ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アシアナ航空機の事故原因が徐々に明らかに。速度が足りず揚力を失い地面に激突

 

 米サンフランシスコ国際空港への着陸に失敗し炎上した韓国アシアナ航空ボーイング777型機について、事故の詳細が少しずつ明らかになってきている。

 同機が墜落した直接の原因は失速によるものであることはほぼ確実になっている。
 米運輸安全委員会7月7日、事故機は目標速度を「大幅に下回る」速度で滑走路に接近していたと発表した。また、操縦士らは事故発生の1.5秒前に着陸中止を要請していたことも併せて発表した。
 飛行機は一定の速度が維持されないと揚力(浮かぶ力)を確保することができない。失速とは速度が低下して揚力を確保できなくなった状態を指す。同機は目標速度を大幅に下回ったことで揚力が確保できなくなり、墜落したことになる。

 同機の進入角度は本来よりも浅く、速度も遅い状態であった。着陸4分前には時速400キロ程度の速度がなければならないところ、同機の速度は時速350キロ程度、着陸直前には250キロ程度が必要なところ160キロだったという。
 操縦士らは着陸7秒前に異変に気づき、エンジンの推力を上げ揚力を増やそうとした。だがジェット機のエンジンはスロットルを上げてから実際に出力が上昇するまでにライムラグがあり、揚力の確保が間に合わず墜落したものとみられている。

 一部では適切な進入角度の誘導を行うILSと呼ばれるシステムが工事中で作動していなかったことが報道されている。だが、ILSが停止中であることはあらかじめ航空会社に伝えられていたほか、ILSを使わない操縦士も多く、作動していなかったこと自体は特に問題ではないという。

 飛行機の着陸には、ILS以外にも多数の支援システムが存在しており、同機が着陸する際の周辺環境に大きな問題はなかった。操縦士のミスか、機械的な故障が考えられるというが、現時点では操縦士のミスの可能性が高いといわれている。ただ、着陸の進入角度が浅いことや速度が低下していることは「普通の操縦士であればすぐに気づくもの」(旅客機の操縦士経験者)だという。このことから、何か複合的な要因が背景にあった可能性も考えられる。

 - 社会 , ,

  関連記事

ieiri
電話番号など個人情報をネットで晒す行為は、本当にバカで非常識なのか?

 自分の電話番号をツイッターに公開するという行為がネット上で話題となっている。き …

sakamotoyruichi
坂本龍一氏がとうとう終末論を披露。リベラル誌の若者読者に彼はどう映るのか?

 今や反原発アーティストになってしまった感のある坂本龍一氏だが、ある雑誌のインタ …

kindorupaper
いよいよキンドルが日本上陸。自費出版サービスもスタートし、出版社は戦々恐々

 アマゾンがとうとう電子書籍端末「キンドル」を国内で販売開始する。同社の日本法人 …

fontcostsakugen
これが米国の底力。中学生がネットを駆使して4億ドルの政府支出削案を提唱

 政府公文書のフォント(書体)を変更すれば、年間4億ドル(約400億円)の経費削 …

monka
大学の研究支援政策に変化の兆し。旧帝大中心は変わらずも、配分は実績重視へ

 大学など研究機関に対する国の支援方法に変化の兆しが出てきている。文部科学省は8 …

bigdata02
官民が注目するビックデータで深刻な人材不足。日本がいつも人材不足になる理由とは?

 ネット上の履歴など膨大な情報を分析しビジネスに有効活用するという、いわゆる「ビ …

tusuruga
敦賀原発が廃炉に?重大な結論を「空気」で決めるのは誰も責任を取りたくないから

 原発停止をめぐってまた茶番劇が繰り返されている。原子力規制委員会の調査団は10 …

kigyoshakai
政府が働き方改革に本腰。だが皆があえて無視し続けるひとつの大きな問題

 政府が「働き方改革」に本腰を入れ始めている。日本企業の生産性が低いという事実は …

kyuka
日本人は休みすぎ?労働時間と経済成長の適切な関係とは?

 最近はちょっとした残業を命じただけもブラック企業と呼ばれる時代になり、大手企業 …

abewomen
安倍首相が経済界に女性登用を要請。女性の社会進出は経済成長を実現するのか?

 安倍首相は4月19日、日本記者クラブで講演し、自身が提唱する成長戦略について説 …