ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

設備投資の先行指標にちょっとした異変。設備投資復活か単なるブレか?

 

 アベノミクスにおける最大の懸念材料の一つであった企業の設備投資に変化の兆候が見え始めている。設備投資の先行指標といわれる機械受注統計が良好な数値を示しており、市場では設備投資に対する期待が高まってきている。
 だが設備投資を積極的に行っているのは製造業ではなく、数値のブレが大きい非製造業である。製造業から非製造業へ産業構造の転換が進んでいるのか、単なる数値のブレなのか、市場関係者の見方は分かれている。

 内閣府が7月11日に発表した5月の機械受注統計では、民間設備投資の先行指標といわれる「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)が前月比10.5%のプラスとなった。
 同指標は3月に14.2%の大幅増となり設備投資回復に期待が持たれたが、4月には一転して8.8%のマイナスに転落していた。だが5月に再び大幅なプラスとなったことで、市場では楽観的な見方が支配的になってきている。

 機械受注の統計はこれまで数値が大きくブレることはあまりなかった。指標の動きは製造業の受注動向に大きく左右されるのだが、製造業の受注は非製造業に比べて安定的に推移してきたからである。これに対して非製造業の受注は指標への影響は小さいものの、時期ごとのブレが大きいという特徴がある。

 最近では、製造業の動向で指標の数値が決まるというこれまでの傾向に変化が見られるようになってきた。指標の動きが非製造業の受注動向と強く連動するようになってきたのである。
 5月の受注では、金融機関や運輸関連企業からの受注が2倍近くに増加し、全体の数字を押し上げた。4月の下落や3月の上昇も非製造業からの受注動向が大きく影響している。

 これは二通りの解釈ができる。全体として設備投資が改善する傾向にあるが、その主役が製造業から非製造業に移っているというもの。もうひとつはもともとブレの大きい非製造業の設備投資が今回、たまたま増加しているだけというものである。内閣府では「機械受注は、緩やかな持ち直しの動きがみられる」との表現を据え置いてる。

 7月11日の日銀の金融政策決定会合では、景気判断について前月の「持ち直している」から「緩やかに回復しつつある」に上方修正した。「回復」の文言が盛り込まれたのは2011年1月以来のことである。一方、設備投資については「持ち直しに向かう動きも見られる」との表現にとどめた。
 秋には、いよいよ景気判断に基づいて消費税増税を実施するのか決断することになる。設備投資の解釈をめぐって、しばらくは神経質な展開が続きそうである。

 - 経済 , , ,

  関連記事

okane
キプロスの預金没収で脳裏によぎったのは、日本における「預金封鎖」と「財産税」

 ユーロ圏がキプロスに対して行った銀行預金に対する最大約10%の課徴金徴収につい …

yahootumblr
米ヤフーがSNS+ブログの新興企業タンブラーを買収。ただ両社の融合には疑問符も

 米ヤフーは、ブログとSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を手掛ける …

mitsubishi20160421
三菱グループは大丈夫?自動車は3度目の不正隠し、重工では納入延期と連続火災

 三菱自動車は2016年4月20日、同社の軽自動車において燃費データを改ざんして …

ginkoyusi
とうとうマイナスに転じた都市銀の貸し出し。アベノミクスは逆回転を開始?

 大手銀行の貸し出しが45カ月ぶりに減少に転じた。日銀が大量に資金を供給している …

yahoo
ヤフーがメール「覗き見」広告をスタート。インテリジェンス関係者の間で密かな話題に!

 ヤフージャパンがいよいよ電子メールの内容解析を使った広告戦略を本格展開する。こ …

tosho02
アベノミクスによる株高で世帯貯蓄額が大幅増加。ただし恩恵は富裕層のみ

 総務省は2014年5月16日、2013年の家計調査報告(二人以上の世帯)を発表 …

no image
機械受注は15.7%の大幅マイナス。ただ長期トレンドは今後の数値を見極める必要あり

 内閣府は2014年2月12日、2013年12月の機械受注統計を発表した。主要指 …

piketishasin
日本の所得上位1%が年収1300万円という識者の指摘は本当か?

 ピケティ・ブームが続く中、日本の所得上位1%は1300万円からという数字がネッ …

g20wasinton
G20が閉幕。隠れた主要議題アジアインフラ投資銀行については言及なし

 日米欧と新興国の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2015年4 …

shokutaku
家計のエンゲル係数上昇がより顕著に。トランプ経済は日本にとって最後のチャンス?

 家計のエンゲル係数の上昇が顕著となっている。エンゲル係数の上昇には様々な要因が …