ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

FRBのバーナンキ議長が緩和縮小に慎重姿勢。だが本音はスケジュール通り?

 

 米FRB(連邦準備制度理事会)の量的緩和策縮小のタイミングをめぐって市場では神経質な展開が続いている。
 7月10日に公開された6月のFOMC(連邦公開市場委員会)議事録では、緩和縮小に関するコンセンサスは得られているものの、複数のメンバーが労働市場のさらなる改善が必要との見解を示していたことが明らかになった。また同日、FRBのバーナンキ議長は講演を行い、量的緩和策を当面は維持するスタンスを強調した。市場ではドルが売られ円高が進むとともに、ニューヨークの株式市場は上昇した。

 議事録によると、複数のメンバーが年内の緩和縮小を主張したが、残りのメンバーは労働市場の改善が見られるまで緩和策を続けるべきと主張していた。一方政策金利については、メンバー全員が当面は金利の引き上げを行わない点で一致した。
 米国景気が全体として順調に回復していることは、全員のコンセンサスとなっているようだが、足元の状況判断についてメンバー間で意見が分かれていることが明らかとなった。
 またバーナンキ議長はこの日講演を行い「現在のインフレ率と失業率を考えると、量的緩和を継続することが必要」と述べ、早期の緩和縮小に否定的な見解を示した。

 これを受けて為替市場ではドルが売られ、一時101円だったドルは98円台まで下落した。一方、株式市場は早期の緩和縮小観測が後退し、ダウ平均株価は15000ドル台を維持している。

 為替市場や株式市場がFOMCの議事録やバーナンキ議長の発言に敏感に反応したのは、6月の雇用統計が予想以上に好調で、市場では早期の緩和縮小が既定路線になりつつあったからだ。バーナンキ議長の思いのほか慎重な発言に、市場は多少動揺したといってよい(本誌記事「予想外に好調だった米雇用統計で、9月緩和縮小の声が高まる」参照)。

 もっとも市場関係者の多くは、バーナンキ議長の発言は心理的効果を狙ったもので、緩和縮小のスケジュールに大きな変更はないと見ている。これ以上、緩和策を続けることの弊害を多くのメンバーが意識し始めている。メンバー間の意見の相違はあくまでタイミングの問題であって、量的緩和の縮小そのものではないからだ。

 懸念材料は米国内よりもむしろ外部にある。量的緩和縮小がスタートすればドル高となり、中国をはじめとする新興国から資金が流出する可能性がある。中国経済は現在、非常に微妙な状況にあり、量的緩和策の縮小が、新興国の株価下落の引き金を引くような事態はFRBとしては避けたいところである。早ければ9月といわれる緩和縮小に向けて、新興国の経済状況をにらみながら、FRBと市場の間では当分の間、駆け引きが続くと予想される。

 - 経済 , , , , ,

  関連記事

eigyou
営業は「キャラ」が重要なので、AIが普及しても消滅しないというアンケート結果は本当か?

 AI時代になると多くの仕事が消滅するというのは、すでに社会の共通認識となりつつ …

facebookmobile
フェイスブックの3Q決算はまずまず。今後は成長投資の加速で経費は増大

 SNS最大手の米フェイスブックは2014年10月28日、2014年7~9月期の …

kuroda
日銀による国債の「大人買い」で、大量のマネーはどこへ向かう?

 日銀は4月4日、これまでとは規模感の異なる大胆な金融緩和策を打ち出したが、市場 …

ecb
失業率の悪化で国民の不満が爆発。欧州で緊縮策の一時棚上げが急浮上

 景気低迷と失業率の低下に歯止めがかからない欧州で、緊縮策を一時棚上げし、景気対 …

ichimanen
財政再建目標に債務GDP比を併記?その本当の狙いは公共事業

 政府の財政再建目標をめぐる議論が活発になっている。これまで国際公約として掲げて …

abccook
携帯電話登場から約30年。ドコモとソフトバンクの立場は180度変わってしまった

 NTTドコモとソフトバンクの戦略の違いが鮮明になってきている。2013年9月の …

no image
Facebook経営陣が株を売らないことを無理やり約束させられた件

 Facebookのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が、保有する同社株を少 …

bouekitoukei 201504
4月の貿易赤字は少額。ただ、為替が動き始めており状況は流動的

 財務省は2015年5月25日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

gosuto
佐村河内氏のゴースト問題がホリエモンに飛び火。出版業界は戦々恐々!

 聴覚障害を持つ作曲家として知られていた佐村河内守氏によるゴーストライター問題が …

bukkajoushou
企業による物価見通しは1.5%の上昇。給料アップが追い付かないのは確実

 日銀は2014年4月2日に発表した企業短期経済観測調査(短観)の中で、企業の物 …