ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

F1界のドン、バーニーエクレストン氏をドイツ当局が起訴。欧州の伏魔殿にメスか?

 

 自動車レースの最高峰であるF1グランプリ界のドンといわれ、F1関連の多くの興業を取り仕切っている英国人実業家バーニー・エクレストン氏がドイツ当局に贈賄罪で起訴された。

 ドイツのミュンヘン上級地方裁判所は7月17日、バーニー・エクレストン氏を贈賄罪で起訴したと発表した。エクレストン氏はF1関連企業の株式売却にあたり、英税務当局の調査を受けないよう工作してもらう見返りに4400万ドル(約44億円)を賄賂として贈った疑いが持たれている。

 F1は自動車レースの頂点といわれており、世界各地で大規模なレースが開催されている。一方、その運営や興行権収入をめぐっては不透明な慣行も多く、F1は欧州の伏魔殿とも呼ばれている。
 エクレストン氏は、オートバイ販売店主からのし上がり、F1の世界に進出した立志伝中の人物。F1グランプリは国際自動車連盟(FIA)という団体が主催しているが、その興行収入のマネジメントはなぜか、エクレストン氏が率いる企業グループが統括している。このためエクレストン氏の会社には毎年巨額のF1興行権収入が転がり込んでくる仕組みになっている。

 このような不透明な状況になった詳細ないきさつは不明だが、FIA内部の金銭スキャンダルの存在や、ウラの面も含めたエクレストン氏の抜群の利害調整能力などが総合的に作用した結果といわれている。しかも、エクレストン氏は同社の一部株式を投資家グループに売却し3000億円ともいわれる巨額の資産を形成しているが、会社の経営権は手放していない。

 今回の起訴はこの株式売却に伴うものと考えられ、場合によってはエクレストン氏やF1業界のウラの顔が表面化することになるかもしれない。同社グループは株式の公開を検討している最中でもあることから、同氏の起訴をきっかけに組織の透明化が一気に進む可能性も取りざたされている。
 もっとも古くからのF1ファンからすると、こうした多少アングラな面も魅力のひとつだといわれている。だが、長年F1の世界に君臨したドンも、透明化という時代の波には勝てなかったようである。

 - 社会, 経済, 芸能 , ,

  関連記事

nougyouyushutu
国内版ワーホリに批判殺到。地方の労働市場はもはや市場メカニズムを放棄?

 総務省が、都市部の学生や若手社員が長期休暇を利用して地方で働く「ふるさとワーキ …

kansha
公務員宿舎の家賃を2倍に値上げ。公務員たちのトンデモなホンネとは?

 政府は、これまで批判の声が大きかった国家公務員宿舎の家賃を2倍に引き上げる方針 …

bananki
FRBが失業率ターゲットを導入。とうとう出口戦略が見えてきた?

 米連邦準備制度理事会(FRB)は12日、連邦公開市場委員会(FOMC)を開催し …

abeaso
安倍政権が消費増税を最終決断。法人減税とセットで理解を得ようとの算段だが・・・

 安倍首相がとうとう消費税の増税を最終決断した。政府内部では消費税増税を前提に景 …

kamotsusen
FTA締結のメリットをまったく享受できない韓国。日本はTPPの影響をどう考えるべきか?

 各国と相次いでFTA(自由貿易協定)を締結してきた韓国において、消費者がその恩 …

panachinakojo
パナソニックが生産拠点を国内に回帰。だがこうした動きは限定的?

 パナソニックは、エアコンや洗濯機といった白物家電について、今年の春から順次、国 …

shanhai
中国の高度成長は完全に終了。だが「市場」として有望なのは、むしろこれからだ

 中国国家統計局は4月9日、3月の消費者物価指数を発表した。前年同月比で2.1% …

ge
米国の製造業回帰が効果を上げ始めた。だが一方でその波に乗れない人も

 中国から製造拠点を米国に戻す試みが成果を上げ始めている。米ゼネラル・エレクトリ …

graph
市場の期待インフレ率が急上昇だが金利は急降下。これは何を意味しているか?

 市場の期待インフレ率が上昇している。昨年は0.7%程度で推移していたが、1月に …

shanhai
中国当局が地方政府の債務について監査を指示。全貌把握に乗り出す

 中国の国家審計署(会計検査院)は7月28日、国務院(内閣)から中国の政府債務に …