ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFが最新の世界経済見通しを発表。日本は大型公共事業の効果で主要国トップの成長率

 

 国際通貨基金(IMF)は7月9日、最新の世界経済見通しを発表した。全世界の2013年の実質GDP成長率は前回予想(4月)から0.2ポイント引き下げ3.1%とした。主要国は軒並み前回予想から引き下げとなっている中、日本は0.5ポイントの上方修正となった。欧州の景気低迷と中国の失速で世界経済が鈍化する中、公共事業の増大によって日本だけが成長を維持している構図が鮮明となっている。

 主要国のうち米国だけは下方修正とはなっているものの、堅調な推移が続いている。2013年の予想GDP成長率は1.7%で日本以外の主要国ではもっとも高い。
 欧州ではこれまで経済の優等生だったドイツが0.3ポイントの下方修正となり、2013年は0.9%の成長にとどまる見込み。一方ドイツとの差が開く一方だったフランスはマイナス0.1ポイントの下方修正にとどまり、結果としてドイツの相対的な差が縮まった。
 英国は0.9%のプラス成長とまずまずな状況。中国については、0.3ポイント下方修正し、7.8%成長とした。中国政府は7.5%程度の成長を目標として掲げているが、IMFではこの目標を達成可能とみていることになる。

 主要国で突出しているのが日本である。日本は4月の予想から0.5ポイントの上方修正となり、2013年は2.0%のプラス成長となる見込み。上方修正の主な理由は公共事業の大幅な拡大である。今年1月に成立した2012年度補正予算(総事業費20兆円、政府支出10兆円の緊急経済対策)の効果が数字に反映された(本誌記事「IMFが日本との協議を終了。アベノミクスを評価するも、構造改革とセットにすべきと指摘」参照)。
 公共事業は予算が立てられてから実際に執行されるまでにタイムラグがある。1月に決定した公共事業の増加は、4月以降になってようやく建設業界への受注額増加という形で顕在化してきている。今年いっぱいは公共事業の効果が続くが、来年度以降はこの効果が消滅する。IMFでは2014年の日本の成長率は1.2%に減速すると見込んでいる。

 世界経済が失速する中、期せずして日本が世界経済の機関車役となっているが、この状態は一時的なものに過ぎない。
 欧州は債務危機発生以後、一貫して緊縮財政を進めているほか、米国は大規模な財政再建をスタートさせている。中国は政府支出の一律5%強制削減を決めたばかりだ。日本だけが、国債を大規模に発行して、大型の公共事業を行っている。日銀が量的緩和で国債を買い入れているとはいえ、大型の財政支出は当然、持続可能なものではない。

 IMFでは2014年には世界景気は持ち直すとの見方を今のところ崩していない。日本にとっては公共事業の効果が終了する来年以降、世界経済拡大の波に乗れるのかが重要なポイントとなる。

 - 経済 , ,

  関連記事

kokkaigijido
自民党内で大型補正予算論が台頭。税収は見積もりを下回っており国債増発は必至

 英国のEU離脱を受け、与党内で大型の景気対策を求める声が高まっている。中には2 …

IMF201607
IMFが世界経済の最新見通し。英国離脱も意外と景気は底堅い?

 IMF(国際通貨基金)は2016年7月19日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

katsuejiro
10年の1度の財務省大物次官である勝栄二郎氏がネット企業に再就職?

 財務省の勝栄二郎前事務次官がインターネット・プロバイダー大手の「インターネット …

nissan
自動車業界が大変動。ルノー・日産連合が上半期で世界トップに

 今年上半期の自動車販売で仏ルノー・日産連合が世界首位となった。自動車市場はそろ …

mof03
消費税10%に向けて動き出した財務省。増税の判断基準が7~9月期GDPである理由

 昨年末に2014年度予算の政府案が閣議決定されたことで、財務省は消費税の10% …

frbpauerugicho
FRB次期議長は予想通りパウエル氏。現行路線の踏襲に規制緩和が加わって株高に?

 FRB(連邦準備制度理事会)の次期議長にジェローム・パウエルFRB理事が指名さ …

linewave
IT各社が相次いで会話型AIの年内投入を表明。情報の流れが大きく変わる可能性も

 IT各社が、話しかけるだけで機器を操作できたり、各種のサービスを受けられる対話 …

bukkajoushou
11月の消費者物価指数はいよいよ1%台に突入。インフレ転換はほぼ確実

 総務省は2013年12月27日、11月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標 …

tosho
金融庁で企業統治改革の検討が始まる。本当に日本人はガバナンス強化を望むのか?

 上場企業の企業統治(コーポレートガバナンス)に関する具体策を検討する有識者会議 …

leekanyunamida
シンガポール「建国の父」リー・クアンユー死去。独立当初は、絶望感で涙を流した?

 シンガポール建国の父と呼ばれるリー・クアンユー元首相が2015年月23日、同国 …