ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

生活保護との逆転現象で最低賃金見直しは必須。だが最低賃金はすでに有名無実か?

 

 最低賃金の改定について議論している厚生労働省の審議会において、最低賃金が生活保護を下回っている「逆転」状態が11都道府県にのぼるという実態が明らかになった。

 厚生労働省中央最低賃金審議会小委員会は7月22日会合を開催し、賃金の改定状況や生活保護との関係について議論した。

 この中で、従業員30人未満の中小企業における2013年の賃金上昇率は0.8%であったことや、最低賃金が生活保護水準を下回る「逆転」状態が、北海道、東京、神奈川、京都、大阪など11都道府県で生じていることなどが報告された。逆転現象が生じている主な理由は、生活保護のうち住宅扶助が増加したことによるものだという。

 現在、最低賃金の引き上げと生活保護水準の切り下げが議論されているが、調査結果はこうした議論にも影響を与えそうだ。

 だが一方でこれらの議論を骨抜きにする事態も進行している。インターネットを使って仕事の受発注を仲介するビジネスが急成長しており、最低賃金が意味をなさなくなっているのだ。こうしたビジネスはクラウドソーシングとも呼ばれ、仕事を発注したい人と仕事を受注したい人をネット上でマッチングするというもの。多くは仕事を発注したい企業が仕事を請け負いたい個人に発注するという形態になる。

 こうしたサービスは、硬直化したサービス市場に風穴をあけるという利点もあるが、硬直化した労働市場の中でこうしたサービスが発達すると、企業が正社員の雇用を維持するために、極限まで外注コストを下げるための道具として機能してしまう。
 派遣会社を利用すると、最低賃金のカベにぶつかって一定金額以下の発注ができないが、こうした個人事業主に対する発注の場合、対価は限りなく安くできる。

 労働市場が最適化されていれば、最終的に賃金は一定のところに落ち着き、生活保護との逆転も解消されるはずである。派遣労働のシステムも本来はこうした市場の調整機能を提供するためのものであった。
 だが大企業の正社員の雇用だけが絶対的に保障されている日本の場合、こうしたシステムは、正社員の特権的な雇用を維持するためだけに使われてしまう。派遣労働システムの場合も結局は派遣労働者にすべてのしわ寄せが行く形になり、雇用環境は悪化した。このままではクラウド・ソーシングも同様の結果になりなねないと懸念する声が出ている。

 最低賃金や生活保護との乖離の見直しは、労働市場全体の問題として取り組むべきものであり、個別に解決できるものではない。俯瞰的な立場に立った政策が求められている。

 - 政治, 社会 , , , ,

  関連記事

obamadenwa
オバマ大統領が4月訪日決定。日本側が求めている国賓待遇が微妙なワケ

 米大統領府(ホワイトハウス)は2014年2月12日、オバマ大統領が4月下旬、日 …

kawagoe
川越シェフの発言でまたまた疑問の声。高級店って本当に水代を勝手に請求するのか?

 バラエティ番組などでも人気のシェフ川越達也氏が、ネット上の批判に対して「年収3 …

popefrancis201411
フランシスコ法王が欧州議会で演説。EUの官僚主義的な体制を痛烈に批判

 カトリック教会のフランシスコ法王は2014年11月25日、欧州議会で演説をおこ …

no image
自民総裁選、石破氏大健闘の背景には小泉進次郎あり

 自民党の総裁選で安倍元首相に敗れた石破茂前政調会長だが、地方からは圧倒的な支持 …

honkon
中国当局が香港の自治に関する白書を発表。中国による統治の正当性を強調

 中国国務院報道弁公室は2014年6月10日、香港の自治に関する白書を発表した。 …

tranpgenzei
トランプ政権が税制改革案を発表。総額には触れずじまいだが、内容はほぼ想定通り

 トランプ政権は2017年4月26日、もっとも注目されていた公約の一つである税制 …

obama00003
シリアがサリン使用との情報は本物?。軍事介入をめぐる議会と大統領の駆け引きが激化

 米政府は4月25日、シリアのアサド政権が反政府勢力との戦闘において猛毒のサリン …

hinkleypoint
原発の建設・運用を外国に丸投げする、核保有国イギリスの決断をどう考えるべきか?

 英国が次世代原発の運営事業に対して中国企業による過半数の出資を認めたことが大き …

abe20141017
日中首脳会談に向けて調整始まる。一方ロシアは天然ガスで日本に秋波

 11月に北京で開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)において、日中首脳 …

Hillary Clinton
ヒラリー氏が次の大統領選に出馬?だが共和党はもっと大きな隠し球が・・・

 米国では、2016年の大統領選挙に向けた動きがすでに始まっている。今年2月に国 …