ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

市中への資金供給量が過去最大。量的緩和は効果を上げてきているのか?

 

 日銀は7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)速報を発表した。代表的な指標であるM3は前年比3.0%の増加となり、7カ月連続で伸びが拡大した。3.0%という数字は旧マネーサプライ統計から現行のマネーストック統計に移管された2004年3月以降では最大である。

 マネーストックは金融機関から市中に提供されるマネーの総量のことを指している。つまり実際に世の中に出回っているマネーの量ということになる。これに対して日銀が金融機関に提供しているマネーの量はマネタリーベースと呼ばれる。
 日銀による異次元の量的緩和策では、政策目標をマネタリーベースに設定しており、マネタリーベースを年間70兆円分増やすことを確約している。
 だが日銀が国債を大量に買い取り、その代金を当座預金に振り込んだとしても、金融機関がそのお金を市中に提供しなければ、マネタリーベースは増えてもマネーストックの量は増えない。

 実態経済に直接影響を及ぼすのは、現実に市中に出回るお金なので、量的緩和策が効果を上げているのかは最終的にはマネーストックの数値を見ていく必要がある。マネーストックの伸びが過去最大であったことは、量的緩和策がとりあえずマネーの量を増やす効果をもたらしていることを示している。

 だがその内容は十分なものとはいえない。マネーストックが増加したのは、金融機関が貸し出しを増加させたことが主な要因といわれているが、必ずしもそうではない。金融機関の貸し出し増加は、2011年頃から継続しており、今に始まったことではないからだ(リーマンショック後に急減した融資の残高を金融機関は計画的に増加させていると考えられる)。
 これに対して預金の残高は貸し出しを上回るペースで増加しており、その割合は量的緩和後に加速している。日銀が国債を買い取って供給した現金(金融機関保有分以外)が預金増加となって表面化している可能性が高い。

 内訳はともかく、マネーストックの増加が顕著になったということは、少なくともインフレ期待が以前より高まることを意味している。焦点は、インフレ期待が実質金利の引き下げ効果をもたらし、実際に設備投資が促進されるのかという、現実的な波及メカニズムに移りつつある。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

orando
仏オランド政権が政策を180度転換。企業優遇と福祉削減にとうとう舵を切った!

 富裕層や大企業に対する増税など、反企業的な公約を掲げて大統領に就任したフランス …

mof03
軽減税率の財源をめぐる議論が活発化。外為特会という埋蔵金活用プランも

 国会の論戦がスタートしたことで、消費税10%への引き上げに伴って導入される軽減 …

meti03
政府がM&A活性化で会計基準変更を示唆。だがこれは問題の本質ではない

 政府が企業のM&A(合併・買収)を活発化させるため、日本の会計基準を改 …

no image
英国でスタバ、Amazon、Googleの税金逃れが政治問題に。英国も劣化しているのか?

 米国に本社のあるグローバル企業、Amazon、スターバックス、Googleの3 …

shirakawae
安倍首相が日銀に4月までに物価目標の道筋を付けるよう要望。困った日銀はどうする?

 政府は24日、首相官邸で3回目となる経済財政諮問会議を開き、金融政策と物価に関 …

jutakugai
再来年に迫った相続税増税で住宅保有者は大慌て。だが今後も資産課税強化は続く

 2015年1月に迫った相続税の増税が住宅保有層における懸案事項になってきている …

facebookmobile
フェイスブックはスマホ広告が堅調で過去最高益。ただし北米依存の状況はあまり変わらず

 SNS最大手の米フェイスブックは2014年7月23日、2014年4~6月期の決 …

suntec
太陽光パネルの大手、サンテックが破産。もともと儲からないことは皆分かっていたハズ

 中国の太陽電池メーカー尚徳電力(サンテックパワー)が破産し、江蘇省の地元裁判所 …

robotfunuc
ロボットが普及すると仕事が減るはずでは?経産省の試算がイメージと逆な理由

 ロボットや人工知能(AI)が普及すると仕事がなくなってしまうというのが一般的な …

tosho002
日経平均2万円超え。その理由は?今後も株高は継続するのか?

 日経平均株価がとうとう2万円の大台を超えた。2015年4月10日の東京株式市場 …