ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソフトバンクが米3位の携帯電話会社を巨額買収したワケとは?

 

 ソフトバンクが米携帯3位のスプリント・ネクステルを買収する方針であることが明らかになった。スプリント社は、全米3位の携帯電話会社。ソフトバンクはスプリント社の株式の3分の2を取得する意向で買収金額は1兆円を越す見込み。

 ソフトバンクは今月1日に、プラチナバンド獲得のウラ技として、国内4位のイー・アクセスの買収を電撃的に発表したばかり。
 両者を合わせると1兆2000億円の資金負担が発生することになり、12日の東京株式市場ではこれを嫌気して17%も値下がりして取引が始まった。

 スプリント社の経営はボロボロで足元では大赤字を計上している。ソフトバンク自体も財務体質は磐石ではなく、確かに危険を伴う買収であることは確かだ。だが北米市場においてそれなりの地位を占める会社を買収しようと思えば、業績不安のあるところしか現実的選択肢はない。

 今回の買収について、ソフトバンク側はマスコミやアナリストに対してもっともらしい説明はするかもしれないが、実際には「スプリントがたまたま売りに出たのでこんなチャンスは二度とないと考え即断即決で買った」(ITジャーナリスト)といったところだろう。

 マスコミやアナリストは皆クソ真面目なサラリーマンなので、何事も計画的に着々と進めるものだと思っている。だが、ソフトバンクは、もともと危険極まりない買収を繰り返して成長してきた会社であり、同社を率いる孫社長はそのような小役人的な発想はこれっぽっちも持ち合わせていない。

 そもそもソフトバンクはその社名が示す通り、ソフトの卸売り会社として孫社長と2人のアルバイト社員でスタートした。その後パソコンブームを背景に、パソコン雑誌の出版事業を開始し、米国のIT展示会会社を買収した。たまたま出資した米ヤフーが大化けしたことからネット事業に進出、その後は突然ボーダフォンを買収し電話会社になった。
 売りに出る会社があればそれに飛びつき、その後の展開は、買ってから考えるというのが、孫社長の基本戦略なのだ。極論すると失敗してもいいと思っている。

 もっとも、今回の買収によって、ソフトバンクは世界的規模の通信会社になる。iPhoneで厳しい要求を突きつけるアップルに対する交渉力や、周波数帯の割り振りでトラブルになっている日本政府(総務省)に対する交渉力は増強することになる。足元のシナジー効果としてはこのあたりを狙っていると考えられる。だが長期的にどう道筋を描くのかはこれからである。

 ソフトバンクへの投資は簡単だ。丁半博打でどちらかに賭ければよいのだから。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

otukakagu
大塚家具のお家騒動。ガバナンスという点では久美子氏が圧倒的に有利だが

 大塚家具の経営権をめぐる内紛が続いている。同社は3月下旬に株主総会を控えており …

apple2016q2
iPhone初の販売台数減少でアップルは減収減益。だが市場の注目はすでに次のフェーズに

 これまで快進撃を続けてきたアップルがとうとう減収減益の決算を発表した。ただ、中 …

panasanyo
三洋電機が完全消滅へ。ところで三洋はもともとパナソニックだって知ってました?

 パナソニックは2011年に戦略的買収を実施した三洋電機を事実上解体する。日本経 …

sangiinabe01
総額5.5兆円の補正予算が可決成立。だが昨年より規模が小さく、効果は限定的

 参議院は2014年2月6日、消費税増税をにらんだ経済対策を柱とする2013年度 …

nakamurashuji
中村修二氏のノーベル賞受賞であらためて問われる「発明の対価」

 今年のノーベル物理学賞は青色発光ダイオード(LED)を発明した名城大学の赤崎勇 …

00008
フランスのマスゴミがGoogleから75億円をゲット。だがまだまだ嫌がらせは続く

 米Googleが新聞社のコンテンツをタダ乗りしているとして、検索結果の表示に課 …

asohadaijin201406
麻生大臣による「守銭奴」発言。表現は下品だが、本質を突いている

 麻生財務大臣は2015年1月5日、日本企業が内部留保を蓄積していることについて …

takuhai
ヤマトが宅配取扱量抑制を検討。ネット通販会社による独自サービス拡大のきっかけに?

 宅配便最大手のヤマトホールディングスが、荷物の取扱量抑制の検討を開始した。この …

no image
人民元が対ドルでじわじわ上昇。中国当局が米側に譲歩か?

 この1ヶ月、対ドルでの人民元の上昇が続いている。7月に1ドル=6.3967元の …

eigokyoiku
バイリンガル国家マレーシアにおける最大の課題は何と英語力不足

 バイリンガル国家として知られるマレーシアにおいて、理数系科目の授業を英語で行う …