ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

今話題のLCC(格安航空会社)に思った程安くないとの声が。その理由とは?

 

 全日空系のLCC(格安航空会社)であるエアアジアジャパンは、10日、LCCとしては初めて成田-ソウルの国際線を就航させると発表した。マスコミでは、ソウルまで片道6980円で行ける!と大騒ぎしている。

 日本は世界に遅れること10年、ようやくLCC(格安航空会社)の就航が相次いでおり、すでにLCCに乗った人も増えてきているだろう。

 実際にLCCを利用したことがある人なら分かると思うが、宣伝文句の運賃が適用されるのはごくわずかであり、現実にはそのような格安の値段で飛行機に乗れるチャンスは少ない。思ったほどLCCの価格は安くないというのがホンネではないだろうか?

 例えば、今回のエアアジアのソウルの路線についても、11月20日にソウルに行こうと思った場合、一般的なプロモーション価格では往復で18,600円かかる。JALの割安料金26,000円と比べればかなり安いが、旅行代理店で格安チケットを探すと、20,000円程度のものも見つけることができる。LCCは安いことは安いのだが、あっと驚くほどの値段というわけではないのだ。

 だが海外ではLCC運賃は破格に安いというのが常識だ。ではなぜ、日本のLCCの運賃は安くならないのだろうか?

 それは日本の航空行政に原因がある。日本は空港や関連設備の利用料が極めて高額で、このバカ高いコストが航空会社の利益を圧迫している。日本の航空会社は高い料金を取らないと経営できないのである。
 施設利用料が高い理由は明白。官庁の利権だからだ。空港や関連施設を運営する団体には、役所から大量の職員が天下っている。また施設の工事発注などは政治利権になっており、慢性的な高コスト構造である。

 公務員が一生安泰の贅沢な暮らしをするために、飛行機の利用者に高い運賃を押し付けている。日本の航空行政が変わらない限り、日本人が海外並みの低運賃を享受することは不可能なのだ。

 - 政治, 経済

  関連記事

jinmingen
IMFが特別引出権(SDR)に人民元を採用。英国の全面支援が決め手?

 IMF(国際通貨基金)は、11月にも特別引き出し権(SDR)と呼ばれる準備通貨 …

no image
石油で世界制覇を目論むロシア。危険なゲームに乗り出す英国。日本も巻き込まれるゾ!

 ロシアの国策石油会社の存在感が高まっている。  ロシアの国営石油最大手ロスネフ …

tmall2014
上場を控えたアリババが4~6月期の決算を公表。取扱高の拡大で業績は好調

 米国で株式の新規公開(IPO)を予定している中国の電子商取引大手アリババは、2 …

ecb02
欧州中央銀行がとうとう量的緩和を示唆。一気にドル高が進む?

 ECB(欧州中央銀行)がとうとう量的緩和の実施に踏み切る可能性が出てきた。20 …

sinreiauto
セブン-イレブンが店内レイアウトの全面刷新に乗り出した背景

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが店舗レイアウトの全面刷新に乗り出した。背景に …

panatuga
パナソニック決算。何とか出血状態から脱却したが、長期的方向性は示されないまま

 パナソニックは5月10日、2013年3月期の決算を発表した。売上高は前期比7% …

economistataranai
民需主導による成長がようやく見えてきた1~3月期のGDP速報値

 内閣府は2015年5月20日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

nsaberlin
米国の電話盗聴問題、徐々に具体的手法が明らかに。ドイツの場合は携帯の直接傍受

 米国の諜報機関による外国要人の盗聴問題に関して、徐々にではあるが盗聴の具体的な …

girishagikai
ギリシャの国民投票は緊縮策にNo。約束手形の発行となれば、事実上のドラクマ復活?

 IMF(国際通貨基金)など国際機関に対する支払いができない状態にあるギリシャで …

kitachosenmisaru02
北朝鮮がミサイルの追加発射を準備?一方では米朝交渉を探る神経戦

 核実験を実施したばかりの北朝鮮で、今度は弾道ミサイルの追加発射の可能性が出てき …