ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

生活保護との逆転現象で最低賃金見直しは必須。だが最低賃金はすでに有名無実か?

 

 最低賃金の改定について議論している厚生労働省の審議会において、最低賃金が生活保護を下回っている「逆転」状態が11都道府県にのぼるという実態が明らかになった。

 厚生労働省中央最低賃金審議会小委員会は7月22日会合を開催し、賃金の改定状況や生活保護との関係について議論した。

 この中で、従業員30人未満の中小企業における2013年の賃金上昇率は0.8%であったことや、最低賃金が生活保護水準を下回る「逆転」状態が、北海道、東京、神奈川、京都、大阪など11都道府県で生じていることなどが報告された。逆転現象が生じている主な理由は、生活保護のうち住宅扶助が増加したことによるものだという。

 現在、最低賃金の引き上げと生活保護水準の切り下げが議論されているが、調査結果はこうした議論にも影響を与えそうだ。

 だが一方でこれらの議論を骨抜きにする事態も進行している。インターネットを使って仕事の受発注を仲介するビジネスが急成長しており、最低賃金が意味をなさなくなっているのだ。こうしたビジネスはクラウドソーシングとも呼ばれ、仕事を発注したい人と仕事を受注したい人をネット上でマッチングするというもの。多くは仕事を発注したい企業が仕事を請け負いたい個人に発注するという形態になる。

 こうしたサービスは、硬直化したサービス市場に風穴をあけるという利点もあるが、硬直化した労働市場の中でこうしたサービスが発達すると、企業が正社員の雇用を維持するために、極限まで外注コストを下げるための道具として機能してしまう。
 派遣会社を利用すると、最低賃金のカベにぶつかって一定金額以下の発注ができないが、こうした個人事業主に対する発注の場合、対価は限りなく安くできる。

 労働市場が最適化されていれば、最終的に賃金は一定のところに落ち着き、生活保護との逆転も解消されるはずである。派遣労働のシステムも本来はこうした市場の調整機能を提供するためのものであった。
 だが大企業の正社員の雇用だけが絶対的に保障されている日本の場合、こうしたシステムは、正社員の特権的な雇用を維持するためだけに使われてしまう。派遣労働システムの場合も結局は派遣労働者にすべてのしわ寄せが行く形になり、雇用環境は悪化した。このままではクラウド・ソーシングも同様の結果になりなねないと懸念する声が出ている。

 最低賃金や生活保護との乖離の見直しは、労働市場全体の問題として取り組むべきものであり、個別に解決できるものではない。俯瞰的な立場に立った政策が求められている。

 - 政治, 社会 , , , ,

  関連記事

password
韓国に対するサイバー攻撃はかなり深刻なレベル。各PCのハードディスクまで破壊

 韓国の主要テレビ局や金融機関のコンピューターが大規模にハッキングされ、韓国では …

merisa
米Yahooが社員に在宅勤務禁止を通達。自由といわれる米IT企業の本当の姿とは?

 米Yahooのマリッサ・メイヤーCEOが、社員に在宅勤務を禁止する通達を送った …

gendergap2014
世界男女平等ランキング。これまで下位をうろついていたフランスが順位を上げた理由

 ダボス会議で知られる世界経済フォーラムは2014年10月28日、世界男女平等ラ …

birukensetsu
テナントがいない?のに都市部で次々と新築ビルが建設されるのはナゼ?

 東京都心など、利便性の高い地域を中心に不動産の建設ラッシュが続いている。一部で …

tokyofukei001
日本人はもっとも市場メカニズムを信用していないが、富の再配分にも否定的

 日本人は先進国の中でもっとも市場メカニズムを信頼していないことが、米調査機関に …

hongkongdemo02
香港の民主化デモがすべての拠点で収束。3年後の長官選挙への影響は未知数

 香港の民主活動家や学生らが民主的な選挙を要求して行った抗議活動が収束した。20 …

senkaku
米議会が尖閣諸島を安保対象とする法案を可決。だが日本にとっては大したメリットはない

 米上院は4日、本会議において、2013年度(2012年10月~13年9月)国防 …

obamasensei
オバマ大統領が宣誓にリンカーン大統領とキング牧師の聖書を用いるワケ

 昨年の大統領選挙で再選されたオバマ大統領が20日正午(日本時間21日午前2時) …

yamatoyusei
ヤマト運輸と政府のバトルが再び勃発。郵政上場でも、まったく状況は変わらず

 郵便事業をめぐるヤマト運輸と政府のバトルが久々に復活した。ヤマト運輸は2015 …

koyouchingin
雇用環境は改善しているのに、生活実感は悪化。続く需給のミスマッチ

 雇用と生活環境のミスマッチが拡大している。求人倍率が増加し失業率は過去最低水準 …