ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍首相の東南アジア歴訪が示す「国際競争力なくして安全保障はない」という事実

 

 安倍首相は7月25日午前、3日間の日程でマレーシア、シンガポール、フィリピンの3カ国を公式訪問するため羽田空港から政府専用機で出発した。マレーシア、フィリピンについては6年ぶり、シンガポールについては11年ぶりの公式訪問となる。TPP交渉における日本の立場に理解を求めるとともに、東南アジア各国との通貨協定の締結を目指す。

 日本はこの10年、デフレへの対応や政局の混乱など内向きな事情が続き、アジア各国に対してほとんどまともな外交活動を行ってこなかった。
 首相の訪問について記者会見に臨んだ菅官房長官自身も「(これほど長期にわたって各国への訪問がなかったことについて)自分自身も驚いている」と述べたくらいだ。

 今回の歴訪では、経済連携に加えて各国と通貨協定の締結について話合いが行われる予定。アジア各国との通貨協定は1997年のアジア通貨危機のような事態が起こった際、資金を融通し通貨の安定を図るためのもの。2005年には13カ国が参加する多国間の通貨協定(チェンマイ・イニシアティブ)が締結されているほか、個別の通貨協定も結ばれている。
 ただ多国間の通貨協定は利害の調整に時間がかかり機動的な運営ができないことから、二国間協定を強化しようという動きが活発化していた。2013年5月には、ASEAN財務大臣・中央銀行総裁会議において、タイ、シンガポール、マレーシアとの通貨協定締結に向けて議論を進めることが確認されており、今回の協議はこの結果を受けたものである。

 二国間の通貨協定については韓国とも締結していたが、領有権問題をきっかけに韓国との関係が悪化したことで、協定は延長されていない。また中国も景気減速が鮮明になっており、一部では金融システムが混乱する可能性も指摘されている。そのような中での東南アジア各国との通貨協定の締結は、外交安全保障の面で大きな意味を持ちそうである。

 日本がアジア地域における金融安定化プログラムにおいて主導権を握れるのは、過去に蓄積した膨大な貿易黒字とそれにともなう外貨準備が存在しているからである。このことは、強力な経済と金融なくして、外交も安全保障も存在しないことを如実に表している。
 最近の日本には、現状維持を最優先し、無理に国際競争力を高めなくてもよいという風潮があるが、こうした考えは甘い幻想にすぎない。現在のように日本企業が国際競争力をなくした状況が続けば、いずれはこのような外交を行うことも不可能になるからである。

 現在の日本は過去の資産でなんとかプレゼンスを維持できている状態だ。日本に残された時間は少ない。

 - 政治, 経済 , , , , , ,

  関連記事

sumaho201404
総務省のメディア利用調査。現在のネット・ニュース媒体は将来も安泰か?

 総務省情報通信政策研究所は2014年4月15日、メディア利用などに関する調査結 …

twitter
ツイッターがとうとう折り返し地点?利用者数の伸びが鈍化し株価は大幅下落

 短文投稿サイトの米ツイッターは2015年7月28日、2015年4~6月期決算を …

kaisha
親の世代と若い世代の企業人気ランキングに異変。日本の大企業はとうとうオワコンか?

 保守的傾向が強く世代間であまり変化のなかった日本人の企業人気ランキングに異変が …

toshiba201405
東芝が新経営方針を発表。原発依存リスクからは脱却か?

 東芝は2014年5月22日、経営方針説明会を開催し、2017年3月期に売上高7 …

tenanmon
中国の人権侵害の象徴「労働矯正施設」。廃止か改革かをめぐって国内で激論

 中国の人権侵害の象徴であった「労働矯正制度」の廃止をめぐって中国が揺れている。 …

baidenindo
米国のバイデン副大統領がインドを訪問。意外に疎遠だった米国とインドの経済関係

 インドと米国があらたな経済連携に向けて対話を始めている。米国のバイデン副大統領 …

mof03
2015年度予算の概算要求基準を閣議了解。予算膨張で要求額は100兆円を突破

 安倍内閣は2014年7月25日、2015年度予算の概算要求基準を閣議了解した。 …

toudoshasuiheki
福島原発の汚染水対策に国が470億円を投入。だが抜本的な解決とはほど遠い状況

 安倍首相をトップとする政府の原子力災害対策本部は9月3日、東京電力福島第1原発 …

shacho
日本企業の役員報酬は果たして高いのか安いのか?

 東京商工リサーチは2016年6月29日、2016年3月期において1億円以上の役 …

mof
日銀総裁の交代とTPPで財務省人事に動き。ただ次官レースには大きな影響はない

【本記事は2013年3月のものです。財務省の最新の人事情報記事はこちらです】「木 …