ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

欧州中央銀行がとうとう時間軸政策を採用。FRBや日銀と同じスタンスに

 

 小康状態が続いていた欧州経済に再び動揺が走っている。これまで5%台で推移していたポルトガル国債の金利が上昇し、閣僚の辞任騒動など政治混乱が伝えられると、一時7.5%まで急騰した。
 これを受けて欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は「政策金利が長期間にわたって現行水準のまま、もしくはそれを下回る可能性がある」と発言し、現在の緩和的スタンスを長期間継続させるとともに、場合によっては金利引き下げを実施することを示唆した。

 ECBはこれまで金融政策の具体的な時期について言及することはなかった。だが今回「長期にわたって」という表現で時期を明示したということは、ECBもFRB(連邦準備制度理事会)や日銀と同様、時間軸政策を採用したことを意味している。
 時間軸政策とは、中央銀行がある金融政策を実施する期間や条件をあらかじめ明示するやり方のことを指す。一定期間、特定の金融政策が維持される保障があるので、市場は安心して中央銀行の政策に追随することができる。
 日本では2%の物価目標が達成できるまで、緩和政策が維持されることが分かっているので、市場関係者はその間、緩和政策の継続を前提に取引を実施することが可能となる。

 ECBが従来のスタンスからもう一歩踏み込んで時間軸政策の採用に踏み切ったのは、欧州の景気低迷がより深刻になり、回復までには相当の時間がかかることをECBが強く意識しはじめたからである。だが市場では今回のECBの措置をそれほど深刻には受け止めていない。

 欧州は、経済的体力が異なる複数の国が同一の通貨を用いるという根本的な矛盾を抱えており、この問題を解決するには、国家財政を含めて完全な統合を実現する以外に方法はない。だが主権国家の枠組みを超えて統合を実現するのは容易ではなく、仮に実現するにしてもかなりの時間がかかる。それまでの間には、財政危機や金融危機が形を変えて何度も発生することはある程度予想の範囲となっており、今回のポルトガルの事態もその延長線上にある。

 ただ直近の問題として、欧州の景気低迷が鮮明になれば、中国から欧州向けの輸出が伸び悩むことは確実であり、欧州の回復期待の後退は、中国経済の低迷リスクをさらに拡大させることにつながるだろう。

 - 経済 , , , , ,

  関連記事

bananki
バーナンキ前FRB議長が銀行から住宅ローンの借り換えを拒絶されたことの解釈は?

 米FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ前議長が、住宅ローンの借り換えについ …

tosho03
東証1部の時価総額がバブル越え。だが上場社数が増えているので当然といえば当然

 東証1部の時価総額が終値ベースで過去最高を更新し、バブル期の水準を超えた。ただ …

abe20130901
安倍政権が消費増税を前提にした動きを加速。増税決定はすでに暗黙の了解?

 安倍政権が消費税増税を前提にした動きを加速している。増税の最終判断は10月1日 …

mof
10年後には国債1000兆円との財務省試算。だが前提条件が甘く、現実はもっと厳しい

 財務省は3月6日、国債の残高が10年後の2022年度末に1000兆円を超えると …

iwatakikuo
岩田日銀副総裁が物価目標実現の時期について実質的に前言撤回

 日銀の岩田総裁は2014年10月28日の参議院財政金融委員会で、物価目標の実現 …

businessman07
厚労省のブラック企業調査。労働行政のパンドラの箱を開けてしまったとの声も

 厚生労働省は2013年12月17日、若者の使い捨てなどが疑われる、いわゆる「ブ …

abekeitaiminaosi
首相が突然、携帯電話料金の見直しに言及。賃上げ要請と同じ結果に終わる?

 安倍首相の携帯電話料金の見直し発言が波紋を広げている。日本の携帯電話会社は3社 …

tosho05
個人投資家向けの優遇税制(日本版ISA)が前途多難な状況

 小口の個人投資家向け優遇税制である日本版ISA(少額上場株式等に係る配当所得及 …

kurodasosai
トランプ氏の当選で日米金利が急上昇。シナリオが狂ってしまった日銀

 トランプ大統領の誕生をきっかけに、日米の債券市場で金利が急騰している。米国はす …

amari
甘利大臣の「賃上げしない企業は恥ずかしい」という発言は、日本経済に何をもたらすか?

 甘利経済財政再生相は10月19日、テレビ番組に出演し「企業収益が上がっているの …