ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

消費税増税の決定は9月9日のGDP改定値で。財務省の筋書き通り数値は良好?

 

 自民党の参院選圧勝をうけて、消費税増税決定のタイミングに注目が集まり始めている。安倍首相は選挙後のテレビ番組に出演し、消費税率の引き上げについて「経済指標を見ながら秋に判断したい」と語り、4~6月期の国内総生産(GDP)を目安に判断する方針を示した。

 また菅義偉官房長官は22日午後の記者会見において、安倍首相の発言について「(GDP発表には)第1と第2がある。そういう数字を見た上で判断するということだと思う」と述べ、9月9日に発表が予定されているGDP第二次速報値(改定値)を見て判断する意向であることを明らかにした。

 今年の1~3月期GDPは一次速報値が年率換算で3.5%、二次速報値が4.1%となった。エコノミストなど市場関係者のほとんどは、4~6月期についても同レベルの良好な数値が出ると予測している。

 その理由は、今年1月に成立した2012年度補正予算(総事業費20兆円、政府支出10兆円の緊急経済対策)の効果である。公共事業は予算が立てられてから実際に執行されるまでにタイムラグがある。1月に決定した公共事業の増加は、最近になってようやく建設業界への受注額増加という形で顕在化してきている。今年いっぱいは公共事業の効果が続く可能性が高い。IMF(国際通貨基金)もこれをうけて日本の経済成長見通しを上方修正している(本誌記事「IMFが最新の世界経済見通しを発表。日本は大型公共事業の効果で主要国トップの成長率」参照)。
 日本の財政に対して厳しい目が注がれる中、大量の国債増発を伴う緊急経済対策を財務省がすんなりOKしたのは、この時期のGDPが上昇し、消費税増税につながるからにほかならない。公共事業の現実的な執行スケジュールと景気への波及時期を熟知した財務省ならではの深謀遠慮といえる。

 緊急経済対策による公共事業の効果は来年度には消滅する。実際に消費税が導入される年には景気が冷え込んでいる可能性もある。政府与党の一部や安倍首相の経済ブレーンからは景気の腰折れを懸念する声も出ており、本来はそのあたりも含めてシビアな判断が求められる。だが、今のところ政治的ポーズではなく、消費税増税を延期しようという動きはない。このまま推移すれば良好な4~6月期のGDP値を元に、消費税増税が予定通り決定される可能性が高い。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

abe20141118
志が低すぎ?与党が衆院選の勝敗ラインをめぐって混乱

 衆院選の勝敗ラインをめぐる与党内での意見の食い違いが表面化している。過半数を勝 …

no image
マネー誌の予想的中ランキング。予想通り日経マネーが最下位

 マネー誌の中でどの雑誌の株価予想が一番当たるのかを検証したプレジデントの記事が …

singapol
習近平氏はシンガポール型経済システムに着目。だが実現は絶望的?

 新しく中国共産党総書記に就任した習近平氏が、問題山積の中国の現状に対してどのよ …

jutaku
米国の家計バランスシートが急激に改善。日本も株高で改善するのか?

 株式市場の上昇と不動産価格の底入れによって、米国における家計のバランスシートが …

mandela
マンデラ氏の追悼式で、現職のズマ大統領が猛烈なブーイングを浴びたワケ

 南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領の追悼式が2013年12月10日、南アフ …

no image
ヒラリー国務長官、2016年の大統領選挙に出馬の意向?

 ヒラリー・クリントン米国務長官が2016年の大統領選に出馬するとの噂が広がって …

nichushuhoukaidan201411
日中首脳会談が2年半ぶりに実現。今後の焦点は米中交渉の行方に

 安倍首相は2014年11月10日、中国の習近平国家主席と会談した。日中首脳会談 …

usakoyoutoukei201401
米1月の雇用統計は今ひとつ。失業保険給付打ち切りが失業率を下げた可能性が高い

 米労働省は2014年2月7日、1月の雇用統計を発表した。先月の雇用統計があまり …

beichusenryakutaiwa2015
米中は戦略経済対話を開催。表面的には南シナ海問題で激しいバトルになっているが・・・

 米中は2015年6月23日、両国間の懸案事項について話し合う第7回米中戦略・経 …

shalegasrig
住友商事がシェールガスで損失。別子銅山から続く「資源の住友」は見直し必至

 住友商事が、米国のシェールガス開発事業で1700億円の損失を計上し、2015年 …