ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

有権者も世代交代?自民党のサラブレット武見敬三氏が山本太郎氏相手に苦戦のワケ

 

 盛り上がりに欠けた参院選は事前の予想通り、自民党の圧勝となった。衆議院で過半数を占める自民党が参議院で少数派となる、いわゆる「ねじれ」が解消することになる。とりあえず安倍政権は完全に国民の信任を得たことになり、長期政権の可能性が見えてきた。

 自民は選挙区、比例ともに順調に票を獲得しており、盤石な状況であった。だが足元では、有権者の世代交代が進んでいるという兆候も見え隠れする。特にその傾向が顕著にあらわれたのが東京選挙区である。

 東京選挙区は元アナウンサーの丸川珠代氏と武見敬三元厚労副大臣という2人の現職が立候補していた。丸川氏は圧倒的な得票数でたちまち当確となったが、武見氏に当確が出たのは最後の最後であった。

 武見氏は選挙区での出馬は初めてだが、比例区で参議院議員を3期つとめたベテラン政治家である。しかも、武見氏の父親は、かつて日本医師会のドンといわれ、日本の政界に絶大な影響力を誇った武見太郎氏である。武見太郎氏は吉田茂元首相と近い人物であり、息子の武見敬三氏は吉田茂の孫である麻生太郎元首相とも親戚だ(ちなみに麻生元首相の父親も吉田茂の側近であった)。まさに自民党のサラブレットといってよい。
 日本医師会からは、比例区に羽生田俊氏が出馬しているが、選挙区出馬の武見氏についても医師会が全面的に支援してきた。だが、有権者の世代交代が進み、医師の間でも武見太郎氏を知らない人が増えてきており、陣営では選挙結果は楽観視していなかったという。

 前回の参院選では、高齢者が70%以上の投票率だったのに対して20代はその半分である。今回もそれに近い年齢構成になる可能性が高い。若年層は有権者の絶対数が少ないことに加えて投票率も低いため、選挙に勝つためには高齢者にアピールすることが重要となる。

 だが一方で、いわゆる戦後の古い時代を知る高齢者も少なくなってきており、候補者の選定には、知名度や年齢など微妙なバランスが必要になってきている。地縁血縁の影響力が行使できない都市部ではなおさらである。
 中年以上でかつ老人ではない世代にアピールしやすい丸川氏が高い得票数を得たことからもその状況は伺い知ることができる。タレント候補の山本太郎氏が出馬したというマイナス要因があったとはいえ、自民党のサラブレットである武見氏の苦戦は、こうした自民党支持層の変化を如実にあらわしているといえるだろう。

 - 政治 , , , ,

  関連記事

kokusaishushi201312
国際収支を見れば、日本の輸出不振は1990年代から始まっていた事が分かる

 財務省は2014年2月10日、2013年12月の国際収支を発表した。最終的な国 …

leekanyunamida
シンガポール「建国の父」リー・クアンユー死去。独立当初は、絶望感で涙を流した?

 シンガポール建国の父と呼ばれるリー・クアンユー元首相が2015年月23日、同国 …

no image
オバマ大統領が自家製ビールのレシピ公開。背景には人種問題へのアピールが

 オバマ大統領が手作りしている特製ビールの造り方をホームページでビデオ付きで公開 …

tppatlantagoi
TPP交渉がようやく決着へ。各国の国内事情から実質的には来年以降のスタート

 米アトランタで開催されていたTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合が …

ouyou
総勢180名の財界訪中団が汪洋副首相と会談。だがトップ2との会談は実現せず

 安倍政権発足後、最大規模となる財界訪中団は11月19日、北京市内において汪洋副 …

hayashiyoshi
国会に独自の財政試算を実施できるスタッフ機能を設置。有志議員が検討

 有志の国会議員が、国会に、経済・財政に関する独自の調査機能を持たせるための議員 …

zaikaitop
円安で株高になるのはおかしいという財界首脳の発言が象徴するもの

 経団連、日本商工会議所、経済同友会の経済3団体は2014年1月7日、年頭会見を …

icij
ジャーナリスト連合による衝撃の世界脱税者リスト。最終的な爆心地はEUの盟主ドイツ?

 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)は4月3日、世界中のタックスヘイブン …

kaigosisetu
介護離職ゼロに向けて企業に残業免除を義務化。だが現実には機能しない?

 安倍政権が掲げる介護離職ゼロに向け、介護者の残業を免除する施策の検討が始まって …

abe001
まるでデジャヴュ。安倍政権は日本にハイパーインフレをもたらすのか?

 量的緩和策の拡大と大規模な財政出動を組み合わせる安倍政権の経済政策「アベノミク …