ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

Googleもいずれ成長鈍化?第2四半期決算は好調だが、クリック単価の下落は止まらず

 

 イ ンターネット検索最大手の米グーグルは7月18日、2013年4~6月期の決算を発表した。売上高は前年同期比19%増の141億500万ドル(約1兆4161 億円)、純利益は同16%増の32億2800万ドル(約3241億円)となった。ネット広告事業は堅調な伸びを見せたが、ここ1~2年の懸案事項であった広告単価の下落は止まっていない。

 同社の売上拡大の主な要因はクリック数の増加である。広告のクリック数は前年同期比で24%も増加した。スマホやタブレットなどモバイル機器からの広告アクセスが増加していることが主な要因。
 だがクリック数の増加ほどに売上高が増えていないのは、広告のクリック単価が減少しているからである。
 同社のクリック単価は2011年4~6月期をピークに下落が続いており、今期のクリック単価は前年同月比で7%下落している。クリック数の増加をクリック単価の下落が相殺してしまっている。クリック単価は2年間では2割近く下がっている。

 モバイル経由の広告は単価が安い。ネット検索のビジネスでは独占的な地位を確保している同社にとって、この克服が最大の課題といえる。だが抜本的な対策はないというのが現実だ。
 スマホやタブレットの普及も一段落したことから、今後急激にクリック数が増加する可能性は低い。一方でPCからタブレットやスマホへの移行は継続することから、今後は売上の鈍化も懸念される。

 今のところ売上げの増加は継続しているので、純利益は前期(2013年1~3月期)に近い水準を維持している。だが今後、売上げが鈍化する事態になればコストを削減する以外に利益成長を継続する方法がなくなってくる。
 同社は現在、年間約7000億円という途方もない金額を研究開発に費やしており、これは同社の管理費の2倍近くに上る。同社の圧倒的な技術力やブランド力はこうした野心的なR&Dが支えているといってよい。
 もし売上の鈍化が始まり、コスト削減で利益成長を維持することになった場合、まず最初にこの経費が減少する可能性が高い。金額が大きいため、コスト削減余地は大きいが、長期的に見た場合の、同社のプレゼンスは低下する可能性がある。
 市場ではこうした先行きが懸念され、決算発表後の18日の時間外取引で株価は一時5%以上も下落した。他社から見れば夢のような高収益体質であることに変わりはないが、同社の驚異的な成長ストーリーはそろそろ正念場を迎えつつある。

 - 経済, IT・科学 , , , ,

  関連記事

tenanmon
データ改ざんの噂が絶えない中国の貿易統計。実際に数値を検証してみた

 中国の税関当局は5月8日、4月の貿易統計の数値を発表した。それによると、輸出額 …

touchou
フランスで政府要人の盗聴対策が効果を上げていない本当の理由とは?

 フランスで閣僚など政府要人のセキュリティ対策が効果を上げていないことが問題視さ …

merukeru03
最低賃金がないドイツの貧困率が日本よりもはるかに低い理由とは?

 圧倒的な支持率で総選挙を勝ち抜き、3期連続で首相の座についたドイツのメルケル首 …

monju
政府が「もんじゅ」見直し検討。核燃料サイクルに関する国民的議論が必要な時期

 日本の核燃料サイクルの中核となる高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が計画の見 …

manindensha
神奈川県民の通勤コストは何と100万円。もっとも安い県はいくら?

 神奈川県民が年間100万円も通勤費をかけているという調査結果が話題となっている …

tokyomachinami
企業倒産が激減。日本経済は事実上、機能不全を起こしている?

 企業の倒産件数の減少が進んでいる。2015年はバブル期の頂点だった1990年以 …

google2014
無敵のグーグルがとうとう失速開始?拡大の一途を辿ってきたクリック数が減少

 これまで破竹の勢いだったグーグルにとうとう失速の兆しが出てきた。同社は2014 …

bouekitoukei201309
円安による輸出回復は困難であることがほぼ確定的に。政府も現状を認識し始めている

 アベノミクスのスタート以降、円安によって日本の製造業が回復し、設備投資が復活す …

fanakku
秘密主義から一転、株主との対話路線に舵を切った「謎の会社」ファナック

 産業用ロボット大手ファナックの株価が急騰している。2月初旬には2万円前後だった …

mof
10年後には国債1000兆円との財務省試算。だが前提条件が甘く、現実はもっと厳しい

 財務省は3月6日、国債の残高が10年後の2022年度末に1000兆円を超えると …