ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

今話題のLCC(格安航空会社)に思った程安くないとの声が。その理由とは?

 

 全日空系のLCC(格安航空会社)であるエアアジアジャパンは、10日、LCCとしては初めて成田-ソウルの国際線を就航させると発表した。マスコミでは、ソウルまで片道6980円で行ける!と大騒ぎしている。

 日本は世界に遅れること10年、ようやくLCC(格安航空会社)の就航が相次いでおり、すでにLCCに乗った人も増えてきているだろう。

 実際にLCCを利用したことがある人なら分かると思うが、宣伝文句の運賃が適用されるのはごくわずかであり、現実にはそのような格安の値段で飛行機に乗れるチャンスは少ない。思ったほどLCCの価格は安くないというのがホンネではないだろうか?

 例えば、今回のエアアジアのソウルの路線についても、11月20日にソウルに行こうと思った場合、一般的なプロモーション価格では往復で18,600円かかる。JALの割安料金26,000円と比べればかなり安いが、旅行代理店で格安チケットを探すと、20,000円程度のものも見つけることができる。LCCは安いことは安いのだが、あっと驚くほどの値段というわけではないのだ。

 だが海外ではLCC運賃は破格に安いというのが常識だ。ではなぜ、日本のLCCの運賃は安くならないのだろうか?

 それは日本の航空行政に原因がある。日本は空港や関連設備の利用料が極めて高額で、このバカ高いコストが航空会社の利益を圧迫している。日本の航空会社は高い料金を取らないと経営できないのである。
 施設利用料が高い理由は明白。官庁の利権だからだ。空港や関連施設を運営する団体には、役所から大量の職員が天下っている。また施設の工事発注などは政治利権になっており、慢性的な高コスト構造である。

 公務員が一生安泰の贅沢な暮らしをするために、飛行機の利用者に高い運賃を押し付けている。日本の航空行政が変わらない限り、日本人が海外並みの低運賃を享受することは不可能なのだ。

 - 政治, 経済

  関連記事

bouekitoukei201404
消費税駆け込み需要の反動で、4月の貿易収支は改善

 財務省は2014年5月21日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

asukuru
アスクルの火災。経営への影響は限定的だが,今後のサービス競争では不利に

 火災が続いていたアスクルの物流倉庫がようやく鎮火した。現時点において、事故の原 …

davinchi
米国で手術ロボットの事故が増加。だがロボット導入の動きはもはや止められない?

 米国では外科手術にロボットを使用するケースが急増している。手術に革命を起こすと …

no image
西宮伸一中国大使が、渋谷の路上で倒れ病院に搬送。時期が時期だけに様々な憶測が

 13日午前8時45分頃、中国大使に就任したばかりの外務省の西宮伸一駐氏(60) …

titanic2
タイタニック号が2016年に復活。だが建造を受注したのは無名の中国企業

 オーストラリアで複数の鉱山会社を所有する大富豪クライブ・バーマー氏が、豪華客船 …

whitecolorexe
残業代ゼロ政策の導入が現実味。職種限定だが、年収制限はなくなる可能性も

 労働時間に関わらず賃金を一定にする、いわゆる残業代ゼロ政策の導入が現実味を帯び …

asohadaijin201406
問題発言連発の麻生大臣。最後の大物政治家か、無邪気なボンボンか?

 麻生財務大臣の発言が話題になっている。新聞報道によると麻生氏は2014年6月2 …

kokkaigijido
2016年度予算編成。社会保障費をめぐり与党内で駆け引きが活発化

 2016年度予算の概算要求基準が閣議了解されたことで、予算編成作業が本格的に動 …

kaswase20130606
株高と円安は終わったのか?カギを握るのは購買力平価による為替レート

 日銀による異次元の緩和策以降、順調に進んできた円安と株高にブレーキがかかり始め …

seijouishii
マネーゲームの末、高級スーパー成城石井はローソンへ。相乗効果は未知数

 コンビニ大手のローソンが、首都圏を中心に高級スーパーを展開する成城石井を買収す …