ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国経済の失速がさらに鮮明に。だが日の丸製造業の凋落が皮肉にも中国リスクを軽減?

 

 中国国家統計局は7月15日、4~6月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価の上昇分を除いた実質GDPは7.5%となり、7.7%だった1~3月期と比べて0.2ポイント低下した。上半期の実質GDPは7.6%となった。成長率の低下は2四半期連続で、中国経済の失速がより鮮明になった。

 中国では習近平政権に移行後、これまでのバブル的な経済運営の膿を出すことに政策の主軸が移っており、場合によってはハードランディングとなっても不良債権の処理を進める意向といわれる。
 習近平政権における経済成長の目標値は年7.5%程度であり、これは10%成長を続けてきた従来の中国からするとかなりの低成長ということになる。
 だが経済政策の司令塔である李克強首相は、7.0%程度までの失速はやむを得ないと判断しているとされ、秋以降にはもう一段、経済指標が悪化する可能性もある。

 中国経済がさらに失速した場合、日本からの輸出が減少するなどの影響が懸念される。だが皮肉なことに、日本における中国経済失速の影響は、他国に比べれば相対的に少ない可能性がある。すでに中国向けの輸出はかなり減少しているからである。

 中国向けの輸出額は2010年をピークに減少に転じている。このところの円安で多少金額ベースでは持ち直しているが、基本的に減少傾向は変わっていない。一方中国は、日本からの輸入を減らす代わりに、アジア域内からの輸入を大幅に拡大している。このことは、中国に拠点を置く製造業(日本メーカーを含む)が、割高な日本からの部品輸入をやめ、アジア域内での部品調達にシフトしていることを示している。

 中国は日本を抜いて世界第2位の経済大国だが、1人あたりのGDPは先進国の10分の1しかなく、成熟した消費市場が育っているわけではない。中国は最終消費地としてではなく、あくまで、中国で製品を組み立て、米国や欧州に輸出するための中継基地として繁栄してきた。
 これまで日本のメーカーは中国に工場を建設し、日本から基幹部品を輸出してコストの安い中国で組み立て、米国や欧州に再輸出していた。だがアジア各国の技術力が向上してきたことで、日本から部品を輸出する必要性が薄れてきたため、中国向けの輸出が減少していると考えられる。

 しかも日本企業における中国の消費市場向けの製品展開は、欧米企業と比べると完全に出遅れている。中国経済がハードランディングした場合の影響は、欧米企業の方がはるかに大きいだろう。もちろん、打撃を受ける欧米企業のあおりを受け、日本企業も危機とは無縁ではいられない。だが製造業の国際競争力が低下し、中国市場の開拓に出遅れていたことは、皮肉にも中国リスクに対する耐性として作用しそうである。

 - 経済 , , , , ,

  関連記事

abekaisan20141113
7~9月期のGDPは予想通り思わしくない可能性が大。増税スキップは政治判断へ

 11月17日に発表される7~9月期の実質GDPの数字が思わしくない可能性がさら …

keidanrenbiru
影響力低下が著しい経団連。天下国家論ではなく、特定業種の利益を代弁

 このところ経団連の影響力低下が著しい。かつては政界に絶大な影響力を行使し、経団 …

trumpgikai
トランプ大統領の議会演説は想定通りで市場には安心感。ただ減税額は調整が必要か?

 トランプ米大統領は2017年2月28日、米議会において初の演説を行った。総額1 …

businessman
日本経済に暗雲。1月の消費はさらにダウンし、生産見通しも悪化

 日本経済に暗雲が垂れ込めている。2015年10~12月期のGDP(国内総生産) …

monhiru
公的年金の損失5兆円は株価を考えれば妥当だが、本当にリスク運用でいいのか?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年7月2 …

nenkinportfo
公的年金の新ポートフォリオ、年間最大損失21兆円をどう見る?

 公的年金の運用が国債から株式にシフトしつつあるが、現在想定されているポートフォ …

zangyou
長時間労働の人ほど上司がそれを評価してくれていると考えている?

 長時間労働をする人ほど、残業について上司が評価してくれていると考える割合いが高 …

orando
仏オランド政権が政策を180度転換。企業優遇と福祉削減にとうとう舵を切った!

 富裕層や大企業に対する増税など、反企業的な公約を掲げて大統領に就任したフランス …

yasai
韓国で野菜の流通コスト高が政治問題に。だが日本はもっとひどいぞ!

 韓国の朴槿恵新政権の重要な政策課題の一つが、割高といわれる韓国の流通コストの改 …

baishuboueisaku
かつて導入された買収防衛策が次々と撤回。背景にあるのは株主のモノ言い

 かつて上場企業で導入が相次いだ買収防衛策について、撤回するケースが増えてきてい …