ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

タックスヘイブン(租税回避地)に対する包囲網が狭まる

 

 ジャージー島やマン島など、英国領の租税回避地(タックスヘイブン)が米国との租税協定への調印を迫られている。

 これまでタックスヘイブンは、各種税金が極めて安く、法律によって金融機関に口座を持つ顧客の匿名性が守られていたため、世界中から富裕層の資金を集めてきた。
 だが近年、マネーロンダリングへの疑惑が高まっていることや、各国の税収がタックスヘイブンへの資金流出によって減少しているとの懸念、あるいは富裕層向け金融サービスそのものへの批判などから、タックスヘイブンに対して情報公開を求める声が強くなってきていた。

 米国との租税協定結ぶと、米国政府は米国人がタックスヘイブンに所有する金融資産の内容を開示させるようジャージー島側に要請できるようになる。協定に調印するためには、島の議会の批准が必要とされているが、批准される見通しだ。

 ただ島の住民の中には、今回の調印について、資金が集まらなくなると反対する人も多い。ジャージー島はタックスヘイブンを基幹産業にするという強い意思があり、ルールも徹底している。
 島で生まれ育った人以外には、たとえ配偶者であっても不動産を購入する権利を認めないなど、結婚によって島に帰化する人が増えることを防止している。また各種行政手続きも秘密主義が徹底されており、外部からその様子を伺い知ることはできないようになっている。

 だが時代の流れは確実にタックスヘイブンの側に不利になってきている。米大統領候補のロムニー氏についも、タックスヘイブンに多額の資産を移しているのではないかとの指摘が出ており、米国との協定調印後は、米国人の脱税スキャンダルが多数表面化するかもしれない。

 - 経済

  関連記事

bouekitoukei 201507
貿易赤字は4カ月連続だが、赤字幅は縮小均衡。しばらくこの状態が続く?

 財務省は2015年8月17日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

no image
インサイダー疑惑で露呈した証券会社の下半身接待。なぜ増えているのか?

 証券会社による一連のインサイダー取引疑惑によって、証券業界の下半身接待の実態が …

bitcoin
国家への挑戦か単なる金儲けか?ネット通貨ビットコインの本質は金本位制

 インターネット上で流通する通貨「ビットコイン」が話題となっている。単一の発行元 …

billgates
マイクロソフトのトップ交代。ゲイツ氏は退任ではなく、実は現場復帰?

 米マイクロソフトは2014年2月4日、同社のナデラ上級副社長が最高経営責任者( …

nichigin04
家計の金融資産は過去最高。だがその恩恵のほとんどは以前からの株式所有者?

 日銀は2014年12月18日、2014年7~9月期の資金循環統計を発表した。9 …

reitbuild
マイナス金利政策唯一の成果?低迷する日経平均を尻目にREITが絶好調

 日経平均株価の低迷が続く中、REIT(不動産投資信託)が好調に推移している。日 …

foxconn
アップルがパソコンの一部の国内生産に回帰。だが鴻海への丸投げは変わらず

 米アップルが自社製品の一部を米国での生産に切り替える。同社のクックCEOが6日 …

amari
賃上げ拒否にはペナルティという甘利氏の発言は日本に何をもたらすか?

 政府が賃上げを行わない企業に対する締め付けを厳しくしようとしている。甘利経済再 …

wintel
業績回復も岐路に立たされるMSとインテル。旧世代IT企業はスマホを攻めるべきか?

 マイクロソフトやインテルといった旧世代IT企業の業績に回復の兆しが見え始めてい …

imd
世界競争力ランキングで日本は27位。上位常連の国と日本は何が違う?

 スイスのビジネススクールであるIMD(国際経営開発研究所)は2015年5月27 …