ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

今話題のLCC(格安航空会社)に思った程安くないとの声が。その理由とは?

 

 全日空系のLCC(格安航空会社)であるエアアジアジャパンは、10日、LCCとしては初めて成田-ソウルの国際線を就航させると発表した。マスコミでは、ソウルまで片道6980円で行ける!と大騒ぎしている。

 日本は世界に遅れること10年、ようやくLCC(格安航空会社)の就航が相次いでおり、すでにLCCに乗った人も増えてきているだろう。

 実際にLCCを利用したことがある人なら分かると思うが、宣伝文句の運賃が適用されるのはごくわずかであり、現実にはそのような格安の値段で飛行機に乗れるチャンスは少ない。思ったほどLCCの価格は安くないというのがホンネではないだろうか?

 例えば、今回のエアアジアのソウルの路線についても、11月20日にソウルに行こうと思った場合、一般的なプロモーション価格では往復で18,600円かかる。JALの割安料金26,000円と比べればかなり安いが、旅行代理店で格安チケットを探すと、20,000円程度のものも見つけることができる。LCCは安いことは安いのだが、あっと驚くほどの値段というわけではないのだ。

 だが海外ではLCC運賃は破格に安いというのが常識だ。ではなぜ、日本のLCCの運賃は安くならないのだろうか?

 それは日本の航空行政に原因がある。日本は空港や関連設備の利用料が極めて高額で、このバカ高いコストが航空会社の利益を圧迫している。日本の航空会社は高い料金を取らないと経営できないのである。
 施設利用料が高い理由は明白。官庁の利権だからだ。空港や関連施設を運営する団体には、役所から大量の職員が天下っている。また施設の工事発注などは政治利権になっており、慢性的な高コスト構造である。

 公務員が一生安泰の贅沢な暮らしをするために、飛行機の利用者に高い運賃を押し付けている。日本の航空行政が変わらない限り、日本人が海外並みの低運賃を享受することは不可能なのだ。

 - 政治, 経済

  関連記事

sharp
シャープの増資は政府による資産買い取りとセット?史上最大のモラルハザードの可能性

 シャープが検討している公募増資は、政府による資産買い取りとセットである可能性が …

zangyou
長時間労働の人ほど上司がそれを評価してくれていると考えている?

 長時間労働をする人ほど、残業について上司が評価してくれていると考える割合いが高 …

3chuzenkai
中国が国家安全委員会を設置した真意。日本との対決か治安維持か?

 中国共産党は、11月12日に閉幕した党の重要会議である第18期中央委員会第3回 …

birukensetsu
テナントがいない?のに都市部で次々と新築ビルが建設されるのはナゼ?

 東京都心など、利便性の高い地域を中心に不動産の建設ラッシュが続いている。一部で …

gosuto
佐村河内氏のゴースト問題がホリエモンに飛び火。出版業界は戦々恐々!

 聴覚障害を持つ作曲家として知られていた佐村河内守氏によるゴーストライター問題が …

kurafutohaintsu
ハインツとクラフトが合併。バフェット氏らしく株主利益を強く意識したスキームに

 米食品大手のクラフト・フーズ・グループとHJハインツは2015年3月25日、2 …

monju
高速増殖炉もんじゅは廃炉にするも、あたらな高速炉の開発計画が浮上

 運転停止中の高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が廃炉に向けて動き始めた。一方 …

keizaikakusa
景気が良くなるほど、経済格差が拡大するという不都合な真実

 貧困の撲滅活動を行う国際NGO「オックスファム」は2014年1月20日、経済格 …

rikokkyokerry
オバマ大統領の欠席で中国は時間稼ぎに成功。東アジア首脳会議の成果は今ひとつ

 ASEAN(東南アジア諸国連合)各国と日米中などが参加する東アジア首脳会議が1 …

tabakohaian
見送りの可能性も出てきた受動喫煙防止法案。日本は2周回遅れへ

 今国会での審議が予定されていた受動喫煙防止法案の提出が見送られる可能性が高くな …