ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

すべて米国に言われるがまま。スノーデン事件で明らかになった欧州の弱腰

 

 米国情報機関の監視を暴露したCIA元職員エドワード・スノーデン氏の処遇をめぐって、欧州と米国の力関係の実態が明らかになっている。

 南米ボリビアのモラレス大統領は7月24日、大統領専用機が領空通過を拒否され強制着陸させられた件について、欧州4カ国からの謝罪を受け入れると発表した。呼び戻していたボリビア大使も、大使館に再び派遣するという。

 この事件は7月2日、ロシアからボリビアに帰国途中だった大統領専用機が、フランスやスペインなど欧州各国によって上空通過を拒否され、オーストリアの空港に強制着陸させられたというもの。

 モラレス大統領は、反米主義で知られており、米政府機関による情報監視を暴露したエドワード・スノーデン氏の亡命を受け入れる用意があると発言していた。このため、大統領が乗った飛行機がモスクワを離陸すると、スノーデン氏が同乗しているとの噂が流れ、フランス、イタリア、スペイン、ポルトガルなどが上空通過を拒否した。このため、専用機はオーストリア・ウィーンの空港に着陸することになり、モラレス大統領は空港内のラウンジで立ち往生することになってしまった。

 ボリビアは南米の小国とはいえれっきとした主権国家。大統領が乗った専用機が、何の根拠もなく上空通過を拒否されるというのは国際法上あってはならない事態といえる。欧州各国は米国の反応を過剰に心配し、頼まれてもいないのに、単なる噂レベルで一国の大統領専用機の領空通過を拒否してしまったわけだ。4カ国はこの件に対してボリビア政府に謝罪していた。
 このほかドイツでは、国内の情報機関が米国の支持に従い、国内で広範囲な情報監視を行っていたという事実も明らかになっている。秋の総選挙を前に、政治的なスキャンダルにもなりかねない状況となっている。

 欧州は建前上、米国の方針とは一線を画す独自のスタンスを強調しているが、実際には日本と同様、米国の目を常に気にしているという実態が露呈してしまった。一方ロシアは、事実上スノーデン氏をロシアに足止めする一方で、亡命申請を受け入れる方針を明らかにするなど(まだ正式に申請は受理されていない)、スノーデン事件を交渉材料に米国を振り回している。
 EU(欧州連合)は現在では経済的な部分にのみ焦点が当たっているが、元来は米国に対する交渉力(およびドイツの封じ込め)という極めて政治的な動機で設立されたものである。だがスノーデン事件は、EUという国家連合をもってしても、米国に対して強く出られな欧州の現実をよく表している。

 - 政治, 社会, IT・科学 , , , ,

  関連記事

no image
李明博大統領、政敵である朴槿恵氏と会談。退任後は逮捕されずに済むのか?

 韓国の李明博大統領と与党セヌリ党の次期大統領候補に指名された朴槿恵氏は2日、青 …

abe001
まるでデジャヴュ。安倍政権は日本にハイパーインフレをもたらすのか?

 量的緩和策の拡大と大規模な財政出動を組み合わせる安倍政権の経済政策「アベノミク …

mof
安倍政権の樹立に財務省が暗躍?財務省はなぜ政界をコントロールできるのか?

 自民党の政権復帰に財務省が大きな役割を果たしたとの噂が広がっている。財務省は悲 …

obamansa
オバマ大統領が国民監視プログラムの改革案を発表。大きな変化はない可能性が大

 オバマ米大統領は8月9日、ホワイトハウスで記者会見を行い、政府の情報監視プログ …

suga04
野党分断に八面六臂の活躍。安倍政権最大のキーマン菅官房長官

 安倍政権のキーマン中のキーマンといわれる菅官房長官の動きに注目が集まっている。 …

appleintelsamusung
アップルがサムスンに見切り?売国奴と呼ばれることを憂慮した強気の交渉がアダに

 アップルのサムスン離れが加速している。米アップルと米インテルが、次世代のiPa …

contena03
日中韓FTA交渉がスタート。だが日本に続き韓国もTPP参加に傾いており状況は微妙

 日本、中国、韓国の3カ国は3月26日、韓国のソウルで自由貿易協定(FTA)締結 …

no image
ドイツの財政が絶好調。税収増加のカギは、やはり企業の競争力と経済成長にあり

 ドイツの財政状況が絶好調だ。2012年の税収(国と地方の合計)は6024億ユー …

ieiri
電話番号など個人情報をネットで晒す行為は、本当にバカで非常識なのか?

 自分の電話番号をツイッターに公開するという行為がネット上で話題となっている。き …

whitecolorexe
残業代ゼロ政策の導入が現実味。職種限定だが、年収制限はなくなる可能性も

 労働時間に関わらず賃金を一定にする、いわゆる残業代ゼロ政策の導入が現実味を帯び …