバンや民主主義者はともかくとして、反米を掲げるタリバン勢力がラップを多用しているというのは、なんとも奇妙な話である。

 米国のソフトパワーは、少なくともイスラム過激主義者には勝利したようである。

 - 政治

  関連記事

wakamono02
若者は1社での終身雇用を強く望んでいる。白書が示す若者の意識と政策のミスマッチ

 日本の雇用政策は、ライフスタイルや価値観の多様化に合わせて、柔軟な雇用形態を選 …

no image
受給ギャップ拡大などインチキ。そもそも想定された需要など、もはや存在していない

 内閣府は15日、7~9月期の需給ギャップが4~6月期に比べて5兆円拡大して15 …

tennoheika04
安倍政権が皇室典範改正ではなく、一代限りの特別法に固執する理由は女性天皇阻止?

 天皇陛下が生前退位のご意向を表明されたことを受けて、国会での論戦が本格化しそう …

babysitta
ベビーシッターの届け出制を厚労省が検討開始。果たして根本的な解決になるのか?

 厚生労働省は2014年8月4日、ベビーシッターのあり方に関する有識者委員会の初 …

kimujonun04
北朝鮮が核実験を強行した本当の理由とは?水面下で米朝交渉が進展?

 北朝鮮が3回目の核実験に踏み切ったことで、周辺諸国や国連は北朝鮮に対する制裁に …

junebu
スイスで役所の掃除を職員が行う取り組みが成果を上げている。日本もぜひ導入を!

 スイスのジュネーブで、経費削減と公務員の意識改革を目的に、役所内の掃除を職員が …

kuroda
黒田日銀が、このタイミングで構造改革路線を主張し始めた理由

 日銀が、かつての「構造改革路線」を強く主張し始めている。黒田総裁は2014年5 …

komei
連立与党の動きを知りたければ、公明党の発言に注目すべし。

 自民・公明の連立与党において公明党が政策決定のカギを握る局面が増えてきている。 …

setubitousi
政府与党内で減税論議が本格化。設備投資減税が中心だが場合によっては法人減税も

 9月になり、秋の臨時国会が視野に入り始めたことで、政府与党内における減税論議が …

mujinki
米司法省の極秘メモが流出。無人機の暗殺対象に米国人も含まれる?

 無人機によるテロリスト殺害の対象者に米国市民も含めることを可能とする米司法省の …