ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

盛り上がりに欠ける参院選。与党内では選挙後の人事の話題で持ち切り

 

 7月4日に参院選が公示された。アベノミクスの評価、ねじれ解消、ネット選挙解禁など話題も多いはずだが、世論の盛り上がりは今ひとつだ。自民党内部でも状況は同じなのか、一部では早くも選挙後の人事の話題で持ち切りとなっている。

 安倍首相は参院選後に内閣改造と党役員人事を行うとみられている。安倍政権が参院選で勝利できれば、政治的には重要な節目を乗り越えたことになり、長期政権の可能性が一気に高まってくる。だが党内の利害関係の調整という意味では、実は参院選後が本番である。

 これまで政権交代とねじれ解消という大きな目標を最優先するため、多くの議員が不満を口にすることなく抑えてきた。参院選後にはこれらが一気に噴出する可能性が高く、TPPや成長戦略、対中外交などではかなりの激論となることも予想される。

 人事における最大の焦点は、現在幹事長のポストにある石破茂氏の処遇である。石破氏は基本的に安倍首相の次を狙える立場にあり、本人もそれを意識しているといわれる。自他共に認める政策通でありながら、閣僚ではなく幹事長職に就いたのは、「次」を狙うための本人の強い希望があったためといわれている。
 石破氏は自民党の長老グループにはあまり受けがよくないが、地方党員の支持は絶大なものがある。安倍首相としてはやはり警戒すべき相手であり、主要閣僚として内閣に迎え、政治的な動きを封じることも検討していると考えられる。
 一方、アベノミクスの取りまとめなどで存在感を増した甘利経済再生相も、そろそろ次のステップを意識し始めているといわれる。一部からは幹事長ポストを希望しているという話も聞こえてくる。党三役のうち、高市早苗政調会長と野田聖子総務会長は交代が確実視されており、少なくとも2つのポストが入れ替わりとなる可能性が高い。

 内閣については、思いのほか動きは少ないかもしれない。麻生財務大臣と菅官房長官は現内閣のキーマンであり、留任の可能性が高い。その意味では甘利経済再生相も同様であり、党への異動はないかもしれない。そうなると主要閣僚以外での各派閥順送り人事が中心となり、目玉となる動きは出てこないことになる。

 人で大きな動きがない場合には、安倍政権の基盤はかなり強固になっていると見てよいだろう。もちろんこれには参院選で自民党が一定の議席を獲得できたらという仮定条件がつく。選挙の結果が悪ければ、人事の規模はもう少し大きなものになるかもしれない。

 - 政治 , , , , ,

  関連記事

cameronpanama
パナマ文書を巡り、英キャメロン首相が自らの納税情報を公開。給料は意外に安かった

 パナマから流出したタックスヘイブン(租税回避地)関連文書、いわゆるパナマ文書を …

George Washington02
米経済誌が在日米軍の段階的撤退論を掲載。内容は冷静で、かなり客観的

 米経済誌ウォール・ストリート・ジャーナルは5月10日、「米軍は日本からの撤退を …

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …

kichikyoku
携帯基地局の裁判で住民が敗訴。日本人は目に見えないものが苦手なようで・・

 携帯電話の基地局が発する電波の有害性について、日本でも次第に取り上げられるよう …

netaniyafunageki
イスラエル総選挙。オバマ政権にケンカを売ったネタニヤフ首相が再選へ

 イスラエルで総選挙が行われ、ネタニヤフ首相が率いる与党リクードを中心とした右派 …

no image
自民総裁選。谷垣総裁はポイ捨てされ、石原幹事長が優勢か?

 9月26日に投票を控えた自民党の総裁選。再選を目指す谷垣禎一総裁は、出身派閥の …

murayamakato
村山元首相と加藤元幹事長が中国を訪問。元気満々な村山氏と足元がフラつく加藤氏

 親中国派の政治家として知られている村山富市元首相と加藤紘一元自民党幹事長が28 …

takeshima
日本は竹島問題を提訴せず。安倍首相が韓国との関係改善を優先する3つの理由

 日本政府は、竹島の領有権問題をめぐって国際司法裁判所への単独提訴を当面、行わな …

hitora
橋下氏がとうとう国政進出を表明。首長と議員兼務に潜む危険性とは?

 日本維新の会代表代行の橋下徹大阪市長と幹事長の松井一郎大阪府知事は20日、大阪 …

no image
チェルノブイリの80倍!福島の甲状腺異常が急増するも、検討委員会は危険はないと主張

 原発被害を受けた福島県内の子供に甲状腺異常が拡大していることが指摘されてきたが …