ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国経済への自信?それとも強権発動覚悟?中国指導部の強硬姿勢がより鮮明に

 

 中国国営の新華社通信は7月7日、中国財政部(財政省)が緊縮財政措置の一環として中央政府各機関に対し、今年の歳出を5%削減するよう要請したと報じた。
 中国では景気失速が懸念されており、一部では金融機関が資金ショートを起こしている。だが、当局は多少の混乱があっても投機の抑制を優先する方針とみられ、抜本的な対策はほとんど実施していない。今回、大規模な経費削減を指示したことで、ハードランディングも厭わない当局の姿勢がさらに鮮明になったといえる。

 財政部では、歳出削減の対象として、政府庁舎の建設、会議、出張、自動車、レセプションなど多岐にわたる分野を列挙している。ただ、政府支出全体に対して一律5%を削減するのか、対象が部分的なものにとどまるのかは不明だ。
 中国の政府予算は約7兆元(約116兆円)なので、単純計算で5%を削減すると、5.8兆円の削減となる。中国のGDPは約820兆円なのでGDPの0.7%分がなくなる計算だ。

 中国の新指導部がバブル崩壊のリスクがあるにも関わらず、投機抑制に力を入れるのは、土地投機といったバブル的な経済活動と特権階級の腐敗が密接に結びついているからである。
 共産党幹部に対する国民の不満は高まってきており、この問題を解決することは、景気対策よりもはるかに重要性が高いと認識されている。
 中国には「政治第一」という言葉があり、共産党の指導部には、あらゆる問題において政治が優先するという概念が存在している。かつて毛沢東が主導した文化大革命は、中国全土で数百万人の死者を出し、経済を完全に破壊してしまうようなものだったが、何の躊躇もなく遂行された。

 市場では、中国がハードランディングとなり、大混乱となることを危惧しているが、中国の指導部は、市場関係者が憂慮するほど、経済的な混乱について気にしていないようである。指導部は、内需を中心とした中国経済の回復に強い自信を持っているのか、それとも最悪の事態には党が強権発動することで混乱を収束できると判断しているのか、市場関係者はその真意を測りかねている。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

cop20a
京都議定書に変わる新しい枠組みを議論するCOP20。米中欧主導で日本は不利に?

 地球温暖化対策に関する国連の会議「COP20」が、南米ペルーで12月2日から開 …

pentagon02
米国防総省が発表した中国軍に関する年次報告書。中国側が激しく反発する理由とは?

 米国防総省は5月6日、中国の軍事力に関する年次報告書を発表した。この中で国防総 …

kuroda02
日銀が物価目標の達成時期を先送り。2年で2%は実質的に撤廃

 日銀は2015年4月30日、「15年度を中心とする期間」としてきた物価目標達成 …

choonsokuheiki
米軍が超音速兵器の実験に失敗。だが戦争の風景は着実に変わりつつある

 米国防総省は2014年8月25日、極超音速兵器「AHW」の飛行試験を行ったが、 …

kenkouhoken
自治体の国保窓口業務の民間委託がスタート。本当にコストは削減できるのか?

 東京都の足立区は、全国で初めて2015年から国民健康保険の管理・運営業務につい …

lng2
米国が天然ガスの日本輸出を許可。これが経済や政治にもたらすインパクトは大きい

 米エネルギー省は5月17日、日本に対する天然ガスの輸出を許可すると発表した。テ …

abe5gatsukeizai
萎む成長戦略。最高裁判断まで出ている薬のネット販売解禁が規制緩和の目玉だって?

 アベノミクスの要として市場から多くの期待を集めていた成長戦略の雲行きが怪しくな …

kerry0020
ケリー国務長官が中国を訪問。日本の立場は米中の経済交渉次第

 米国のケリー国務長官はこの2月に中国を訪問する。同じく国務省のバーンズ副長官が …

kurodashirakawa
黒田総裁らしからぬ中途半端な補完措置。白川時代を彷彿とさせるという声も

 日銀が打ち出した「補完措置」をめぐって市場の混乱が続いている。追加緩和なのかそ …

brics2014
新興5カ国がBRICS開発銀行と外貨準備基金の設立で合意。世銀とIMFに対抗

 インドや中国など新興5カ国(BRICS)は2014年7月15日、ブラジルで首脳 …