ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

市中への資金供給量が過去最大。量的緩和は効果を上げてきているのか?

 

 日銀は7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)速報を発表した。代表的な指標であるM3は前年比3.0%の増加となり、7カ月連続で伸びが拡大した。3.0%という数字は旧マネーサプライ統計から現行のマネーストック統計に移管された2004年3月以降では最大である。

 マネーストックは金融機関から市中に提供されるマネーの総量のことを指している。つまり実際に世の中に出回っているマネーの量ということになる。これに対して日銀が金融機関に提供しているマネーの量はマネタリーベースと呼ばれる。
 日銀による異次元の量的緩和策では、政策目標をマネタリーベースに設定しており、マネタリーベースを年間70兆円分増やすことを確約している。
 だが日銀が国債を大量に買い取り、その代金を当座預金に振り込んだとしても、金融機関がそのお金を市中に提供しなければ、マネタリーベースは増えてもマネーストックの量は増えない。

 実態経済に直接影響を及ぼすのは、現実に市中に出回るお金なので、量的緩和策が効果を上げているのかは最終的にはマネーストックの数値を見ていく必要がある。マネーストックの伸びが過去最大であったことは、量的緩和策がとりあえずマネーの量を増やす効果をもたらしていることを示している。

 だがその内容は十分なものとはいえない。マネーストックが増加したのは、金融機関が貸し出しを増加させたことが主な要因といわれているが、必ずしもそうではない。金融機関の貸し出し増加は、2011年頃から継続しており、今に始まったことではないからだ(リーマンショック後に急減した融資の残高を金融機関は計画的に増加させていると考えられる)。
 これに対して預金の残高は貸し出しを上回るペースで増加しており、その割合は量的緩和後に加速している。日銀が国債を買い取って供給した現金(金融機関保有分以外)が預金増加となって表面化している可能性が高い。

 内訳はともかく、マネーストックの増加が顕著になったということは、少なくともインフレ期待が以前より高まることを意味している。焦点は、インフレ期待が実質金利の引き下げ効果をもたらし、実際に設備投資が促進されるのかという、現実的な波及メカニズムに移りつつある。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

super01
日本の伝統工芸品も値上げ?インフレ経済はこうして始まっていく

 本格的な円安が始まってから1年が経過した。当初は灯油や衣類など、輸入品を中心と …

jdiishikawa
有機ELで日本勢は総崩れ?シャープが突然、ジャパンディスプレイとの連携を呼びかけ

 次世代のディスプレイ技術である有機ELの開発をめぐって国内液晶メーカーが迷走し …

kozeni
消費税の軽減税率導入が決定。どの商品を対象とするのかは巨大な政治利権に

 自民・公明の両党は11日、消費税増税に伴う低所得者への対策として、生活必需品の …

kokusaishusi201302
2月の経常収支は黒字転換したが、大きな流れは変わっていない

 財務省は4月8日、2月の国際収支を発表した。貿易収支は6770億円の赤字だが、 …

marines
日本の軍事費は世界第5位に。だが自衛隊の「質」はどの程度なのか?

 スウェーデンのシンクタンク・ストックホルム国際平和研究所は4月15日、世界の軍 …

sbtakasago
再生可能エネ普及策が頓挫?誰も責任を負わない中途半端な政策のツケ

 再生可能エネルギーの普及策が暗礁に乗り上げようとしている。電力各社は、再生可能 …

nichigin04
日銀が国債保有シェア1位に。株も公的年金による事実上の政府保有が進む

 日銀による国債保有割合の増加が顕著になっている。日銀が6月18日に発表した資金 …

karyoku
政府が温暖化ガス26%削減という野心的な目標を設定。ただし老朽原発再稼働と省エネ徹底が大前提

 政府は2015年6月2日、2030年までに温暖化ガスの排出量を2013年比で2 …

doragi02
欧州の長期金利上昇が日本にも波及。日銀に残された時間は少ない

 欧州の長期金利が上昇している。ECB(欧州中央銀行)が量的緩和策の縮小を検討し …

ge
米国の製造業回帰が効果を上げ始めた。だが一方でその波に乗れない人も

 中国から製造拠点を米国に戻す試みが成果を上げ始めている。米ゼネラル・エレクトリ …