ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

TPPも骨抜き?米欧FTAの交渉がいよいよスタート。米欧は妥結にかなり前向き

 

 米国と欧州の自由貿易協定である米欧FTAに関する第一回の交渉が7月8日、米国ワシントンで始まった。米国の情報機関による盗聴疑惑からフランスが延期を求めていたが、予定通り交渉がスタートした。米国と欧州連合(EU)は今年2月、自由貿易協定(FTA)の交渉開始について合意に達しており、今回の交渉開始はその合意を受けたもの。今後は交渉の実務作業が本格化することになる。

 米国と欧州のFTAが実現すると、世界経済のほぼ半分、世界貿易の約3割を占める巨大自由貿易圏が誕生することになる。米欧で締結された協定は世界貿易のスタンダードになることは確実であり、TPPを含む、他の自由貿易協定はあまり意味をなさなくなる可能性が高い。

 現在、米国と欧州の間における平均的な関税率は4%とそれほど高い水準ではない。
 農産物や自動車など一部で高関税が維持されている分野もあるが、米欧FTAが締結されても、EUのGDPは年0.5ポイント、米国のGDPは0.4ポイント程度しか押し上げ効果はないといわれている。
 だが重要なのは関税の額ではなく、市場の規制や製品規格などルール作りの分野で国際的なスタンダードが出来上がることである。

 米欧間で締結された規格はそのまま国際標準となる可能性が高い。日本など第三国の規格は採用されず世界市場から締め出させるリスクがある。長い目で見ると、各国の競争力に大きな影響を与えることになる。
 EUと米国は交渉の妥結にかなり前向きであり、2年をメドに交渉をまとめたい意向だ。日本では現在、TPPの条件をめぐって激論となっているが、米欧FTAが締結されてしまうと、TPPでの議論もあまり意味をなさなくなってしまう。
 米欧FTAは日本にとっては当事者ではないので、影響力を行使することができない。少なくとも、交渉内容の進展について情報収集を行い、製品規格の分野でどのような影響があるのか、早い段階での分析と対策が必要となるだろう。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

zenjindai2014
中国で全人代が開催。中国が抱える問題はバブル後の日本にさらに酷似

 中国における今後1年間の重要政策を議論する全人代(全国人民代表大会)が2014 …

wakamono02
若者は1社での終身雇用を強く望んでいる。白書が示す若者の意識と政策のミスマッチ

 日本の雇用政策は、ライフスタイルや価値観の多様化に合わせて、柔軟な雇用形態を選 …

eu
EUが経済成長見通しを下方修正。緊縮財政は事実上棚上げか?

 EU(欧州連合)の欧州委員会は5月3日、2013年春の欧州経済見通しを発表した …

no image
中国反日デモ斜め読み。警察車両って日本車だったんだ!

 尖閣諸島への日本人の上陸を受けて、中国で反日デモが激しくなっている。上陸のニュ …

sugaku
OECDの学力調査。ゆとり教育見直しの結果、順位は上昇したが・・・・

  OECD(経済協力開発機構)は12月3日、世界65カ国(地域)を対象とした2 …

nakatani
安保法制をめぐってはやくも不毛な議論。「昭和」の時代は続く

 今国会で審議が始まる安全保障関連法案をめぐって、早くも不毛なやり取りが行われて …

ecb02
欧州中銀がマイナス金利導入を決定。背景は「日本化」に対する懸念

 欧州中央銀行(ECB)は2014年6月5日、定例理事会を開催し、追加の金融緩和 …

abeusa
日本を米国並みのベンチャー大国にするという首相の驚愕発言がもたらすリスク

 訪米中の安倍首相が米国人を前に大胆な発言を連発している。9月25日、ニューヨー …

bishonbu
通貨マフィアのディナー?教科書にも載っていない量的緩和策が突然メジゃーになったワケ

 国際決済銀行(BIS)本部で開かれる各国の中央銀行総裁による非公式の夕食会が、 …

nyse
ダウが最高値更新。間違っているのは金利なのか株価なのか?

 量的緩和の縮小が進む米国で、思いのほか金利が上がらないという状況が続いている。 …