ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

FRBのバーナンキ議長が緩和縮小に慎重姿勢。だが本音はスケジュール通り?

 

 米FRB(連邦準備制度理事会)の量的緩和策縮小のタイミングをめぐって市場では神経質な展開が続いている。
 7月10日に公開された6月のFOMC(連邦公開市場委員会)議事録では、緩和縮小に関するコンセンサスは得られているものの、複数のメンバーが労働市場のさらなる改善が必要との見解を示していたことが明らかになった。また同日、FRBのバーナンキ議長は講演を行い、量的緩和策を当面は維持するスタンスを強調した。市場ではドルが売られ円高が進むとともに、ニューヨークの株式市場は上昇した。

 議事録によると、複数のメンバーが年内の緩和縮小を主張したが、残りのメンバーは労働市場の改善が見られるまで緩和策を続けるべきと主張していた。一方政策金利については、メンバー全員が当面は金利の引き上げを行わない点で一致した。
 米国景気が全体として順調に回復していることは、全員のコンセンサスとなっているようだが、足元の状況判断についてメンバー間で意見が分かれていることが明らかとなった。
 またバーナンキ議長はこの日講演を行い「現在のインフレ率と失業率を考えると、量的緩和を継続することが必要」と述べ、早期の緩和縮小に否定的な見解を示した。

 これを受けて為替市場ではドルが売られ、一時101円だったドルは98円台まで下落した。一方、株式市場は早期の緩和縮小観測が後退し、ダウ平均株価は15000ドル台を維持している。

 為替市場や株式市場がFOMCの議事録やバーナンキ議長の発言に敏感に反応したのは、6月の雇用統計が予想以上に好調で、市場では早期の緩和縮小が既定路線になりつつあったからだ。バーナンキ議長の思いのほか慎重な発言に、市場は多少動揺したといってよい(本誌記事「予想外に好調だった米雇用統計で、9月緩和縮小の声が高まる」参照)。

 もっとも市場関係者の多くは、バーナンキ議長の発言は心理的効果を狙ったもので、緩和縮小のスケジュールに大きな変更はないと見ている。これ以上、緩和策を続けることの弊害を多くのメンバーが意識し始めている。メンバー間の意見の相違はあくまでタイミングの問題であって、量的緩和の縮小そのものではないからだ。

 懸念材料は米国内よりもむしろ外部にある。量的緩和縮小がスタートすればドル高となり、中国をはじめとする新興国から資金が流出する可能性がある。中国経済は現在、非常に微妙な状況にあり、量的緩和策の縮小が、新興国の株価下落の引き金を引くような事態はFRBとしては避けたいところである。早ければ9月といわれる緩和縮小に向けて、新興国の経済状況をにらみながら、FRBと市場の間では当分の間、駆け引きが続くと予想される。

 - 経済 , , , , ,

  関連記事

monhiru
公的年金の損失5兆円は株価を考えれば妥当だが、本当にリスク運用でいいのか?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年7月2 …

tsutusmiseiji
日本社会の成熟化を夢見たセゾングループの創設者、堤清二氏が死去。

 実業家でセゾングループ創業者の堤清二(つつみ・せいじ)氏が11月25日、東京都 …

sharp
シャープがまさの赤字転落。だがこの事態は昨年からすでに予想されていた

 業績回復のメドが立ったと思われていたシャープに再び暗雲が漂っている。2015年 …

kaikotokku
解雇特区は雇用政策というよりも、ベンチャーや外資の優遇策である

 安倍政権は成長戦略の目玉の一つである解雇特区の導入に向けて本格的な検討を開始し …

no image
米国のネット通販に韓国からのアクセス制限がかかるワケ

 年末商戦真っ最中の米国において、韓国からのインターネット・アクセスが制限され、 …

euhonbu00
EUが中国製太陽光パネルに反ダンピング関税。保護主義への観測気球との見方も

 欧州連合(EU)の欧州委員会は5月8日、中国が欧州に太陽光パネルを不当に安く輸 …

MAC
マクドナルドが7年ぶり減益。だが原田マジック消滅との報道は過剰反応

 日本マクドナルドホールディングスは3月19日、株主総会を開催した。同社の201 …

chart01
米高官が円安を容認し、1ドル=94円台まで下落。円安が続くと多くの関係者が考えるワケ

 為替市場において円安の動きが加速している。週明け11日のニューヨーク市場の円相 …

sony
ソニーが業績見通しを大幅上方修正。だが実態は不動産の売却益

 ソニーは4月25日、2012年度(2012年4月~2013年3月)の業績見通し …

contena
経常収支が2ヶ月連続の赤字。とうとう日本が経常赤字国へ転落するサインか?

 財務省は2月8日、2012年の国際収支を発表した。それによると、経常収支は4兆 …