ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

子宮頸がんワクチンで有名なグラクソが、中国で大規模な贈賄事件

 

 中国の公安当局は7月15日、英国の大手製薬会社グラクソ・スミスクラインが、政府高官や医師に多額の賄賂を贈り、不正に薬価をつり上げていたと公表した。すでに先月末に同社の中国人社員4人を拘束しているという。

 公安当局によれば、同社は旅行代理店を通じて医師や政府高官に賄賂を贈っていたという。同社が医師などを招いた学術会議を各地で招集し、旅行代理店に経費を水増しして発注。旅行代理店は会議に参加した医師や政府高官に賄賂を配っていたという。
 こうした接待旅行と贈賄を専門に行うための実態のない旅行会社が多数設立されており、贈賄に使われた金額は過去5年間で数億ドルにのぼるといわれる。これは同社の売上げの2割にも達する金額だ。中国で販売される同社の薬の価格は原価の10倍を超えているという。

 同社は世界的な製薬会社の1社だが、このところ各地でトラブルを起こしている。同社の米国法人は2012年7月、抗うつ剤の処方をめぐって、当局が許可していない使用法を宣伝したり、糖尿病薬のデータを一部改ざんしていたとして合計2400億円の罰金を科されている。
 また2013年6月には、同社の子宮頸がんワクチンであるサーバリックスに重篤な副作用が報告されたとして、日本の厚生労働省が接種の呼びかけを一時中止する事態となっている(本誌記事「副作用続出で子宮頸がんワクチンの推奨中止へ。なぜ拙速にことは進められたか?」参照。

 新薬の開発には多額の投資が必要なだけでなく、失敗する可能性も高く製薬会社にとっては頭痛の種となっている。多額の投資を回収するため、製薬会社はひとたび開発に成功すると、その製品を強引に販売してしまいがちだ。
 製薬会社のこうした体質は以前から指摘されているが、患者の側にも新薬に対する強いニーズがあり、根本的な解決策は見いだされていない。特に中国は賄賂が横行する商習慣であることや、現代的な医療制度を導入してからあまり時間が経っていないこともあり、こうした事件が起こりやすい体質にあるといえる。

 - 社会, IT・科学 , , ,

  関連記事

bunkaku
中国で腐敗撲滅隊なる政治ショーが流行。だが「文革」を連想させる光景に不安の声も

 権力者の腐敗が社会問題化している中国で、腐敗撲滅隊と呼ばれる政治ショーがインタ …

shoushika2014
50年後も人口1億人の政府目標。課題は出生率の上昇だけではない

 政府の有識者委員会「選択する未来」は2014年5月13日、人口減少問題の解決を …

kaigosisetu
介護離職ゼロに向けて企業に残業免除を義務化。だが現実には機能しない?

 安倍政権が掲げる介護離職ゼロに向け、介護者の残業を免除する施策の検討が始まって …

apuruwochi
アップルウオッチの登場で金の価格形成メカニズムが変わる?

 米アップルは2015年3月9日、腕時計型のウェアラブル端末「アップルウオッチ」 …

whitecolorexe
残業代ゼロ政策の導入が現実味。職種限定だが、年収制限はなくなる可能性も

 労働時間に関わらず賃金を一定にする、いわゆる残業代ゼロ政策の導入が現実味を帯び …

netttoflikusu
動画配信サービスの最大手ネットフリックが日本上陸。他とはちょっと違うワケ

 米国の動画配信サービス大手「Netflix(ネットフリックス)」がとうとう日本 …

nsaberlin
米国の電話盗聴問題、徐々に具体的手法が明らかに。ドイツの場合は携帯の直接傍受

 米国の諜報機関による外国要人の盗聴問題に関して、徐々にではあるが盗聴の具体的な …

nsa
米上院がNSAの情報活動を大幅に制限する米国自由法を可決

 米上院は2015年6月2日、NSA(国家安全保障局)による個人情報の収集を認め …

virgin
英ヴァージン社が宇宙船のテスト飛行に成功。真の狙いは宇宙開発事業の請負?

 英ヴァージン・グループ傘下の宇宙旅行会社「ヴァージン・ギャラクティック」は4月 …

monka
発達障害に関する文部科学省の調査。なぜか被災地域は調査対象から除外

 文部科学省は5日、全国の小中学校に通う児童生徒のうち、人とコミュニケーションが …