ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

子宮頸がんワクチンで有名なグラクソが、中国で大規模な贈賄事件

 

 中国の公安当局は7月15日、英国の大手製薬会社グラクソ・スミスクラインが、政府高官や医師に多額の賄賂を贈り、不正に薬価をつり上げていたと公表した。すでに先月末に同社の中国人社員4人を拘束しているという。

 公安当局によれば、同社は旅行代理店を通じて医師や政府高官に賄賂を贈っていたという。同社が医師などを招いた学術会議を各地で招集し、旅行代理店に経費を水増しして発注。旅行代理店は会議に参加した医師や政府高官に賄賂を配っていたという。
 こうした接待旅行と贈賄を専門に行うための実態のない旅行会社が多数設立されており、贈賄に使われた金額は過去5年間で数億ドルにのぼるといわれる。これは同社の売上げの2割にも達する金額だ。中国で販売される同社の薬の価格は原価の10倍を超えているという。

 同社は世界的な製薬会社の1社だが、このところ各地でトラブルを起こしている。同社の米国法人は2012年7月、抗うつ剤の処方をめぐって、当局が許可していない使用法を宣伝したり、糖尿病薬のデータを一部改ざんしていたとして合計2400億円の罰金を科されている。
 また2013年6月には、同社の子宮頸がんワクチンであるサーバリックスに重篤な副作用が報告されたとして、日本の厚生労働省が接種の呼びかけを一時中止する事態となっている(本誌記事「副作用続出で子宮頸がんワクチンの推奨中止へ。なぜ拙速にことは進められたか?」参照。

 新薬の開発には多額の投資が必要なだけでなく、失敗する可能性も高く製薬会社にとっては頭痛の種となっている。多額の投資を回収するため、製薬会社はひとたび開発に成功すると、その製品を強引に販売してしまいがちだ。
 製薬会社のこうした体質は以前から指摘されているが、患者の側にも新薬に対する強いニーズがあり、根本的な解決策は見いだされていない。特に中国は賄賂が横行する商習慣であることや、現代的な医療制度を導入してからあまり時間が経っていないこともあり、こうした事件が起こりやすい体質にあるといえる。

 - 社会, IT・科学 , , ,

  関連記事

kodomokyouiku
子供の貧困対策大綱が閣議決定。教育の機会均等は最優先課題という認識が必要

 政府は2014年8月29日、「子供の貧困対策大綱」を閣議決定した。近年、日本で …

hinomaru
愛国心に関する内閣府の調査。日本が豊かになると低下し、貧しくなると上昇する

 内閣府は3月30日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。この中で愛国心が …

keitairyoukin
迷走する携帯料金引き下げ問題。日本の劣化を示す象徴的な事例

 携帯料金の見直しに関する議論が激しさを増している。高市早苗総務大臣は、記者団に …

minogamofuji
美濃加茂市長の無罪判決に検察側が控訴。弁護側は憲法違反と批判

 名古屋地方検察庁は2015年3月18日、岐阜県美濃加茂市の藤井浩人市長を無罪と …

sozeikaihilist
国際的なジャーナリスト集団が、租税回避国活用企業リストを公表

 国際的な脱税や各国要人・富豪の海外隠し資産を追及している国際調査報道ジャーナリ …

pentagon
米国防総省が中国の技術開発を追跡するプロジェクトを開始。これが意味すること

 米国防総省は中国の技術開発が安全保障上の脅威になる可能性が高いとして、中国が開 …

no image
ソフトバンクによるTモバイル買収が白紙に。時間をかけて再度買収を画策か?

 ソフトバンクの子会社で米携帯電話3位のスプリントは、TモバイルUSの買収を断念 …

tanakamakiko00
ハチャメチャ田中文科相が期せずしてあぶり出した、腐敗した教育行政の闇

 田中真紀子文部科学相が、新設を申請していた3大学について突如不認可としたことで …

bitcoin
ビットコイン消失事件をきっかけに、規制強化の動きが高まっているが・・・

 仮想通貨ビットコインが大量消失した事件に関し、取引所運営会社社長が逮捕されたこ …

tusruga
敦賀原発の活断層の解釈をめぐって不服申請。活断層の解釈はもはや「言葉遊び」

 日本原子力発電(日本原電)は7月16日、原子力規制委員会に対して行政不服審査法 …