ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

設備投資の先行指標にちょっとした異変。設備投資復活か単なるブレか?

 

 アベノミクスにおける最大の懸念材料の一つであった企業の設備投資に変化の兆候が見え始めている。設備投資の先行指標といわれる機械受注統計が良好な数値を示しており、市場では設備投資に対する期待が高まってきている。
 だが設備投資を積極的に行っているのは製造業ではなく、数値のブレが大きい非製造業である。製造業から非製造業へ産業構造の転換が進んでいるのか、単なる数値のブレなのか、市場関係者の見方は分かれている。

 内閣府が7月11日に発表した5月の機械受注統計では、民間設備投資の先行指標といわれる「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)が前月比10.5%のプラスとなった。
 同指標は3月に14.2%の大幅増となり設備投資回復に期待が持たれたが、4月には一転して8.8%のマイナスに転落していた。だが5月に再び大幅なプラスとなったことで、市場では楽観的な見方が支配的になってきている。

 機械受注の統計はこれまで数値が大きくブレることはあまりなかった。指標の動きは製造業の受注動向に大きく左右されるのだが、製造業の受注は非製造業に比べて安定的に推移してきたからである。これに対して非製造業の受注は指標への影響は小さいものの、時期ごとのブレが大きいという特徴がある。

 最近では、製造業の動向で指標の数値が決まるというこれまでの傾向に変化が見られるようになってきた。指標の動きが非製造業の受注動向と強く連動するようになってきたのである。
 5月の受注では、金融機関や運輸関連企業からの受注が2倍近くに増加し、全体の数字を押し上げた。4月の下落や3月の上昇も非製造業からの受注動向が大きく影響している。

 これは二通りの解釈ができる。全体として設備投資が改善する傾向にあるが、その主役が製造業から非製造業に移っているというもの。もうひとつはもともとブレの大きい非製造業の設備投資が今回、たまたま増加しているだけというものである。内閣府では「機械受注は、緩やかな持ち直しの動きがみられる」との表現を据え置いてる。

 7月11日の日銀の金融政策決定会合では、景気判断について前月の「持ち直している」から「緩やかに回復しつつある」に上方修正した。「回復」の文言が盛り込まれたのは2011年1月以来のことである。一方、設備投資については「持ち直しに向かう動きも見られる」との表現にとどめた。
 秋には、いよいよ景気判断に基づいて消費税増税を実施するのか決断することになる。設備投資の解釈をめぐって、しばらくは神経質な展開が続きそうである。

 - 経済 , , ,

  関連記事

machikado
景気の現状分析。アベノミクスは個人消費を刺激しているが、製造業は依然厳しい状況

 アベノミクスによる株高で日本経済に対する期待感が広がっているが、足元の景気の実 …

sonyenergy
もはやゴミ箱?産業革新機構が今度は爆発事故の前歴があるソニーの電池事業を救済

 ソ ニーが政府系ファンドの産業革新機構と電池事業の売却交渉に入った。22日の日 …

no image
Facebook経営陣が株を売らないことを無理やり約束させられた件

 Facebookのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が、保有する同社株を少 …

mujinheli
欧州でヘリの自動操縦デモを実施。飛行機やバスの無人化はもうすぐそこまで来ている

 欧州のヘリコプター・メーカーであるユーロヘリコプターは4月12日、完全に無人で …

hanedanarita
羽田・成田の地下鉄建設に年金と生保資金を活用。本当に大丈夫なのか?

 国土交通省は2020年代の開業を目指している羽田・成田を結ぶ地下鉄路線の建設に …

pinkcrown
ピンク色のクラウンでも覆い隠せない、トヨタが抱えるブランド戦略上の苦悩

 トヨタが昨年12月に発表したピンク色の新型クラウンが話題となっている。堅物のイ …

no image
維新の会の経済政策が徐々に明らかに。大阪はこうなる!

 次期衆院選の準備を進める大阪維新の会の経済政策がその姿を見せつつある。  Ne …

no image
資産家夫婦殺害事件とJASDAQ粉飾疑惑企業を結びつける点と線

 スイス在住で日本に一時帰国していた資産家夫婦が行方不明になっている事件で、2人 …

no image
経済界の言い分に騙されるな!中国ビジネスは尖閣より前に大失速している

 領有権問題の長期化を懸念する声が経済界を中心に高まっている。 経団連の米倉会長 …

naiburyuuho
希望の党のトンデモ公約で、再び企業の内部留保が注目の的に

 企業の内部留保の問題に再び焦点が当たっている。日本企業が多くの現預金を活用でき …