ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アシアナ航空機の事故原因が徐々に明らかに。速度が足りず揚力を失い地面に激突

 

 米サンフランシスコ国際空港への着陸に失敗し炎上した韓国アシアナ航空ボーイング777型機について、事故の詳細が少しずつ明らかになってきている。

 同機が墜落した直接の原因は失速によるものであることはほぼ確実になっている。
 米運輸安全委員会7月7日、事故機は目標速度を「大幅に下回る」速度で滑走路に接近していたと発表した。また、操縦士らは事故発生の1.5秒前に着陸中止を要請していたことも併せて発表した。
 飛行機は一定の速度が維持されないと揚力(浮かぶ力)を確保することができない。失速とは速度が低下して揚力を確保できなくなった状態を指す。同機は目標速度を大幅に下回ったことで揚力が確保できなくなり、墜落したことになる。

 同機の進入角度は本来よりも浅く、速度も遅い状態であった。着陸4分前には時速400キロ程度の速度がなければならないところ、同機の速度は時速350キロ程度、着陸直前には250キロ程度が必要なところ160キロだったという。
 操縦士らは着陸7秒前に異変に気づき、エンジンの推力を上げ揚力を増やそうとした。だがジェット機のエンジンはスロットルを上げてから実際に出力が上昇するまでにライムラグがあり、揚力の確保が間に合わず墜落したものとみられている。

 一部では適切な進入角度の誘導を行うILSと呼ばれるシステムが工事中で作動していなかったことが報道されている。だが、ILSが停止中であることはあらかじめ航空会社に伝えられていたほか、ILSを使わない操縦士も多く、作動していなかったこと自体は特に問題ではないという。

 飛行機の着陸には、ILS以外にも多数の支援システムが存在しており、同機が着陸する際の周辺環境に大きな問題はなかった。操縦士のミスか、機械的な故障が考えられるというが、現時点では操縦士のミスの可能性が高いといわれている。ただ、着陸の進入角度が浅いことや速度が低下していることは「普通の操縦士であればすぐに気づくもの」(旅客機の操縦士経験者)だという。このことから、何か複合的な要因が背景にあった可能性も考えられる。

 - 社会 , ,

  関連記事

taobaorakuten
中国最大のECサイト「アリババ」と「楽天」を比較して分かること

 中国におけるインターネット通販が急拡大している。中国最大の電子商取引サービス会 …

kouganzai
高齢者には過度に抗がん剤を使用しないという流れに。厚労省がガイドライン

 高齢者におけるがん治療が大きく変わろうとしている。状況によっては抗がん剤の効果 …

bankmuscut
世界中のATMから46億円を不正に引き出す事件が発生。プリペイド・デビットという盲点

 国際的なサイバー犯罪組織が27カ国のATMから約46億円を不正に引き出すという …

jre235
山手線新型車両E235が連続トラブルで運行休止。原因はソフトのバグと思われるが・・・

 東京オリンピックを見据え、13年ぶりの刷新と鳴り物入りでデビューしたJR山手線 …

hinomaru
内閣府調査の意外な結果。「愛国心が強い」という人の割合はなぜ急低下した?

 内閣府は2014年3月24日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。愛国心 …

sonoayako
保守思想界の大物である曽野綾子氏の発言に、日本社会はどう反応するのか?

 作家の曽野綾子氏による「出産した女性は会社を辞めろ」という趣旨の論文が物議を醸 …

roujin03
イタリアで若者のために高齢者の早期退職を促す動き。だが社会全体の負担は増加?

 改正高齢者雇用安定法の施行によって、日本では生涯を通じて働くことが可能になって …

businessman02
生活が低下したと答えた人は増加しているが、長期的には変化なし

 内閣府は2014年8月25日、国民生活に関する世論調査の結果を発表した。「生活 …

chouju
社会的地位が高いと長寿?短命なスポーツ選手もメダリストは長生きとの研究結果

 英国の医学雑誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」に、オリンピックの歴代 …

smog
悪化する北京の大気汚染。本当に自動車の排気ガスが原因なのか?

 北京を中心に中国各地で大気汚染が悪化している。北京市内では、視界がほとんどきか …