ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シャープがLIXILなどに出資要請との報道。シャープペンシルの時代に逆戻り?

 

 経営再建中のシャープが、複数の事業会社に対して出資要請を検討していることが明らかとなった。各紙の報道によると、同社は9月末に第三者割当増資を検討しており、出資要請する先としては住宅設備大手のLIXILグループ、電動工具のマキタ、自動車部品大手のデンソーなどが候補としてあがっているという。

 現在シャープは2兆円の負債を抱えているが、自己資本はわずか1300億円しかなく、資本増強が必須の状況となっている。だが液晶工場の過大な投資という過去の遺産が重くのしかかっており、増資の引受先を探すのは容易なことではない。

 シャープは、当初、台湾の鴻海精密工業から出資を受け同社の傘下入りする予定であったが、鴻海の経営介入をシャープ側が望まず交渉は物別れに終わってしまった。鴻海の狙いはシャープの液晶技術であり、鴻海側には、過大な液晶投資が原因の過剰な負債も引き受けるメリットがあった。
 だが今回名前があがっている企業は、主力事業の液晶ではなく、それ以外の家電分野などにおけるパートナー企業である。これらの企業が、自社の事業とは関係のない、液晶による過大な負債をどのように評価するのかがポイントとなる。

 そもそも最大の問題はシャープ自身が、今後どのような道筋でビジネスを展開するのかというロードマップを示していないという点である。

 シャープはもともと早川金属工業という社名でスタートし、当初はシャープ・ペンシルの大ヒットで業容を拡大した会社である(現在の社名はシャープ・ペンシルに由来している)。その後、電卓を開発しハイテク企業として躍進、近年は液晶に注力して現在に至っている。
 シャープの歴史を考えると、ユニークなアイデア製品を開発する体質の会社であり、巨額の設備投資を伴う液晶デバイスのような重いビジネスを得意とはしていない。
 その意味で、液晶への特化は初めての「シャープらしくない」(証券アナリスト)ビジネスであり、結果としてそれが同社の経営危機につながったといえる。

  イオンを発生させ空気の匂いを除去するプラズマ・クラスターなどは、まさにシャープらしい製品であり、その意味で、名前のあがった企業との提携は本来の同社の方向性に近いものといえる。だがこうしたアイデア・メーカーとして存続するためには、現在のシャープの陣容は大きすぎる。巨費を投じた液晶工場は過剰な資産であり、これをどのようにして処理するのかという問題が常につきまとう。

 同社は提携企業からの出資に加えて公募増資も検討しているといわれるが、もし鴻海との提携が破談になったことをきっかけに、場当たり的にアイデア・メーカーとしての道を模索しているのであれば、市場から十分な信認を得ることは難しいだろう。

 - 経済, IT・科学 , , , , ,

  関連記事

abe20150715
盤石の安倍政権に黄色信号。日本市場における政局リスクが徐々に顕在化

 日本の株式市場に政局リスクが浮上し始めた。内閣支持率が急落していることに加え、 …

bouekitoukei 201302
2月の貿易統計。赤字は8か月連続。米国向けの輸出だけが絶好調

 財務省は3月21日、2月の貿易統計(速報、通関ベース)を発表した。貿易赤字は8 …

gpif
年金運用のポートフォリオが大幅変更に。だが実際には現状を追認しただけ

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は6月7日、年金積立金の基本ポートフ …

jihanki
病院にAED付きの自販機?追い込まれた自販機大国ニッポンの裏事情

 最近AED(自動対外式徐細動器)付きの自販機が急速に増えてきている。AEDとは …

satsutaba
企業が溜め込む内部留保の還元は、アベノミクスを成功させるカギとなる

 アベノミクスに関する議論が活発化する中、企業が確保している内部留保に再び注目が …

choukikinri
デフレは構造的要因と譲らなかった白川前総裁はやはり正しかったのか?

 日本の長期金利低下が加速している。10月2日の債権市場では10年物国債の利回り …

tocho
都庁職員が猪瀬知事のツイッター活用指示に困惑。なぜ公務員はITを駆使できないのか?

 猪瀬直樹東京都知事が、全部局に支持したツイッターによる情報発信に都庁職員が苦慮 …

googlecar
グーグルが持ち株会社制への移行を発表。新規事業はいよいよ収益化へ

 米グーグルは2015年8月10日、持ち株会社「Alphabet」を設立し、傘下 …

dna
ゲノム研究の進展が切り開く?病気に対する総合的アプローチ

 ゲノム関連の研究が進んでいることで、病気に対する新しいアプローチ方法が見え始め …

eikokulondon
市場は過剰反応?英国のEU離脱が決議されても、現実はそう簡単には進まない

 英国のEU(欧州連合)残留を問う国民投票が23日に迫っているが、最新の世論調査 …