ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

Googleもいずれ成長鈍化?第2四半期決算は好調だが、クリック単価の下落は止まらず

 

 イ ンターネット検索最大手の米グーグルは7月18日、2013年4~6月期の決算を発表した。売上高は前年同期比19%増の141億500万ドル(約1兆4161 億円)、純利益は同16%増の32億2800万ドル(約3241億円)となった。ネット広告事業は堅調な伸びを見せたが、ここ1~2年の懸案事項であった広告単価の下落は止まっていない。

 同社の売上拡大の主な要因はクリック数の増加である。広告のクリック数は前年同期比で24%も増加した。スマホやタブレットなどモバイル機器からの広告アクセスが増加していることが主な要因。
 だがクリック数の増加ほどに売上高が増えていないのは、広告のクリック単価が減少しているからである。
 同社のクリック単価は2011年4~6月期をピークに下落が続いており、今期のクリック単価は前年同月比で7%下落している。クリック数の増加をクリック単価の下落が相殺してしまっている。クリック単価は2年間では2割近く下がっている。

 モバイル経由の広告は単価が安い。ネット検索のビジネスでは独占的な地位を確保している同社にとって、この克服が最大の課題といえる。だが抜本的な対策はないというのが現実だ。
 スマホやタブレットの普及も一段落したことから、今後急激にクリック数が増加する可能性は低い。一方でPCからタブレットやスマホへの移行は継続することから、今後は売上の鈍化も懸念される。

 今のところ売上げの増加は継続しているので、純利益は前期(2013年1~3月期)に近い水準を維持している。だが今後、売上げが鈍化する事態になればコストを削減する以外に利益成長を継続する方法がなくなってくる。
 同社は現在、年間約7000億円という途方もない金額を研究開発に費やしており、これは同社の管理費の2倍近くに上る。同社の圧倒的な技術力やブランド力はこうした野心的なR&Dが支えているといってよい。
 もし売上の鈍化が始まり、コスト削減で利益成長を維持することになった場合、まず最初にこの経費が減少する可能性が高い。金額が大きいため、コスト削減余地は大きいが、長期的に見た場合の、同社のプレゼンスは低下する可能性がある。
 市場ではこうした先行きが懸念され、決算発表後の18日の時間外取引で株価は一時5%以上も下落した。他社から見れば夢のような高収益体質であることに変わりはないが、同社の驚異的な成長ストーリーはそろそろ正念場を迎えつつある。

 - 経済, IT・科学 , , , ,

  関連記事

newyork02
米国で良好な経済指標が相次ぐ。再び早期の出口戦略論が台頭か?

 米供給管理協会(ISM)が8月1日に発表した7月の製造業景気指数は前月の50. …

ginonujisshu
現代の奴隷制度ともいわれる外国人技能実習制度の改革は進むのか?

 新興国の外国人を期間限定で受け入れ、働きながら技能を学ぶ「技能実習制度」の改革 …

frbieren201407
FRBがとうとう量的緩和を終了。米国経済は完全復活し、今後の焦点は金利へ

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年7月9日、6月のFOMC(連邦公開市場 …

kuroda02
日銀が物価目標の達成時期を先送り。2年で2%は実質的に撤廃

 日銀は2015年4月30日、「15年度を中心とする期間」としてきた物価目標達成 …

google schmidt
Googleのシュミット会長が北朝鮮訪問。その先に中国を見据えた米朝交渉が動き始めた

 インターネット検索最大手Googleのエリック・シュミット会長が北朝鮮を訪問す …

bouekitoukei201303
円安の効果も半減?日本の輸出数量減少に歯止めがかからない!

 財務省は4月18日、3月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

businessman07
厚労省のブラック企業調査。労働行政のパンドラの箱を開けてしまったとの声も

 厚生労働省は2013年12月17日、若者の使い捨てなどが疑われる、いわゆる「ブ …

fomc201604
米国が急激に利上げモードにシフト。日本の財政出動は完全にハシゴを外された状態に

 米国が急速に利上げモードにシフトしている。市場はまだ疑心暗鬼だが、地区連銀の各 …

euhonbu
土壇場でギリシャ支援を決定。期せずして露呈した「欧州」をめぐる独仏の路線対立

 ユーロ圏各国は2015年7月13日、首脳会議においてギリシャ支援の再開について …

panamagasaki
パナソニックのプラズマ撤退劇に見る、日本企業の「決断できない」体質

 パナソニックは2013年度末をメドにプラズマテレビ向けのパネル生産を停止する。 …