ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

欧州で再び年金制度改革が議論に。日本がのんびりしているのは外圧がないから?

 

 債務問題を抱える欧州で年金制度を見直す動きが再び活発になってきている。フランス政府の年金制度に関する専門家委員会は6月14日、年金保険料の納付期間延長などを柱とする改革プランを盛り込んだ報告書を政府に提出した。エロー首相は秋までに具体的な法案としてまとめる方針だが、紆余曲折が予想されている。

 フランスではサルコジ前大統領が年金制度改革を断行。労組が2カ月間のストライキを実施するなど激論の末、年金支給開始年齢を60歳から62歳に引き上げる法案を2010年に可決した。
 だがその後、欧州の債務問題が深刻化してきたことから、はやくも制度の維持が不可能になり、EU(欧州連合)の執行機関である欧州委員会はフランスに対して再度年金制度を改革するよう求めていた。

 新しい改革案では、現行では41.5年となっている満額支給の条件を満たす加入期間を、43年から44年に延長する。また公務員の年金についても支給額の算出方法を見直すという。

 財政危機が深刻なイタリアでは、さらに大胆な年金制度改革が実施されている。60歳だった受給開始年齢はすでに66歳に引き上げられており、2022年には67歳に、2026年には68歳まで引き上げられる予定。物価上昇に伴って支給額を増額させる物価スライド制も廃止になった。

 日本の年金の受給開始年齢は2013年度から段階的に引き上げられ、2025年度には65歳になる。だがこの程度の開始年齢引き上げでは制度が破綻してしまうのは確実であり、政府内部では68歳程度まで引き上げる案も検討が始まっている。だが、実際に支給開始年齢の引き上げが始まっているイタリアに比べると、日本の危機感は薄い(本誌記事「年金運用益が過去最高。だが運用原資は毎年4兆円ずつ減少しているという事実」参照)。

 欧州が国民の反発を伴う年金制度改革に前向きなのは、債務危機という現実的なリスクや欧州委員会からの強いプレッシャーが存在しているからである。だが日本は外部から年金制度の改革を強制される環境にはなく、年金制度改革を積極的に取り上げるインセンティブは政府与党には存在しない。日本の財政問題が市場で問題視される時まで、抜本的な改革は先送りされる可能性が高い。

 - 政治, 社会 , , ,

  関連記事

businessman
政府が相次いで財界に賃上げを要請。賃上げで経済を回復させるコツとは?

 政府の産業界に対する賃上げ要求が強まっている。政府は12日、首相官邸で「デフレ …

no image
ルイヴィトンのオーナーが課税強化を嫌ってベルギー国籍を取得

 フランスの大富豪で「LVMH(ルイヴィトン・モエヘネシー)」会長のベルナール・ …

mandela
南アフリカ、反アパルトヘイト運動の英雄マンデラ元大統領の光と影

 南アフリカ政府は6月23日、入院中のネルソン・マンデラ元大統領(94)の容体が …

koureishasigoto
働く高齢者が1割を突破。だが一方で働かなくてよい人との格差は縮小せず

 働く高齢者の割合いが就労者全体の1割に達したことが総務省の労働力調査で明らかに …

kosokudoro02
高速道路無料化は永久に無理?高速3社が老朽化対策に10兆円必要との試算

 高速道路3社(東日本、中日本、西日本)は4月25日、高速道路の老朽化対策に関す …

houjinzei2014
法人減税をめぐって外形標準課税拡大の議論が政府税調でスタート

 法人税減税をめぐって、赤字法人への課税を強化するプランが浮上している。具体的に …

kuroda
日銀による国債の「大人買い」で、大量のマネーはどこへ向かう?

 日銀は4月4日、これまでとは規模感の異なる大胆な金融緩和策を打ち出したが、市場 …

josei02
女性登用目標値設定など、労働慣行に対する「上からの改革」が急ピッチで進行中

 日本の労働慣行に対する「上からの改革」が急ピッチで進められるようとしている。政 …

influ03
中国で鳥インフルエンザで2名が死亡。現段階で感染が拡大するかは不明

 中国政府は3月31日、これまで人への感染が確認されていなかった「H7N9型」鳥 …

saitengai2
崔天凱駐米中国大使が、尖閣問題で中国寄りの対応をするよう米国に要請

 尖閣諸島問題をめぐる小野寺防衛大臣の発言に対して、崔天凱駐米中国大使が強い口調 …