ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

欧州で再び年金制度改革が議論に。日本がのんびりしているのは外圧がないから?

 

 債務問題を抱える欧州で年金制度を見直す動きが再び活発になってきている。フランス政府の年金制度に関する専門家委員会は6月14日、年金保険料の納付期間延長などを柱とする改革プランを盛り込んだ報告書を政府に提出した。エロー首相は秋までに具体的な法案としてまとめる方針だが、紆余曲折が予想されている。

 フランスではサルコジ前大統領が年金制度改革を断行。労組が2カ月間のストライキを実施するなど激論の末、年金支給開始年齢を60歳から62歳に引き上げる法案を2010年に可決した。
 だがその後、欧州の債務問題が深刻化してきたことから、はやくも制度の維持が不可能になり、EU(欧州連合)の執行機関である欧州委員会はフランスに対して再度年金制度を改革するよう求めていた。

 新しい改革案では、現行では41.5年となっている満額支給の条件を満たす加入期間を、43年から44年に延長する。また公務員の年金についても支給額の算出方法を見直すという。

 財政危機が深刻なイタリアでは、さらに大胆な年金制度改革が実施されている。60歳だった受給開始年齢はすでに66歳に引き上げられており、2022年には67歳に、2026年には68歳まで引き上げられる予定。物価上昇に伴って支給額を増額させる物価スライド制も廃止になった。

 日本の年金の受給開始年齢は2013年度から段階的に引き上げられ、2025年度には65歳になる。だがこの程度の開始年齢引き上げでは制度が破綻してしまうのは確実であり、政府内部では68歳程度まで引き上げる案も検討が始まっている。だが、実際に支給開始年齢の引き上げが始まっているイタリアに比べると、日本の危機感は薄い(本誌記事「年金運用益が過去最高。だが運用原資は毎年4兆円ずつ減少しているという事実」参照)。

 欧州が国民の反発を伴う年金制度改革に前向きなのは、債務危機という現実的なリスクや欧州委員会からの強いプレッシャーが存在しているからである。だが日本は外部から年金制度の改革を強制される環境にはなく、年金制度改革を積極的に取り上げるインセンティブは政府与党には存在しない。日本の財政問題が市場で問題視される時まで、抜本的な改革は先送りされる可能性が高い。

 - 政治, 社会 , , ,

  関連記事

chouju
社会的地位が高いと長寿?短命なスポーツ選手もメダリストは長生きとの研究結果

 英国の医学雑誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」に、オリンピックの歴代 …

ippankyosho
オバマ政権の関心は経済しかない。一般教書演説から占う米中関係と日米関係

 米国のオバマ大統領は2014年1月28日、米議会において一般教書演説を行った。 …

nougyouyushutu
日本の農作物輸出が過去最大。だが全体から見れば輸出はごくわずかという現実

 日本の農作物の輸出が徐々に増加している。農林水産省の調査によると、2013年に …

sendaig7
G7を前に日本は八方塞がりの状況。日銀は追加緩和すらままならない?

 G7(主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議)開催を前に、日本が八方塞がりの状況に …

Cambodia
最近のアジアへの移住ブーム。以前とはだいぶ様子が違ってきている

 アベノミクスが効果を上げてきていることから、日本の将来を楽観視する声も聞こえ始 …

no image
相次ぐ大手企業の経営危機によって、会社の所有権論争が事実上決着した

  東京電力による原発事故や、シャープやルネサスエレクトロニクスの巨額赤字など、 …

no image
自民総裁選、石破氏大健闘の背景には小泉進次郎あり

 自民党の総裁選で安倍元首相に敗れた石破茂前政調会長だが、地方からは圧倒的な支持 …

abe20140220
政府内部で法人税減税の議論が始まる。問題の本質は課税ベースの拡大にあり

 政府内部で法人減税に関する具体的検討が始まった。経済財政諮問会議2014年2月 …

hatoyama
宇宙人パワーも衰弱?鳩山元首相が絶体絶命の大ピンチ

 民主党執行部の方針に反対している鳩山元首相が崖っぷちに立たされている。  鳩山 …

no image
マッカートニーとオノヨーコが完全和解。今後のビートルズ事業が狙いか?

 ビートルズの元メンバーであるポール・マッカートニー氏がTVのインタビューで「ビ …