ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

市中への資金供給量が過去最大。量的緩和は効果を上げてきているのか?

 

 日銀は7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)速報を発表した。代表的な指標であるM3は前年比3.0%の増加となり、7カ月連続で伸びが拡大した。3.0%という数字は旧マネーサプライ統計から現行のマネーストック統計に移管された2004年3月以降では最大である。

 マネーストックは金融機関から市中に提供されるマネーの総量のことを指している。つまり実際に世の中に出回っているマネーの量ということになる。これに対して日銀が金融機関に提供しているマネーの量はマネタリーベースと呼ばれる。
 日銀による異次元の量的緩和策では、政策目標をマネタリーベースに設定しており、マネタリーベースを年間70兆円分増やすことを確約している。
 だが日銀が国債を大量に買い取り、その代金を当座預金に振り込んだとしても、金融機関がそのお金を市中に提供しなければ、マネタリーベースは増えてもマネーストックの量は増えない。

 実態経済に直接影響を及ぼすのは、現実に市中に出回るお金なので、量的緩和策が効果を上げているのかは最終的にはマネーストックの数値を見ていく必要がある。マネーストックの伸びが過去最大であったことは、量的緩和策がとりあえずマネーの量を増やす効果をもたらしていることを示している。

 だがその内容は十分なものとはいえない。マネーストックが増加したのは、金融機関が貸し出しを増加させたことが主な要因といわれているが、必ずしもそうではない。金融機関の貸し出し増加は、2011年頃から継続しており、今に始まったことではないからだ(リーマンショック後に急減した融資の残高を金融機関は計画的に増加させていると考えられる)。
 これに対して預金の残高は貸し出しを上回るペースで増加しており、その割合は量的緩和後に加速している。日銀が国債を買い取って供給した現金(金融機関保有分以外)が預金増加となって表面化している可能性が高い。

 内訳はともかく、マネーストックの増加が顕著になったということは、少なくともインフレ期待が以前より高まることを意味している。焦点は、インフレ期待が実質金利の引き下げ効果をもたらし、実際に設備投資が促進されるのかという、現実的な波及メカニズムに移りつつある。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

shalegasrig
米国のシェールガスブームに我慢できず、とうとうドイツが抜け駆け参戦

 米国におけるシェールガス革命の進展で窮地に立たされている欧州において、とうとう …

chinajojohaisi
中国で中央政府直系の国有企業初が初の上場廃止

 中国の上海証券取引所に上場していた中国の国有企業「中国長江航運集団南京油運」が …

amari
注目の4~6月期GDPは実質で2.6%。改定値もこの水準であれば消費税増税?

 内閣府は8月12日、2013年4~6月期の国内総生産(GDP)一次速報値を発表 …

banankieren
米FRBが量的緩和縮小を決定。今回の決定が100点満点である理由

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2013年12月18日、FOMC(連邦公開市場 …

okane
キプロスの預金没収で脳裏によぎったのは、日本における「預金封鎖」と「財産税」

 ユーロ圏がキプロスに対して行った銀行預金に対する最大約10%の課徴金徴収につい …

mof02
財務省が物価連動国債を個人にも解禁。足元では金利低下が続いているが・・

 財務省は2014年5月13日、物価連動国債の個人保有を2015年1月から解禁す …

abeusa
日本を米国並みのベンチャー大国にするという首相の驚愕発言がもたらすリスク

 訪米中の安倍首相が米国人を前に大胆な発言を連発している。9月25日、ニューヨー …

oecd02
OECDの世界経済見通し。日本は好調だが10兆円の景気対策による影響が大きいと指摘

 経済協力開発機構(OECD)は5月29日、2013年の世界経済見通しを発表した …

tokkyosingikai
社員の発明をめぐり、今度は一転して企業帰属の方向性で議論が進む

 政府は、企業の従業員が発明した特許について、これまでとは反対に、原則として企業 …

kanshasaisale
世界各国で年末商戦が本格スタート。より顕著となったネットへのシフト

 世界各国で年末商戦が本格的なスタートを切った。とりわけ米国の感謝祭セールの動向 …