ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ボリビア大統領がスノーデン事件に関連して空港で足止め。仏など欧州各国を非難

 

 ロシアを訪問し、南米ボリビアに帰国途中だった同国のモラレス大統領が乗った専用機が、米政府機関による情報監視問題に関連し、フランスなど欧州各国が上空通過を拒否したことから、オーストリアの空港に足止めされるという事件が発生した。

 ボリビア政府は7月2日、ロシアから帰国途中のモラレス大統領を乗せた政府専用機が、オーストリアの首都ウィーンの空港に着陸を余儀なくされたと発表した。
 ボリビアのモラレス大統領は、反米主義で知られ、米政府機関による情報監視を暴露したエドワード・スノーデン氏の亡命を受け入れる用意があると発言していた。
 大統領が乗った飛行機がモスクワを離陸すると、スノーデン氏が同乗しているとの噂が流れ、フランス、イタリア、スペインなどが上空通過を拒否、専用機はやむを得ずオーストリア・ウィーンの空港に着陸した。

 オーストリア政府が任意で機内を捜索したが、スノーデン氏の存在は確認できなかったという。このため13時間後にはウィーンの空港を離陸し、ボリビアに向かった。

 ボリビアは南米の小国とはいえれっきとした主権国家。大統領が乗った専用機が、噂レベルで上空通過を拒否され、機内の捜索も受けたという事実は、南米各国に大きな波紋を呼んでいる(機内を捜索されたことについてボリビア政府は否定している)。
 特にフランスやイタリアなどが、米国との関係が悪化することを懸念して、率先して上空通過を拒否した事に対して内外から批判が高まっている。
 フランスのオランド大統領は、スノーデン氏の搭乗に関する情報が錯綜したことが原因で技術的なトラブルであることを強調している。だが盗聴事件に対する米国への声高な批判とは裏腹に、米国の出方に神経質になっていることを露呈する結果となってしまった。

 モラレス大統領はウィーンの空港で一般客と同じように空港をウロウロする羽目になり、記者団に対して「これはボリビアに対する侮辱である」と怒りをあらわにした。

 - 政治 , , ,

  関連記事

nikkann
日本と韓国は仲良く三流国家?各種調査結果が示す日韓の類似性

 日本人と韓国人は互いに嫌っているとよくいわれる。2012年11月に内閣府が発表 …

nichushunou
日中首脳会談で関係改善を確認。背景には安倍首相の訪米と議会演説

 安倍首相は2015年4月22日、アジア・アフリカ会議(バンドン会議)60周年記 …

no image
復興予算の流用・便乗問題。それは間接的に国民が望んだこと

 東日本大震災の復興予算が、復興と関係の薄い事業に使われていたり、他の予算に振り …

nodae02
野田首相が最悪のタイミングで解散を決断。憲政史上もっとも幼稚な解散の一つに

 首相の解散権は「伝家の宝刀」と呼ばれ、首相の専権事項であり、首相の権力の源泉で …

ishiba03
石破氏が一転して入閣を受諾。ポスト安倍は遠のいたのか?

 内閣改造の最大の焦点となっていた石破幹事長の処遇は、石破氏が幹事長を辞任し、重 …

seichousenryaku201406
新成長戦略の骨子が明らかに。従来とはうって変わって構造改革的な要素が前面に

 政府の産業競争力会議は2014年6月10日、今月下旬に閣議決定が予定されている …

nobelprize
批判などどこ吹く風。臆面もなくEUにノーベル平和賞を贈る北欧人のしたたかさ

 ノーベル平和賞の授賞式が10日、ノルウェーの首都オスロの市庁舎で開かれた。今年 …

businessman
生活は良くならず努力しても報われないが、心は豊かという調査結果をどう見る?

 「努力しても報われない」が「心が豊かである」と考える日本人の割合が急増している …

no image
西宮伸一中国大使が、渋谷の路上で倒れ病院に搬送。時期が時期だけに様々な憶測が

 13日午前8時45分頃、中国大使に就任したばかりの外務省の西宮伸一駐氏(60) …

spaceshuttle
宇宙開発事業も空洞化?NASAに押し寄せる民営化という時代の波

 かつて科学技術の頂点といわれ、国家の威信をかけて行われていた宇宙開発にも、空洞 …