ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ボリビア大統領がスノーデン事件に関連して空港で足止め。仏など欧州各国を非難

 

 ロシアを訪問し、南米ボリビアに帰国途中だった同国のモラレス大統領が乗った専用機が、米政府機関による情報監視問題に関連し、フランスなど欧州各国が上空通過を拒否したことから、オーストリアの空港に足止めされるという事件が発生した。

 ボリビア政府は7月2日、ロシアから帰国途中のモラレス大統領を乗せた政府専用機が、オーストリアの首都ウィーンの空港に着陸を余儀なくされたと発表した。
 ボリビアのモラレス大統領は、反米主義で知られ、米政府機関による情報監視を暴露したエドワード・スノーデン氏の亡命を受け入れる用意があると発言していた。
 大統領が乗った飛行機がモスクワを離陸すると、スノーデン氏が同乗しているとの噂が流れ、フランス、イタリア、スペインなどが上空通過を拒否、専用機はやむを得ずオーストリア・ウィーンの空港に着陸した。

 オーストリア政府が任意で機内を捜索したが、スノーデン氏の存在は確認できなかったという。このため13時間後にはウィーンの空港を離陸し、ボリビアに向かった。

 ボリビアは南米の小国とはいえれっきとした主権国家。大統領が乗った専用機が、噂レベルで上空通過を拒否され、機内の捜索も受けたという事実は、南米各国に大きな波紋を呼んでいる(機内を捜索されたことについてボリビア政府は否定している)。
 特にフランスやイタリアなどが、米国との関係が悪化することを懸念して、率先して上空通過を拒否した事に対して内外から批判が高まっている。
 フランスのオランド大統領は、スノーデン氏の搭乗に関する情報が錯綜したことが原因で技術的なトラブルであることを強調している。だが盗聴事件に対する米国への声高な批判とは裏腹に、米国の出方に神経質になっていることを露呈する結果となってしまった。

 モラレス大統領はウィーンの空港で一般客と同じように空港をウロウロする羽目になり、記者団に対して「これはボリビアに対する侮辱である」と怒りをあらわにした。

 - 政治 , , ,

  関連記事

abe5gatsukeizai
政府と日銀が相次いで景気判断を上方修正。背景には来年4月の消費増税が・・・

 政府や日銀が景気判断の見直しに向けて動き始めた。政府は5月の月例経済報告で景気 …

akiya
低所得者の住居支援に空き家を活用。成熟国家としては正しい方向性

 国土交通省は高齢化の進展によって公営住宅が足りなくなることから、空き家を活用す …

nenkin
年金の長期見通し。生涯現役、女性参加、高リスク運用でようやく現役世代の50%

 厚生労働省は2014年6月4日、公的年金の長期的な財政見通しを発表した。政府が …

haken
まとまりつつある派遣制度改正の具体案。背景には派遣会社と労働組合の事情?

 労働者派遣制度の改正に向けた具体的な動きが出てきた。これまで特定業種以外では3 …

euhonbu00
EUで銀行同盟成立に向けた第一歩がスタート。薄れていく加盟国の国家主権

 EU(欧州連合)は2013年12月20日、ユーロ圏内で銀行の破綻処理を一元化す …

ohshima
内閣府が災害対策のガイドライン見直しへ。日本で想定外のことばかり起きる理由とは?

 内閣府は、避難勧告や避難準備情報などを出す場合に自治体が参考にするガイドライン …

romuni
ロムニー候補の支持率が急上昇した背景に、イスラエルロビーの猛プッシュあり

 米大統領選の共和党候補、ロムニー前マサチューセッツ州知事の支持率がTV討論会を …

ishiba
石破幹事長が安倍政権で孤立?独自派閥結成と若手囲い込みを模索中

 自民党の石破茂幹事長が実質的な派閥の立ち上げに動いている。石破氏に近い議員らに …

businessman04
労働者の賃金がさらに減少。賃上げ実施後もあまり期待できない理由とは?

 厚生労働省は2014年2月20日、2013年賃金構造基本統計調査の結果を発表し …

lngusa
米国産LNGが日本に到着。エネルギー調達の多角化は進むのか?

 硬直的だった日本のエネルギー調達に変化の兆しが見え始めている。きっかけになった …