ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

欧州で再び年金制度改革が議論に。日本がのんびりしているのは外圧がないから?

 

 債務問題を抱える欧州で年金制度を見直す動きが再び活発になってきている。フランス政府の年金制度に関する専門家委員会は6月14日、年金保険料の納付期間延長などを柱とする改革プランを盛り込んだ報告書を政府に提出した。エロー首相は秋までに具体的な法案としてまとめる方針だが、紆余曲折が予想されている。

 フランスではサルコジ前大統領が年金制度改革を断行。労組が2カ月間のストライキを実施するなど激論の末、年金支給開始年齢を60歳から62歳に引き上げる法案を2010年に可決した。
 だがその後、欧州の債務問題が深刻化してきたことから、はやくも制度の維持が不可能になり、EU(欧州連合)の執行機関である欧州委員会はフランスに対して再度年金制度を改革するよう求めていた。

 新しい改革案では、現行では41.5年となっている満額支給の条件を満たす加入期間を、43年から44年に延長する。また公務員の年金についても支給額の算出方法を見直すという。

 財政危機が深刻なイタリアでは、さらに大胆な年金制度改革が実施されている。60歳だった受給開始年齢はすでに66歳に引き上げられており、2022年には67歳に、2026年には68歳まで引き上げられる予定。物価上昇に伴って支給額を増額させる物価スライド制も廃止になった。

 日本の年金の受給開始年齢は2013年度から段階的に引き上げられ、2025年度には65歳になる。だがこの程度の開始年齢引き上げでは制度が破綻してしまうのは確実であり、政府内部では68歳程度まで引き上げる案も検討が始まっている。だが、実際に支給開始年齢の引き上げが始まっているイタリアに比べると、日本の危機感は薄い(本誌記事「年金運用益が過去最高。だが運用原資は毎年4兆円ずつ減少しているという事実」参照)。

 欧州が国民の反発を伴う年金制度改革に前向きなのは、債務危機という現実的なリスクや欧州委員会からの強いプレッシャーが存在しているからである。だが日本は外部から年金制度の改革を強制される環境にはなく、年金制度改革を積極的に取り上げるインセンティブは政府与党には存在しない。日本の財政問題が市場で問題視される時まで、抜本的な改革は先送りされる可能性が高い。

 - 政治, 社会 , , ,

  関連記事

kaisatu
イマドキの新社会人の価値観は、実はバブル世代上司とそっくり

 人並みに働けば十分と考える新入社員が過去最高水準になったことが、日本生産性本部 …

todai
茂木健一郎氏のツイッター発言で偏差値論争が再燃。日本人が偏差値大好きな理由とは?

 脳科学者の茂木健一郎氏がツイッター上で、学力偏差値とそれを公表している大学受験 …

scotlandmap02
スコットランドの独立問題。果たして本当に国家分裂の危機だったのか?

 英国北部スコットランド独立の賛否を問う住民投票は、賛成が45%、反対が55%( …

jf001
アルジェリアの人質事件で露呈した政府専用機のお粗末。日本は保有する資格なし

 政府は、アルジェリアで起きた人質事件の検証作業を進める中で、政府専用機の運用制 …

trybol
スイスで経営者の高額報酬を制限する国民投票を実施。立役者の主張とは?

 企業幹部が受け取る高額報酬の制限をめぐってスイスで国民投票が実施される見込みと …

factoryline
全世界的に製造業が回復基調。9月の量的緩和縮小の可能性が高まる?

 全世界的に製造業の景況感が改善してきている。米供給管理協会(ISM)が発表した …

wakamono02
若者は1社での終身雇用を強く望んでいる。白書が示す若者の意識と政策のミスマッチ

 日本の雇用政策は、ライフスタイルや価値観の多様化に合わせて、柔軟な雇用形態を選 …

tenanmon
中国のPMIが低下するも、当局はハードランディング覚悟で対策は取らず

 中国国家統計局は7月1日、6月の製造業購買担当者景気指数(PMI)を発表した。 …

abetrump
安倍首相がトランプ氏にわざわざ中国企業の製品をプレゼントした政治的意味

 安倍首相とトランプ次期米大統領の会談で安倍首相がトランプ氏に贈った黄金のゴルフ …

jakaruta
ホンハイやエアアジアなどが相次いで進出。インドネシアは第二の中国に

 人件費の高騰や工場での暴動、領有権問題など、いわゆる中国リスクを避けるため、A …