ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

iPS細胞移植の記事はウソだった。誤報が起きる背景を探る

 

 読売新聞が、iPS細胞の移植に関して行った報道が、誤報であることが明らかになった。

 読売新聞は、米ハーバード大客員講師を名乗る森口尚史氏が人工多能性幹細胞(iPS細胞)を心筋細胞に変え、6人の患者に移植する治療を行ったと報道。だがその後、森口氏の研究成果について疑問を呈する声が相次ぎ、読売 新聞は13日付朝刊で、「同氏の説明は虚偽で、一連の記事は誤報」とする記事を掲載し誤報であることを正式に認めた。

 この事件は日本のジャーナリズムが抱える根本的な問題をよく表した事件である。たまたま読売新聞がひっかかってしまっただけで、他紙にも十分に起こりえることだ。

 このような誤報が起こってしまう背景には、ふたつの要因がある。

 ①記者の専門性の欠如
 ②権威主義

 日本には科学技術に精通したジャーナリストはほとんどいない。というよりも大手の新聞社や雑誌社にはほとんどいない、というのが正しい。米国では、博士号を保有する科学担当記者や医者出身の医療記者などがゾロゾロいる。人材の流動性も高い。
 日本では終身雇用で守られたゼネラリストの記者ばかりだ。ほとんど公務員並みのレベルといってよい。これでは専門分野の取材ができるわけがない。

 もうひとつは記者クラブに代表されるような権威に媚びる姿勢だ。
 読売新聞の記者は森口氏が名乗る「ハーバード大客員講師」「東京大医学部iPS細胞バンク研究室長」という肩書きを疑いもしなかった。もしこれが名前の知られていない大学であれば、記者は見向きもしなかっただろう。

 学会のことをよく取材し、ある程度の専門知識があれば、インチキ論文の発表など、実は日常茶飯事であることくらい知っているはずだ。成果を捻じ曲げて発表する人のブラックリストも存在している。
 学会といってもしょせんは人間の集まり。インチキとはいわないまでも、ほとんど意味のない成果を誇張して発表する人はザラにいる。この世界の常識として「新しい論文を見たらどの部分を誇張しているのかを探るのが最初の作業」(国立大学准教授)なのだ。

 京都大学の山中教授がノーベル賞をもらったことでiPS細胞の話題に食いつき、東京大学やハーバード大の肩書きを信用して記事を書いているようでは、また同じ過ちを繰り返すだろう。

 - マスコミ

  関連記事

zakabagu
ネットで集合知は成立しない?偽ニュース問題でフェイスブックが大揺れ

 フェイスブックが偽ニュース問題の対応に苦慮している。基本的にニュースの選定には …

wsj120 02
ウォールストリート・ジャーナルが創刊125年。当時の紙面は今とあまり変わらず

 米国を代表する経済誌であるウォールストリート・ジャーナルが2014年7月8日で …

shohishacho
消費者庁がTV通販会社に改善命令。横並びすら出来ないマスコミ各社のお粗末報道

 消費者庁は29日、健康食品「飲まなく茶」を販売しているネイチャーウェイ株式会社 …

no image
シャープが中間決算を発表。同社が初めて倒産のリスクについて言及

 シャープが1日、中間決算を発表した。  半期の売上げは約1兆1000億円で前年 …

rokkasho
韓国から核燃料の再処理を受託との報道。原子力は核の問題であるという理解が必要

 日本政府が、使用済み核燃料の再処理を韓国から受託することを検討しているという東 …

abe
安倍総裁が「ぶら下がり取材」の拒否を表明。背景には日本人の知性の劣化がある

 自民党の安倍総裁は、野田首相と同様、首相官邸で記者団の質問に答える、いわゆる「 …

no image
美人記者を取材対象にはべらせる大手マスコミの呆れた実態

 近年、政治家や企業トップなどを囲む記者に「美人な女性」を配置するケースが増えて …

uiguru
新疆ウイグル自治区で警官とウイグル族住民が衝突。中国政府はテロと説明

 中国国営新華社通信は、中国北西部の新疆(しんきょう)ウイグル自治区で4月23日 …

pakucongress
産経ソウル前支局長無罪判決が、極めて妥当かつ民主的である理由

 韓国のソウル中央地方裁判所は2015年12月17日、朴槿恵大統領の名誉を傷つけ …

no image
小野文恵アナが結婚。今回はちゃんと籍を入れてね!の声

 「ためしてガッテン」などで元気キャラをお茶の間に届けているNHKの小野文恵アナ …