ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

欧州で再び年金制度改革が議論に。日本がのんびりしているのは外圧がないから?

 

 債務問題を抱える欧州で年金制度を見直す動きが再び活発になってきている。フランス政府の年金制度に関する専門家委員会は6月14日、年金保険料の納付期間延長などを柱とする改革プランを盛り込んだ報告書を政府に提出した。エロー首相は秋までに具体的な法案としてまとめる方針だが、紆余曲折が予想されている。

 フランスではサルコジ前大統領が年金制度改革を断行。労組が2カ月間のストライキを実施するなど激論の末、年金支給開始年齢を60歳から62歳に引き上げる法案を2010年に可決した。
 だがその後、欧州の債務問題が深刻化してきたことから、はやくも制度の維持が不可能になり、EU(欧州連合)の執行機関である欧州委員会はフランスに対して再度年金制度を改革するよう求めていた。

 新しい改革案では、現行では41.5年となっている満額支給の条件を満たす加入期間を、43年から44年に延長する。また公務員の年金についても支給額の算出方法を見直すという。

 財政危機が深刻なイタリアでは、さらに大胆な年金制度改革が実施されている。60歳だった受給開始年齢はすでに66歳に引き上げられており、2022年には67歳に、2026年には68歳まで引き上げられる予定。物価上昇に伴って支給額を増額させる物価スライド制も廃止になった。

 日本の年金の受給開始年齢は2013年度から段階的に引き上げられ、2025年度には65歳になる。だがこの程度の開始年齢引き上げでは制度が破綻してしまうのは確実であり、政府内部では68歳程度まで引き上げる案も検討が始まっている。だが、実際に支給開始年齢の引き上げが始まっているイタリアに比べると、日本の危機感は薄い(本誌記事「年金運用益が過去最高。だが運用原資は毎年4兆円ずつ減少しているという事実」参照)。

 欧州が国民の反発を伴う年金制度改革に前向きなのは、債務危機という現実的なリスクや欧州委員会からの強いプレッシャーが存在しているからである。だが日本は外部から年金制度の改革を強制される環境にはなく、年金制度改革を積極的に取り上げるインセンティブは政府与党には存在しない。日本の財政問題が市場で問題視される時まで、抜本的な改革は先送りされる可能性が高い。

 - 政治, 社会 , , ,

  関連記事

ginkou
日本ではなぜ借金の個人保証がなくならないのか?

 民法の抜本改正を検討している法制審議会(法務大臣の諮問機関)が、中小企業融資に …

nichigin
黒田新総裁は実はインフレ課税を狙っている?刺激的な英経済紙のコラムが話題に

 日本のインフレ課税の可能性について指摘したエコノミスト誌のコラムが市場関係者の …

taiwanshobancho
10年以内に台湾問題を解決するとも取れる、習近平主席による注目発言の背景とは

 中国が台湾の統一工作に積極的に乗り出している。APEC(アジア太平洋経済協力会 …

uknuclear
英国の原発事業に中国が過半数の出資。日本の原発メーカーの戦略にも影響?

 英国と中国は10月17日、英国に建設する次世代原発の運営企業に中国が過半数の出 …

amazondrone
米国で無人機と旅客機がニアミス。無人機の認可方針にも影響か?

 米フロリダ州の空港近くで、旅客機に無人機が異常接近(ニアミス)するという事態が …

joumuiin02
完全保存版!中国共産党次期最高幹部7名の素顔と人物相関図

 中国の次期最高指導部である政治局常務委員7名が決定した。注目されていた胡錦濤グ …

no image
米国議会が日本は尖閣諸島の行政権のみを保有と表明。だが特に目新しい話ではない

 朝鮮日報が、日中が領有権を争う尖閣諸島について、米国が日本に対して領有権ではな …

amiteji
歴史認識問題について日本に自制を求めるアーミテージ氏の発言をどう解釈すべきか?

 米国のアーミテージ元国務副長官が東京都内で自民党幹部と会談し、歴史認識問題に関 …

mujinkikubo
米海軍が無人艦載機の空母からの発艦をデモ。軍隊のロボット化が急ピッチで進む

 米海軍は5月14日、無人機を空母から発艦させるデモンストレーションを実施した。 …

sagawajoshi
佐川急便の1万人主婦配送要員採用は、新しいサービスの入り口になる?

 佐川急便は今後2年間で1万人の主婦パートを採用する。少量の荷物を自宅周辺で配送 …