ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

盛り上がりに欠ける参院選。与党内では選挙後の人事の話題で持ち切り

 

 7月4日に参院選が公示された。アベノミクスの評価、ねじれ解消、ネット選挙解禁など話題も多いはずだが、世論の盛り上がりは今ひとつだ。自民党内部でも状況は同じなのか、一部では早くも選挙後の人事の話題で持ち切りとなっている。

 安倍首相は参院選後に内閣改造と党役員人事を行うとみられている。安倍政権が参院選で勝利できれば、政治的には重要な節目を乗り越えたことになり、長期政権の可能性が一気に高まってくる。だが党内の利害関係の調整という意味では、実は参院選後が本番である。

 これまで政権交代とねじれ解消という大きな目標を最優先するため、多くの議員が不満を口にすることなく抑えてきた。参院選後にはこれらが一気に噴出する可能性が高く、TPPや成長戦略、対中外交などではかなりの激論となることも予想される。

 人事における最大の焦点は、現在幹事長のポストにある石破茂氏の処遇である。石破氏は基本的に安倍首相の次を狙える立場にあり、本人もそれを意識しているといわれる。自他共に認める政策通でありながら、閣僚ではなく幹事長職に就いたのは、「次」を狙うための本人の強い希望があったためといわれている。
 石破氏は自民党の長老グループにはあまり受けがよくないが、地方党員の支持は絶大なものがある。安倍首相としてはやはり警戒すべき相手であり、主要閣僚として内閣に迎え、政治的な動きを封じることも検討していると考えられる。
 一方、アベノミクスの取りまとめなどで存在感を増した甘利経済再生相も、そろそろ次のステップを意識し始めているといわれる。一部からは幹事長ポストを希望しているという話も聞こえてくる。党三役のうち、高市早苗政調会長と野田聖子総務会長は交代が確実視されており、少なくとも2つのポストが入れ替わりとなる可能性が高い。

 内閣については、思いのほか動きは少ないかもしれない。麻生財務大臣と菅官房長官は現内閣のキーマンであり、留任の可能性が高い。その意味では甘利経済再生相も同様であり、党への異動はないかもしれない。そうなると主要閣僚以外での各派閥順送り人事が中心となり、目玉となる動きは出てこないことになる。

 人で大きな動きがない場合には、安倍政権の基盤はかなり強固になっていると見てよいだろう。もちろんこれには参院選で自民党が一定の議席を獲得できたらという仮定条件がつく。選挙の結果が悪ければ、人事の規模はもう少し大きなものになるかもしれない。

 - 政治 , , , , ,

  関連記事

3sha02
Amazon、Google、スタバが各国政府と税を巡るバトル。3社が連戦戦勝のワケとは?

 グローバルに展開する米国企業と各国政府のバトルが激しさを増している。  フラン …

jacklew
オバマ大統領がルー補佐官を財務長官に指名。財政再建に対する強い意志の表れ

 オバマ米大統領は、退任が決まっているガイトナー財務長官の後任にジャック・ルー大 …

asaddaasuma
本当は独裁政権など続けたくない?アサド大統領のものとされるメールの真偽

 英国のガーディアン紙がシリアのアサド大統領が送受信したとされるメール内容を報道 …

shupaku
北朝鮮大幅譲歩の背後にある中韓の蜜月関係と米国の影響力低下

 北朝鮮をめぐる国際情勢が大きく動き始めている。背景にあるのは、中国の台頭と米国 …

taiwangakusei
様変わりする台湾の民主化運動。背景には中国の台頭と米国政治の変質がある

 台湾で中国との経済協定に反対する学生が立法院(国会)を占拠している問題は、いま …

shukinpeihouei2015
習近平国家主席の訪英。とうとう英国原発の中国丸投げについて最終合意

 英国を訪問中の中国の習近平国家主席と英国のキャメロン首相は2015年10月21 …

austrariadefense
豪が中国の台頭を歓迎する国防白書を発表。安倍政権の世界観と真っ向から対立

 オーストラリア政府は5月3日、国防白書2013を発表した。中国の台頭について脅 …

kaigosisetu
介護離職ゼロに向けて企業に残業免除を義務化。だが現実には機能しない?

 安倍政権が掲げる介護離職ゼロに向け、介護者の残業を免除する施策の検討が始まって …

onkaho
温家宝首相の2200億円蓄財手段が明らかに。日本のSBIグループもファンドに出資

 中国の政権交代に関連して、現指導部と対立している太子党グループから、温家宝首相 …

tusuruga
敦賀原発が廃炉に?重大な結論を「空気」で決めるのは誰も責任を取りたくないから

 原発停止をめぐってまた茶番劇が繰り返されている。原子力規制委員会の調査団は10 …