ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

消費税増税の決定は9月9日のGDP改定値で。財務省の筋書き通り数値は良好?

 

 自民党の参院選圧勝をうけて、消費税増税決定のタイミングに注目が集まり始めている。安倍首相は選挙後のテレビ番組に出演し、消費税率の引き上げについて「経済指標を見ながら秋に判断したい」と語り、4~6月期の国内総生産(GDP)を目安に判断する方針を示した。

 また菅義偉官房長官は22日午後の記者会見において、安倍首相の発言について「(GDP発表には)第1と第2がある。そういう数字を見た上で判断するということだと思う」と述べ、9月9日に発表が予定されているGDP第二次速報値(改定値)を見て判断する意向であることを明らかにした。

 今年の1~3月期GDPは一次速報値が年率換算で3.5%、二次速報値が4.1%となった。エコノミストなど市場関係者のほとんどは、4~6月期についても同レベルの良好な数値が出ると予測している。

 その理由は、今年1月に成立した2012年度補正予算(総事業費20兆円、政府支出10兆円の緊急経済対策)の効果である。公共事業は予算が立てられてから実際に執行されるまでにタイムラグがある。1月に決定した公共事業の増加は、最近になってようやく建設業界への受注額増加という形で顕在化してきている。今年いっぱいは公共事業の効果が続く可能性が高い。IMF(国際通貨基金)もこれをうけて日本の経済成長見通しを上方修正している(本誌記事「IMFが最新の世界経済見通しを発表。日本は大型公共事業の効果で主要国トップの成長率」参照)。
 日本の財政に対して厳しい目が注がれる中、大量の国債増発を伴う緊急経済対策を財務省がすんなりOKしたのは、この時期のGDPが上昇し、消費税増税につながるからにほかならない。公共事業の現実的な執行スケジュールと景気への波及時期を熟知した財務省ならではの深謀遠慮といえる。

 緊急経済対策による公共事業の効果は来年度には消滅する。実際に消費税が導入される年には景気が冷え込んでいる可能性もある。政府与党の一部や安倍首相の経済ブレーンからは景気の腰折れを懸念する声も出ており、本来はそのあたりも含めてシビアな判断が求められる。だが、今のところ政治的ポーズではなく、消費税増税を延期しようという動きはない。このまま推移すれば良好な4~6月期のGDP値を元に、消費税増税が予定通り決定される可能性が高い。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

shuraisukaidan
習近平国家主席と米ライス補佐官が会談。オバマ大統領訪中の準備が進む

 中国の習近平国家主席と米国のライス大統領補佐官は2014年9月9日、北京で会談 …

no image
スペインの2013年緊縮予算に市場は好感。それホントですか?

 スペインは27日、歳出削減に重点を置いた2013年予算案を提示した。ロイターが …

iannfugoui
慰安婦問題で日本は全面的に譲歩。振り上げた拳を降ろしただけで交渉は終了

 日韓両政府は2015年12月28日、従軍慰安婦問題について合意に達した。旧日本 …

sonyhirai
ソニーが最悪のタイミングで増資を発表。もはやグローバル企業ではなくなった?

 ソニーが突然、公募増資などによる最大4400億円の資金調達を発表した。業績回復 …

kyuyomeisai02
4月の実質賃金は24カ月ぶりに上昇。だが中身は物価上昇率の鈍化

 賃金の伸びから物価の上昇分を差し引いた4月の実質賃金が24カ月ぶりに増加となっ …

kenpo
安保法制をめぐり憲法解釈に関する議論が紛糾。日本において立憲主義の定着は困難?

 安保法制をめぐる議論が紛糾している。衆院の憲法審査会では、与党が推薦した参考人 …

niinami
ローソンの新浪社長がアベノミクスに賛同し賃上げを実施。政界転職の布石か?

 ローソンは7日、グループ内の若手社員の年収を平均で3%上げると発表した。年2回 …

IMF201607
IMFが世界経済の最新見通し。英国離脱も意外と景気は底堅い?

 IMF(国際通貨基金)は2016年7月19日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

harumitoriton
甘利氏辞任ではからずも注目されてしまった、政府最後の聖域「UR」という大問題

 甘利経財相は2016年1月28日、記者会見を開き、自らの金銭問題に対する責任を …

yawata
大手企業が相次いでTV通販業界を侵食。背景にはガラパゴス大企業の甘えが・・・

 これまで地方に拠点を置く企業が中心となっていたテレビ通販業界に、著名な大手企業 …