ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

欧州中央銀行がとうとう時間軸政策を採用。FRBや日銀と同じスタンスに

 

 小康状態が続いていた欧州経済に再び動揺が走っている。これまで5%台で推移していたポルトガル国債の金利が上昇し、閣僚の辞任騒動など政治混乱が伝えられると、一時7.5%まで急騰した。
 これを受けて欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は「政策金利が長期間にわたって現行水準のまま、もしくはそれを下回る可能性がある」と発言し、現在の緩和的スタンスを長期間継続させるとともに、場合によっては金利引き下げを実施することを示唆した。

 ECBはこれまで金融政策の具体的な時期について言及することはなかった。だが今回「長期にわたって」という表現で時期を明示したということは、ECBもFRB(連邦準備制度理事会)や日銀と同様、時間軸政策を採用したことを意味している。
 時間軸政策とは、中央銀行がある金融政策を実施する期間や条件をあらかじめ明示するやり方のことを指す。一定期間、特定の金融政策が維持される保障があるので、市場は安心して中央銀行の政策に追随することができる。
 日本では2%の物価目標が達成できるまで、緩和政策が維持されることが分かっているので、市場関係者はその間、緩和政策の継続を前提に取引を実施することが可能となる。

 ECBが従来のスタンスからもう一歩踏み込んで時間軸政策の採用に踏み切ったのは、欧州の景気低迷がより深刻になり、回復までには相当の時間がかかることをECBが強く意識しはじめたからである。だが市場では今回のECBの措置をそれほど深刻には受け止めていない。

 欧州は、経済的体力が異なる複数の国が同一の通貨を用いるという根本的な矛盾を抱えており、この問題を解決するには、国家財政を含めて完全な統合を実現する以外に方法はない。だが主権国家の枠組みを超えて統合を実現するのは容易ではなく、仮に実現するにしてもかなりの時間がかかる。それまでの間には、財政危機や金融危機が形を変えて何度も発生することはある程度予想の範囲となっており、今回のポルトガルの事態もその延長線上にある。

 ただ直近の問題として、欧州の景気低迷が鮮明になれば、中国から欧州向けの輸出が伸び悩むことは確実であり、欧州の回復期待の後退は、中国経済の低迷リスクをさらに拡大させることにつながるだろう。

 - 経済 , , , , ,

  関連記事

swis201405
最低賃金を2500円にする国民投票を行ったスイスの驚くべき実態とは

 最低賃金を何と2500円にするという驚くべき国民投票がスイスで行われた。結果は …

dentaku
家計の金融資産は1年で3割近くも減少。厳しい現実に庶民が身を守る方法はあるのか?

 日本人はますます貧乏になっている。多くの人が何となく感じていたものは、やはり現 …

glp
J-REITが日経平均をはるかに上回るパフォーマンス。背景にあるのはインフレ期待?

 不動産投資信託(J-REIT)が好調だ。年初850円前後だった東証REIT指数 …

girishasenkyo
ギリシャ議会選挙で急進左派圧勝。市場の受け止め方は冷静

 ギリシャの議会選挙で、財政緊縮策の見直しを掲げる最大野党「急進左派連合」が圧勝 …

gabanansu
ないよりはマシ?安倍政権が成長戦略に企業統治を盛り込む方針を表明

 安倍首相は2014年6月3日、経団連の会合で講演し、コーポレートガバナンスを成 …

chintaiapart
民法改正で不動産賃貸業は本格的なサービス産業に脱皮できるか?

 法務大臣の諮問機関である法制審議会は2014年8月26日、民法における債権関係 …

teinensaikoyou
定年後再雇用の賃金格差は違法との判決。司法判断定着なら、現役世代の年収が減少?

 定年退職後の再雇用において年収を引き下げることは違法だとする東京地裁の判決が下 …

no image
日本の富裕層は124万世帯。格差拡大はこれからが本番?

 コンサルティング会社であるボストン・コンサルティング・グループは2014年6月 …

airasia
大国になりたい中国。旅行客のマナーの悪さに対して政府が対策に乗り出す?

 中国人旅行者のマナーの悪さは今に始まったことではないが、大国として相応の地位を …

takenaka
経済財政諮問会議のメンバーが固まる。改革イメージ醸成と経団連外しが狙い?

 政府の経済政策の司令塔となる経済財政諮問会議や日本経済再生本部のメンバーが明ら …