ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

タックスヘイブン(租税回避地)に対する包囲網が狭まる

 

 ジャージー島やマン島など、英国領の租税回避地(タックスヘイブン)が米国との租税協定への調印を迫られている。

 これまでタックスヘイブンは、各種税金が極めて安く、法律によって金融機関に口座を持つ顧客の匿名性が守られていたため、世界中から富裕層の資金を集めてきた。
 だが近年、マネーロンダリングへの疑惑が高まっていることや、各国の税収がタックスヘイブンへの資金流出によって減少しているとの懸念、あるいは富裕層向け金融サービスそのものへの批判などから、タックスヘイブンに対して情報公開を求める声が強くなってきていた。

 米国との租税協定結ぶと、米国政府は米国人がタックスヘイブンに所有する金融資産の内容を開示させるようジャージー島側に要請できるようになる。協定に調印するためには、島の議会の批准が必要とされているが、批准される見通しだ。

 ただ島の住民の中には、今回の調印について、資金が集まらなくなると反対する人も多い。ジャージー島はタックスヘイブンを基幹産業にするという強い意思があり、ルールも徹底している。
 島で生まれ育った人以外には、たとえ配偶者であっても不動産を購入する権利を認めないなど、結婚によって島に帰化する人が増えることを防止している。また各種行政手続きも秘密主義が徹底されており、外部からその様子を伺い知ることはできないようになっている。

 だが時代の流れは確実にタックスヘイブンの側に不利になってきている。米大統領候補のロムニー氏についも、タックスヘイブンに多額の資産を移しているのではないかとの指摘が出ており、米国との協定調印後は、米国人の脱税スキャンダルが多数表面化するかもしれない。

 - 経済

  関連記事

komonsodanyaku
東証が顧問・相談役制度の情報開示を要請も、この習慣はなくならない?

 上場企業のトップ経験者などが、顧問や相談約などの形で会社に残ることについて批判 …

shukatsu
就活は4年生からと政府が要請。だが建前を並べたところで、現実問題は解決しない

 政府は、大学生の就職活動の解禁時期を現在の3年生の12月から、4年生の4月に変 …

beijing
中国のGDP鈍化で各国の株式市場が混乱。今後の中国経済をどう見るべきか?

 中国国家統計局が15日発表した1~3月期のGDP成長率をめぐって株式市場で混乱 …

harukakurisu
春香クリスティーンの靖国発言で浮き彫りになった、新聞切り抜きという「昭和な」習慣

 靖国参拝に関する発言からブログやツイッターが炎上した春香クリスティーンさんは、 …

doragi02
欧州の長期金利上昇が日本にも波及。日銀に残された時間は少ない

 欧州の長期金利が上昇している。ECB(欧州中央銀行)が量的緩和策の縮小を検討し …

businessman02
このところ顕著になっている人手不足は景気拡大によるものなのか?

 このところ人手不足がより顕著になっている。人手不足は景気が良くなっている証拠と …

nichigin03
6月の日銀短観。改善が見られるが、大企業中心の産業構造を如実に反映

 日銀は7月1日、6月の企業短期経済観測調査(短観)を発表した。企業の景況感を示 …

hatarakumama
日本の「働くママ」の環境は最悪とのOECD報告。男女平等論で欠落している視点とは?

 OECD(経済協力開発機構)は17日、子供を持つ女性の給与格差に関する国際的な …

no image
受給ギャップ拡大などインチキ。そもそも想定された需要など、もはや存在していない

 内閣府は15日、7~9月期の需給ギャップが4~6月期に比べて5兆円拡大して15 …

ecb02
欧州中銀がマイナス金利導入を決定。背景は「日本化」に対する懸念

 欧州中央銀行(ECB)は2014年6月5日、定例理事会を開催し、追加の金融緩和 …