ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

なぜか報道されないスペインの国家分裂危機。支援を要請できないのにはワケがあった

 

 米格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は10日、スペインの国際格付けを最下位の「BBBマイナス」に、2段階引き下げたと発表した。投資適格級では最下位となり、もう一段の引き下げがあった場合、投機的水準に転落する。
 一方、ムーディーズはスペインの格付け見直しの結果を今月中に発表するとしているが、まだ見直しは発表されていない。

 これまでスペインの債務危機は小康状態だったが、格付けの低下が発表されたことで、再び欧州危機が再燃する可能性がでてきた。

 ユーロ圏は、スペインに対する支援プログラムをすでに準備しているが、制度上、スペインが支援要請を行わないとプログラムを発動できない。だがスペインは依然として、支援要請を行っていない。
 多くのメディアは、スペイン国民のプライドが背景にあると単純な報道を行っているが、実際はもっと深刻である。実はスペインは国家分裂の危機にある。スペイン東部のカタルーニャ州がスペインからの分離独立を求めて、中央政府との間で緊張が高まっているのだ。

 スペインは実は多民族、多言語国家。しかも1975年まで独裁政権が統治する国家であった。軍事政権下では強権的な政府によって独立運動は弾圧され、民主化後もしばらくは、支持率の高い国王のもとで統一国家として機能してきた。だがスペインが財政危機に陥ったことで、今まで封印されてきた地方の不満が噴出した格好だ。

 スペインが容易に支援要請をできない背景には、下手にユーロ圏に支援を要請して、ユーロ圏の支配下に入ってしまうと、各州の独立心を刺激して国家が崩壊してしまうという懸念が拭い去れないからである。スペインで行われているデモも、実は独立運動が背後に控えていることも多い。

 このあたりの事情を考慮しなければ、スペイン債務危機の本当の姿は見えてこない。

 - 政治

  関連記事

sbtakasago
ソフトバンクが電力小売に向け本格始動。電力自由化の本当の意味とは?

 ソフトバンク・グループが電力事業に向けて本格的に動き出した。2014年2月17 …

euhonbu
EUが太陽光パネルのダンピングで中国と和解。大きな混乱はない模様

 中国製の太陽光パネルが不当に安く販売されているとして、欧州連合(EU)が反ダン …

rokkasho
韓国から核燃料の再処理を受託との報道。原子力は核の問題であるという理解が必要

 日本政府が、使用済み核燃料の再処理を韓国から受託することを検討しているという東 …

clinton201601
「まさか」の状況となりつつある米大統領選挙。ブルームバーグ氏出馬検討の報道も

 米国の大統領選挙が大混戦の様相を呈してきている。当初、圧倒的に有利だった民主党 …

onkaho
温家宝首相の2200億円蓄財手段が明らかに。日本のSBIグループもファンドに出資

 中国の政権交代に関連して、現指導部と対立している太子党グループから、温家宝首相 …

tosho03
公的年金が海外インフラ投資への参入を検討。国内の株式はどうするの?

 日本の公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が運用指針の …

honkonsinshun
香港トップの春節ビデオメッセージに民主派が猛反発。香港市民は羊の群れではない?

 中国では春節(旧正月)を迎えており、各地でお祝いなどが行われている。そのような …

shutoko
笹子トンネル事故が、抑制されてきた公共事業再開の大義名分になる可能性

 中央自動車道の笹子トンネル事故をきっかけに、これまで抑制されてきた公共事業がな …

kissinger
キッシンジャー氏が尖閣問題について発言。だが、その背景はちょっと微妙!

 米ニクソン政権の国務長官で米中国交回復のキーマンであったヘンリー・キッシンジャ …

abeshouhizei
消費増税の正式決定で焦点は5兆円の経済対策の中身とその効果に移行

 政府は10月1日、閣議を開催し2014年4月から消費税を8%に引き上げることを …