ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

市中への資金供給量が過去最大。量的緩和は効果を上げてきているのか?

 

 日銀は7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)速報を発表した。代表的な指標であるM3は前年比3.0%の増加となり、7カ月連続で伸びが拡大した。3.0%という数字は旧マネーサプライ統計から現行のマネーストック統計に移管された2004年3月以降では最大である。

 マネーストックは金融機関から市中に提供されるマネーの総量のことを指している。つまり実際に世の中に出回っているマネーの量ということになる。これに対して日銀が金融機関に提供しているマネーの量はマネタリーベースと呼ばれる。
 日銀による異次元の量的緩和策では、政策目標をマネタリーベースに設定しており、マネタリーベースを年間70兆円分増やすことを確約している。
 だが日銀が国債を大量に買い取り、その代金を当座預金に振り込んだとしても、金融機関がそのお金を市中に提供しなければ、マネタリーベースは増えてもマネーストックの量は増えない。

 実態経済に直接影響を及ぼすのは、現実に市中に出回るお金なので、量的緩和策が効果を上げているのかは最終的にはマネーストックの数値を見ていく必要がある。マネーストックの伸びが過去最大であったことは、量的緩和策がとりあえずマネーの量を増やす効果をもたらしていることを示している。

 だがその内容は十分なものとはいえない。マネーストックが増加したのは、金融機関が貸し出しを増加させたことが主な要因といわれているが、必ずしもそうではない。金融機関の貸し出し増加は、2011年頃から継続しており、今に始まったことではないからだ(リーマンショック後に急減した融資の残高を金融機関は計画的に増加させていると考えられる)。
 これに対して預金の残高は貸し出しを上回るペースで増加しており、その割合は量的緩和後に加速している。日銀が国債を買い取って供給した現金(金融機関保有分以外)が預金増加となって表面化している可能性が高い。

 内訳はともかく、マネーストックの増加が顕著になったということは、少なくともインフレ期待が以前より高まることを意味している。焦点は、インフレ期待が実質金利の引き下げ効果をもたらし、実際に設備投資が促進されるのかという、現実的な波及メカニズムに移りつつある。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

sharp
シャープがまさの赤字転落。だがこの事態は昨年からすでに予想されていた

 業績回復のメドが立ったと思われていたシャープに再び暗雲が漂っている。2015年 …

kinkakaku
金価格が急落。ドルの復権で金は再び表舞台から姿を消す運命なのか?

 これまで長期にわたって上昇が続いてきた金相場が変調している。15日のニューヨー …

dendokogu
法人向けアマゾンビジネスの最終目標はアスクルではなくモノタロウ?

 これまで個人の利用者を主なターゲットとしてきたアマゾンが、いよいよ法人向けのサ …

ichimanen
家計の貯蓄が減っているのに、国債の消化がこれまで問題なく行われてきたワケ

 日銀は2013年12月19日、7~9月期の資金循環統計を発表した。9月末時点で …

imf201404
米国依存が鮮明になったIMFの最新世界経済見通し。日欧の量的緩和策が次の焦点に

 IMF(国際通貨基金)は2014年4月8日、最新の世界経済見通しを発表した。2 …

kokusaishushi201303
日本の経常収支。マスコミ報道では「黒字激減」だが、足元の状況は少し異なる

 財務省は5月10日、3月の国際収支を発表した。貿易収支は2194億円の赤字だが …

girishagikai
ギリシャが事実上、旧通貨発行と同じ効果を持つ約束手形の発行に追い込まれる?

 ドイツのショイブレ財務相は、欧州メディアのインタビュー記事において、ギリシャが …

simsriron
とうとう出てきた悪魔の囁き。財政拡張で脱デフレを実現するという新経済理論

 金融緩和だけではなく、財政出動によって物価目標を達成すべきという、事実上のヘリ …

bydcar
中国の自動車産業が大躍進。日米水準に近づくのも時間の問題か?

 中国の自動車メーカーが急速に技術力を高めている。政府が直接経営に関与する国営メ …

globalmoney
国際的課税逃れへの包囲網が強まる。だがグローバル企業への規制が難しい本当の理由

 国境を越えた税金逃れに対する包囲網が急速に整えられつつある。欧州連合(EU)は …