ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

バーナンキ議長の議会証言。量的緩和縮小は既定路線になったと解釈すべき

 

 FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長は7月17日、米議会で証言を行った。全世界が注目している量的緩和の縮小時期については、年内に縮小を開始する可能性を示す一方で、失業率などが目標を下回った場合には、現在の緩和策を当面続ける方針をあらためて強調した。

 量的緩和の縮小をめぐっては、バーナンキ議長が早期の縮小開始を示唆したことから、米国の金利が急騰。ドル高が進み、新興国から資金が流出するなど、市場が混乱した。その後も、バーナンキ議長の真意をめぐって市場では憶測が飛び交い、不安定な状態が続いていた。
 今回の議会証言でバーナンキ議長は、米国経済は良好であり、量的緩和策は縮小する方向性にあるが、経済の状況次第では現在の政策を継続する可能性があるという、従来のFRBの立場を再確認するメッセージを発した。予定調和的な内容であり、市場は落ち着きを取り戻す可能性が高い。

 注目の量的緩和の縮小時期だが、9月に縮小を開始するのかどうかはともかく、秋に縮小を開始するとの見方は根強い。今回のバーナンキ議長の発言を額面通り受け取れば、4~6月期のGDPや来月以降の雇用統計の数字が良好であれば、9月もしくは10月に縮小を開始する可能性が高いということになる。

 欧州経済は低迷が続き、中国も景気失速が鮮明となっている。現在は米国だけが順調に回復軌道に乗っている状況だ。本来であれば、米国は順調な景気回復を背景に、量的緩和策の縮小に躊躇なく踏み切れるところだが、諸外国の状況がそれを許していない。米国が量的緩和の縮小に踏み切れば、中国をはじめとする新興国から米国にドルが逆流し、新興国市場が暴落する危険性がある。特に中国はシャドーバンキング問題もあり、非常に微妙な状況だ。

 今回の発言は、状況に応じて柔軟に対処するという意味で市場に安心感を与えるものではあったが、一方で米国の経済情勢さえ良好であれば、縮小を強行するという意図もあらためて示したといえる。
 米国経済は、リーマンショックという非常事態に対処するフェーズから、景気が持続的に拡大するという次のフェーズへの移行が始まっている。今後は金利上昇、ドル高、株高という長期的な流れが形成されてくる可能性が高い。今回の議会証言は、むしろこの大きな流れが既定路線になったことをあらためて確認するものであったと解釈すべきだろう。

 - 経済 , , , , , ,

  関連記事

sangyoukyousouryoku
残業代ゼロ政策の議論が復活。今度は一般社員への適用も検討?

 労働時間に関わらず賃金を一定にするホワイトカラーエグゼンプションが、再び議論の …

jrkyushu
JR九州の株式上場計画。政府支援の是非など、克服すべき課題が山積

 九州旅客鉄道(JR九州)が2016年度中の株式上場に向けて動き出した。だが、完 …

mof02
財務省が来年度、物価連動債の発行を倍増の予定。財務相は火消しに躍起

 将来的な金利の上昇が予想される中、物価連動債の発行増額が話題となっている。財務 …

harada
マック原田社長の事業会社社長退任が象徴する、日本経済の隔絶された環境

 日本マクドナルドホールディングスは8月27日取締役会を開催し、原田泳幸会長兼社 …

girishashusho
ギリシャ側が完全敗北。EUが主張する構造改革案をほぼ100%受け入れへ

 ギリシャの金融支援をめぐり、ギリシャ側が提出していた構造改革案についてEU(欧 …

orando04
中国叩きの一方で大統領自ら投資を呼び込み。フランスのちぐはぐな対応はまるで日本?

 フランスのオランド大統領は中国の実業家グループをエリゼ宮(大統領府)に招き、大 …

no image
もの作り革命の本「Makers」が早くも話題に。だがそれは日本の3回目の敗北を意味する

 『ロングテール』や『FREE』といったネットにおける新しいビジネスモデルをいち …

abe20130113
安倍首相が訪米を前にTPP参加を決断?。正式な表明は参院選前との説も

 安倍首相は、21日の訪米を前にTPP(環太平洋経済連携協定)に参加を表明する意 …

taburetokyoiku
アップルが米国の学校に5万台のiPadを無償提供する理由はプログラミング言語の普及

 アップルが利用者の裾野を広げる戦略を進めている。9月8日の新型iPhoneの発 …

timcook
株価暴落と現金退蔵問題にも関わらず、Appleの株主総会が平穏だったワケとは?

 大幅な株価の下落と12兆円にも達する現金の保有で市場の関心を集めていた米App …