ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

変わるカトリック教会。ブラジルではプロテスタントに対抗して現代マーケティング手法を導入

 

 カトリック教会のフランシスコ新法王が就任して4カ月が経過した。性的虐待問題やマネーロンダリングなどスキャンダルに揺れていたカトリック教会は、初の中南米生まれで、かつイエズス会出身という異例ずくしの人物を新法王に選出し、新しい体制を構築しようとしている(本誌記事「秘密主義なのになぜか漏れてくる新ローマ法王の得票数」参照)。

 カトリック教徒は世界に12億人いるといわれているが、中南米の信者は全体の4割を占めている。このうちブラジルの信者数は1億2000万人に達するといわれ、1国としては最大の信者数となっている。欧州での信者数は減少していることを考えると、中南米出身の法王が選出されたことは自然の流れといってよい。

 だが世界最大のカトリック国であるブラジルでも、実はカトリック信者の割合は急激に減少している。1980年には90%を超えていたカトリック信者の割合は現在では60%に低下した。その主な原因は福音派と呼ばれるプロテスタントの躍進である。
 福音派はプロテスタントの保守派で、米国でも近年急速に勢力を伸ばしている。教義は保守的だが、信者獲得の手法は現代的だ。ロックやポップスのコンサートを開いたり、カリスマ的な牧師のDVDを販売するなど、現在的なマーケティング手法を駆使している。米国の音楽業界ではクリスチャン・シンガーという分野はひとつの大きなカテゴリーを形成しており、ビジネスとしても大きな存在だ。ブラジルの福音派も同様の手法を導入しており、各地で大規模なロック・コンサートを開催し、急激に信者数を伸ばしてきた。

 カトリック教会も最近ではこうした手法を取り入れ始めており、ブラジルでは人気歌手のコンサートを企画したり、自ら歌う神父も登場している。マルセロ・ロッシ神父はその中でももっとも有名な神父のひとりで、神父のミサには1万人以上が詰めかけ会場に入れない人も出ているという。
 フランシスコ法王もロッシ神父の活動を高く評価しており、今月法王がブラジルを訪問する際には、ロッシ神父が法王に歌を披露する予定だという。

 こうした新しい試みは宗教の世俗化であり、教会の弱体化を示しているともいえる。キリスト教圏において無宗教を自認する人の割合も年々増加している。
 一方、新しい手法や技術を駆使した教会の存在は逆に組織動員力を強めていると解釈することもでき、場合によっては大きな政治勢力となり得る。実際、米国の選挙では福音派の票はどの政治家も無視することができないレベルに達している。
 これまで日本では、宗教の世界は特殊な分野と認識されており、あまり関心が払われてこなかった。だがグローバル化の進展によって他国の宗教活動が経済分野にも大きな影響を与えるようになりつつある。宗教をとりまく環境は急速に変化しつつあるのだ。

 - 政治, 社会 , , , ,

  関連記事

no image
米大統領選挙、なぜか日本のマスコミが報じないオバマ、ロムニー以外の候補者

 米国大統領選挙の開票が一部の州で始まった。今日の午後には大勢が判明する見込みだ …

shukinpeibaeikyu
中台首脳が66年ぶりの歴史的会談へ。だが台湾総統選挙には逆効果?

 中国の習近平国家主席と台湾の馬英九総統が2015年11月7日、シンガポールで会 …

abekenpou
安倍首相が集団的自衛権の議論再開を表明。改憲論者にはむしろ逆風?

 安倍内閣の長期政権化が見えてきたことで、集団的自衛権に関する議論が本格化しつつ …

beikokuoil
原油価格の暴落で反米産油国が大打撃。地政学上のバランスは激変か?

 原油価格の下落が止まらない。背景には米国のシェールガス革命という供給要因があり …

koikekyosan
法制局長官が「番犬」であるという一連の騒動から、議会制民主主義の本質を考える

 集団的自衛権に関する憲法解釈の見直し問題で注目を集めている小松内閣法制局長官が …

canadabank
英中銀の外人助っ人総裁が、FRBに続き失業率ターゲット導入を表明

 英国の中央銀行であるイングランド銀行が、大胆な金融政策を打ち出して話題となって …

cameron2
英議会がシリア軍事介入を否決。介入に消極的なオバマ大統領には追い風だが

 シリアへの軍事介入をめぐる状況に変化が生じ始めている。これまでは、英仏が介入を …

sinbun
新聞協会が消費税軽減税率を求める声明を発表。差別ギリギリのその驚くべき内容とは?

 消費税増税を前に、新聞業界が新聞などへの軽減税率適用を求めて政府・与党に対する …

super01
消費税の軽減税率導入に関する具体的議論がスタート。だが課題は山積

 消費税の軽減税率導入に関する具体的な議論が始まった。自民・公明の両党は2014 …

no image
受給ギャップ拡大などインチキ。そもそも想定された需要など、もはや存在していない

 内閣府は15日、7~9月期の需給ギャップが4~6月期に比べて5兆円拡大して15 …