ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シャープがLIXILなどに出資要請との報道。シャープペンシルの時代に逆戻り?

 

 経営再建中のシャープが、複数の事業会社に対して出資要請を検討していることが明らかとなった。各紙の報道によると、同社は9月末に第三者割当増資を検討しており、出資要請する先としては住宅設備大手のLIXILグループ、電動工具のマキタ、自動車部品大手のデンソーなどが候補としてあがっているという。

 現在シャープは2兆円の負債を抱えているが、自己資本はわずか1300億円しかなく、資本増強が必須の状況となっている。だが液晶工場の過大な投資という過去の遺産が重くのしかかっており、増資の引受先を探すのは容易なことではない。

 シャープは、当初、台湾の鴻海精密工業から出資を受け同社の傘下入りする予定であったが、鴻海の経営介入をシャープ側が望まず交渉は物別れに終わってしまった。鴻海の狙いはシャープの液晶技術であり、鴻海側には、過大な液晶投資が原因の過剰な負債も引き受けるメリットがあった。
 だが今回名前があがっている企業は、主力事業の液晶ではなく、それ以外の家電分野などにおけるパートナー企業である。これらの企業が、自社の事業とは関係のない、液晶による過大な負債をどのように評価するのかがポイントとなる。

 そもそも最大の問題はシャープ自身が、今後どのような道筋でビジネスを展開するのかというロードマップを示していないという点である。

 シャープはもともと早川金属工業という社名でスタートし、当初はシャープ・ペンシルの大ヒットで業容を拡大した会社である(現在の社名はシャープ・ペンシルに由来している)。その後、電卓を開発しハイテク企業として躍進、近年は液晶に注力して現在に至っている。
 シャープの歴史を考えると、ユニークなアイデア製品を開発する体質の会社であり、巨額の設備投資を伴う液晶デバイスのような重いビジネスを得意とはしていない。
 その意味で、液晶への特化は初めての「シャープらしくない」(証券アナリスト)ビジネスであり、結果としてそれが同社の経営危機につながったといえる。

  イオンを発生させ空気の匂いを除去するプラズマ・クラスターなどは、まさにシャープらしい製品であり、その意味で、名前のあがった企業との提携は本来の同社の方向性に近いものといえる。だがこうしたアイデア・メーカーとして存続するためには、現在のシャープの陣容は大きすぎる。巨費を投じた液晶工場は過剰な資産であり、これをどのようにして処理するのかという問題が常につきまとう。

 同社は提携企業からの出資に加えて公募増資も検討しているといわれるが、もし鴻海との提携が破談になったことをきっかけに、場当たり的にアイデア・メーカーとしての道を模索しているのであれば、市場から十分な信認を得ることは難しいだろう。

 - 経済, IT・科学 , , , , ,

  関連記事

bitcoin
国家への挑戦か単なる金儲けか?ネット通貨ビットコインの本質は金本位制

 インターネット上で流通する通貨「ビットコイン」が話題となっている。単一の発行元 …

uknuclear
英国の原発事業に中国が過半数の出資。日本の原発メーカーの戦略にも影響?

 英国と中国は10月17日、英国に建設する次世代原発の運営企業に中国が過半数の出 …

kuukikan
中国の富豪が大気汚染に抗議?して空気の缶詰を販売。シニカルな戦略が意味するもの

 連日、深刻な大気汚染が続いている北京でユニークな商品が販売され話題となっている …

ipusiron
低コスト・ロケット「イプシロン」を8月に打ち上げ。JAXAもそれに合わせてスリム化しては?

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5月21日、新しい小型ロケットである「イプシ …

nichigin02
日銀が今回の決定会合で追加緩和に言及しなかった理由

 日銀は2014年1月22日、金融政策決定会合を開催し、昨年4月から実施している …

legoburokku
レゴが素材の脱石油化を決断できる理由は、ズバリ高収益体質

 デンマークの玩具世界大手レゴグループは、主力商品のレゴブロックの素材を従来の石 …

carnival
洋上火災を起こした大型クルーズ船の姉妹船で、今度は乗客が行方不明

 オーストラリアのクルーズ船で乗客2名が行方不明になっている。5月9日午前、10 …

cybermonday
米国経済を占う感謝祭セール。失業率の低下と原油安で出足は絶好調

 米国経済の先行きを占う年末商戦がスタートした。今年の年末商戦は米国景気の回復に …

kaisha
親の世代と若い世代の企業人気ランキングに異変。日本の大企業はとうとうオワコンか?

 保守的傾向が強く世代間であまり変化のなかった日本人の企業人気ランキングに異変が …

mof03
軽減税率の財源をめぐる議論が活発化。外為特会という埋蔵金活用プランも

 国会の論戦がスタートしたことで、消費税10%への引き上げに伴って導入される軽減 …