ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国のバイデン副大統領がインドを訪問。意外に疎遠だった米国とインドの経済関係

 

 インドと米国があらたな経済連携に向けて対話を始めている。米国のバイデン副大統領は7月22日から25日までインドを訪問し、シン首相や経済界の代表らと相次いで会談を行った。インドには6月にケリー国務長官が訪問、その後インドの商工相が米国を訪問したばかりであり、両国の意気込みの高さを伺わせる。

 会談ではもっぱら、インドとの経済連携について話合われる予定。両国の原子力協定の内容や、インドが設定している通信防衛分野の直接投資制限の解除、米国が発行する就労ビザの条件緩和などが主なテーマ。
 インドはITサービス大国であり、米国のソフト開発の多くがインドにアウトソーシングされている。また英語を話せる人が多いことから、一般的なコールセンターはもちろんのこと、経理業務など企業の管理業務をまるごとインドにアウトソースするケースも増えてきている。
 またインドは東西冷戦時代には独自の核開発を行い、米国とは緊張関係にあったが、原子力開発分野でも方針を転換、現在では米国の軽水炉技術を導入している。

 米国とインドの経済関係はかなり濃密との印象があるが、実はそうでもない。2010年には57億ドル(約5700億円)あった米国からインドへの直接投資は2011年には半減しており、日本への直接投資額とあまり変わらない。また日本と同様、流通システムが複雑で、大規模店舗の出店規制があるなど市場効率が低いという特徴がある。最近では経済成長の鈍化も手伝って、インドから撤退する企業も増えているという。

 米国の産業界は、バイデン副大統領のインド訪問に合わせて、インドの規制緩和や市場開放を求める要望書を提出しており、バイデン副大統領はインドに対して、一層の市場開放を求めた。またインド側も経済成長の鈍化から、直接投資の増加を望んでおり、各論はともかく全体的な双方の思惑は一致している。

 米国とインドのさらなる接近は、アジア情勢に対して安定をもたらす可能性が高い。インドと中国はかつて国境で軍事衝突を起こしたこともあるが(1962年、中印国境紛争)、2013年4月には当時の国境紛争を彷彿とさせるような、国境地域での小競り合いがあった。
 中国はインドと米国が連携し、中国の封じ込めに出てくることを強く警戒しており、国境での衝突回避に向けた協議に積極的な姿勢を示している。米国とインドの接近は、中国の妥協を引き出す材料となるだろう。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

airasiajapan
エアアジアが今度は楽天と組んで日本に再参入。だがガラパゴスの打破は難しそう

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアが再び日本市場に参入する。全 …

london02
EU離脱の国民投票が終了。結果がどうなるにせよ英国にとってメリットは少ない

 EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う英国の国民投票が終了した。大勢は24日の …

ooigenpatu
大飯原発の停止要請をめぐる、政府と原子力委員会の「意味不明」

 唯一稼働中の原子力発電所である関西電力大飯原子力発電所をめぐって、政府と原子力 …

shukinpei06
中国で習近平国家主席への権力集中が進む。安定化なのか政情不安なのか?

 中国共産党指導部で、習近平国家主席への権力集中が進んでいる。習政権の権力基盤は …

taobaorakuten
中国最大のECサイト「アリババ」と「楽天」を比較して分かること

 中国におけるインターネット通販が急拡大している。中国最大の電子商取引サービス会 …

sinbun
新聞協会が消費税軽減税率を求める声明を発表。差別ギリギリのその驚くべき内容とは?

 消費税増税を前に、新聞業界が新聞などへの軽減税率適用を求めて政府・与党に対する …

sumahobunkai
東京五輪で廃スマホから金メダルを作るプランが浮上。資源再利用都市をアピール

 東京オリンピックで選手に授与されるメダルをスマホから作るというプランが浮上して …

beikokuoil
原油価格が世界経済停滞を懸念して一時90ドル割れ。日本への影響はマイナスが大きい?

 ニューヨークの原油先物価格が約1年5カ月ぶりに一時90ドルを割り込んだ。世界経 …

furyokuhatuden
自民党がエネルギーミックスについて提言。原発をめぐってとりあえず玉虫決着

 自民党は2015年4月、2030年時点における電源比率を定める「エネルギーミッ …

tokyofukei001
2017年1~3月期のGDPは、とうとう名目値がマイナスに転落。完全にデフレに逆戻り

 内閣府は2017年5月18日、2017年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …