ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

マイクロソフトが大規模な組織再編に着手。脱PCで伝統の事業部制を放棄

 

 米マイクロソフトは7月11日、これまでにない大規模な組織再編を行うと発表した。従来、Winodws部門、Xbox部門など、製品ごとに縦割りとなっていた組織を抜本的に見直し、OS部門、アプリケーション部門といったように、製品の機能区分ごとの組織にあらためる。新しいOS部門は、パソコン向けのOSからスマホ用のOS、さらにはクラウドサービスのOSまですべてを統括することになる。

 同社はこれまで製品ごとに独立した事業部制を採用してきており、日本でいえばかつてのパナソニック(松下電器産業)に近い組織形態であった。
 例えばゲーム機を開発している部門は、パソコン部門のことをまったく考えずに仕事を行ってきた。事業部制の利点は互いに利益を競わせることで全体の収益を拡大できる点にあるが、相互のシナジー効果を発揮できないというデメリットもある(かつてのパナソニックでは、別の事業部が同じような製品を開発し、顧客を奪い合う事態まで発生していた)。これまでのマイクロソフトは、パッケージ・ソフトという自己完結する形態での製品供給が主流だったことから、事業部制を導入するメリットの方が大きかったといえる。

 だが今回、同社が抜本的な組織再編に手を付けたのは、パッケージ・ソフトを開発販売するという同社の事業形態を根本的に見直そうとしているからである。新しい戦略では同社を「サービスとデバイスを提供する企業」と位置付けており、提供形態にはこだわらない姿勢を明確にしている。そうなってくると、同じ機能を持つソフトウェアであっても、ネット上で機能を時間貸しする形態とパッケージで販売する形態などに分かれてくる。さらに複数の提供形態を組み合わせたサービスも開発されてくる可能性が高く、販売形態ごとに別な組織にしてしまうとムダが多くなってしまう。

 マイクロソフトはパソコン向けソフトの分野では圧倒的な地位を築いてきたが、スマホやタブレット向けでは競合の米グーグルや米アップルに大きく遅れを取っている。パソコンの出荷台数減少が鮮明になる中、体制を一新してスマホやタブレットといった成長分野を強化する(本誌記事「パソコンが消滅する? Windows8が示すパソコン時代の静かな終焉」参照)。

 もっとも同社の足元の業績は業務用アプリケーションが売上げを伸ばしていることもあり堅調に推移している。昨年(2012年6月)の決算は売上高が約7兆4000億円、当期利益は1兆7000億円であった。今年もこれを上回る決算が予想されている。同社株の配当利回りは3%近くに達しているが、逆に言うと、かつての高成長企業のイメージではなくなってしまっている。

 当面、WindowsやOfficeといった定番商品のニーズは減少しないので、同社が抱えるリスクは今のところ少ない。体制の一新によって相対的に弱いスマホやタブレット分野が強化されれば、業績と株価にはプラスに作用する可能性が高いだろう。

 - 経済, IT・科学 , , , , , ,

  関連記事

sebunsuzu
物言う株主がセブンの世襲人事観測に警鐘。会社側は否定しているが・・・

 物言う株主として知られる米ヘッジファンド運営会社サード・ポイントが、セブン&ア …

rakutenmikitani
三木谷氏率いる新経連の動きが活発に。しかし早くも「老人化」の雰囲気がチラホラ

 楽天の三木谷社長率いる新しい経済団体である新経連が動きを活発化させている。20 …

eigokyoiku
バイリンガル国家マレーシアにおける最大の課題は何と英語力不足

 バイリンガル国家として知られるマレーシアにおいて、理数系科目の授業を英語で行う …

bananki
バーナンキ議長の議会証言。量的緩和縮小は既定路線になったと解釈すべき

 FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長は7月17日、米議会で証言を行った …

kyuryo
政府の賃上げ要請でも平均給与は上がらない?その理由は非製造業へのシフト

 政府は復興特別法人税の前倒し廃止といった企業減税を実施するにあたり、減税分が従 …

no image
シャープは初めての経験に右往左往。コンサルはやりたい放題

 シャープは現在、金融機関からの支援を獲得するために、リストラ案を策定している真 …

bydcar
中国の自動車産業が大躍進。日米水準に近づくのも時間の問題か?

 中国の自動車メーカーが急速に技術力を高めている。政府が直接経営に関与する国営メ …

microsoft02
マイクロソフトがノキアの携帯電話部門を買収。バルマーCEO最後の大仕事

 米マイクロソフトは9月2日、ノキア(フィンランド)の携帯電話事業を買収すると発 …

houjinzei2014
法人減税をめぐって外形標準課税拡大の議論が政府税調でスタート

 法人税減税をめぐって、赤字法人への課税を強化するプランが浮上している。具体的に …

putinkuremia
思いのほか苦境にあるロシア。今回の一連の外交はいわゆる「弱者の戦略」

 ロシアによるクリミア併合プロセスが着々と進んでいる。表面的には軍事力を前面に押 …