ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国鉄道省元トップに執行猶予付きの死刑判決。事実上の減刑に国民からは批判の声

 

 中国最大の利権官庁であり汚職の温床ともいわれてきた鉄道省の元トップに対する汚職事件の判決が7月8日行われた。収賄罪などに問われていた元鉄道相の劉志軍被告に対し、北京の地方裁判所は、執行猶予2年の付いた死刑判決を言い渡した。劉被告は控訴しない方針。

 劉被告は、鉄道省の幹部や大臣に就任していた1986年から2011年までの25年間に、工事の受注や人事などで便宜を図った見返りとして、実業家などから総額10億円の賄賂を受け取っていたとされる。
 劉被告は罪状をすべて認めており、受け取った賄賂もすでに返却している。このことが考慮され、執行猶予付きの死刑判決となった。劉被告は2年間模範囚として過ごすことができれば、死刑を免除され、終身刑に減刑になるという。

 劉被告に対する裁判は、スタートからわずか1カ月のスピード判決となっており、腐敗撲滅を掲げる習近平政権の姿勢を象徴したものと理解されている。汚職などの疑いで失脚した重慶市元トップ、薄煕来氏の公判も近く始まるとの観測も出ている。
 ただ中国国内では、事実上の死刑免除になった事に対する不満の声は大きく、今回の裁判において、腐敗撲滅のスタンスがどの程度国民にアピールしたのかは不透明だ。中国のネットでは、劉被告は刑務所で特別待遇となり、比較的快適な生活を送れるとの話も流布している。

 劉被告が減刑になった背景には、鉄道省利権のドンといわれる江沢民元主席の存在があるといわれている。すでに政界を引退している江沢民氏の影響力は最近急激に低下しているといわれるが、習近平政権を支える勢力の一つであることに変わりはない。劉被告の特別待遇に関する実態は不明だが、幹部の特権に対する国民の疑心暗鬼には根深いものがあるようだ。

 劉被告は19歳で臨時雇いの保線作業員として鉄道マン人生をスタートさせ、50歳にして職員210万人を抱える中国最大官庁のトップに上り詰めた立志伝中の人物。鉄道相時代には高速鉄道網の建設をリードし、一時は中国国内で絶大な権力を保持していた。劉被告が鉄道相を退任してからは、鉄道省の腐敗体質が厳しく追及され、2013年3月の全人代で正式に解体が決定している(本誌記事「中国鉄道省の解体は日本の国鉄民営化と同じ。高度成長の終了を意味している」参照)。

 - 政治, 社会 , , , ,

  関連記事

sangyokyosoryokukaigi
政府の新成長戦略で飛び出した小中プログラミング教育の「今更感」

 安倍政権は、名目GDP(国内総生産)600兆円の目標を達成するため「第4次産業 …

isihara
石原慎太郎東京都知事が国政復帰を宣言。だが時すでに遅し

 石原慎太郎東京都知事は25日、都庁で記者会見を行い、都知事の辞任と次期衆院選へ …

sbtakasago
再生可能エネ普及策が頓挫?誰も責任を負わない中途半端な政策のツケ

 再生可能エネルギーの普及策が暗礁に乗り上げようとしている。電力各社は、再生可能 …

kokumusho02
靖国参拝に対する米国の声明。問題解決を内容の解釈に求めるのは危険だ

 安倍首相の靖国参拝に対して、米国政府が異例の声明を発表してから約10日が経過し …

orando
フランス人は決して謝らない。オランド大統領がアルジェリアを訪問するも謝罪要求は一蹴

 フランスのオランド大統領は独立50周年を迎えるアルジェリアを訪問し、フランスに …

asean
ASEAN首脳会議。議長国カンボジアが中国に遠慮し領有権問題を文面から勝手に削除

 カンボジアのプノンペンで開かれている東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議に …

abe20141118
志が低すぎ?与党が衆院選の勝敗ラインをめぐって混乱

 衆院選の勝敗ラインをめぐる与党内での意見の食い違いが表面化している。過半数を勝 …

abe20130113
安倍首相の訪米を前に、与党内でTPPをめぐる動きが活発化

 安倍首相の訪米日程が近づいてきたことから、環太平洋経済連携協定(TPP)をめぐ …

yawata
大手企業が相次いでTV通販業界を侵食。背景にはガラパゴス大企業の甘えが・・・

 これまで地方に拠点を置く企業が中心となっていたテレビ通販業界に、著名な大手企業 …

senkyo
選挙終了で違反者の逮捕が始まる。だが公職選挙法の内容はこんなに馬鹿げている

 総選挙が終了し、恒例の公職選挙法違反での逮捕が始まった。  大阪府警は20日、 …