ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

すべて米国に言われるがまま。スノーデン事件で明らかになった欧州の弱腰

 

 米国情報機関の監視を暴露したCIA元職員エドワード・スノーデン氏の処遇をめぐって、欧州と米国の力関係の実態が明らかになっている。

 南米ボリビアのモラレス大統領は7月24日、大統領専用機が領空通過を拒否され強制着陸させられた件について、欧州4カ国からの謝罪を受け入れると発表した。呼び戻していたボリビア大使も、大使館に再び派遣するという。

 この事件は7月2日、ロシアからボリビアに帰国途中だった大統領専用機が、フランスやスペインなど欧州各国によって上空通過を拒否され、オーストリアの空港に強制着陸させられたというもの。

 モラレス大統領は、反米主義で知られており、米政府機関による情報監視を暴露したエドワード・スノーデン氏の亡命を受け入れる用意があると発言していた。このため、大統領が乗った飛行機がモスクワを離陸すると、スノーデン氏が同乗しているとの噂が流れ、フランス、イタリア、スペイン、ポルトガルなどが上空通過を拒否した。このため、専用機はオーストリア・ウィーンの空港に着陸することになり、モラレス大統領は空港内のラウンジで立ち往生することになってしまった。

 ボリビアは南米の小国とはいえれっきとした主権国家。大統領が乗った専用機が、何の根拠もなく上空通過を拒否されるというのは国際法上あってはならない事態といえる。欧州各国は米国の反応を過剰に心配し、頼まれてもいないのに、単なる噂レベルで一国の大統領専用機の領空通過を拒否してしまったわけだ。4カ国はこの件に対してボリビア政府に謝罪していた。
 このほかドイツでは、国内の情報機関が米国の支持に従い、国内で広範囲な情報監視を行っていたという事実も明らかになっている。秋の総選挙を前に、政治的なスキャンダルにもなりかねない状況となっている。

 欧州は建前上、米国の方針とは一線を画す独自のスタンスを強調しているが、実際には日本と同様、米国の目を常に気にしているという実態が露呈してしまった。一方ロシアは、事実上スノーデン氏をロシアに足止めする一方で、亡命申請を受け入れる方針を明らかにするなど(まだ正式に申請は受理されていない)、スノーデン事件を交渉材料に米国を振り回している。
 EU(欧州連合)は現在では経済的な部分にのみ焦点が当たっているが、元来は米国に対する交渉力(およびドイツの封じ込め)という極めて政治的な動機で設立されたものである。だがスノーデン事件は、EUという国家連合をもってしても、米国に対して強く出られな欧州の現実をよく表している。

 - 政治, 社会, IT・科学 , , , ,

  関連記事

00002
米大統領選挙、2回目のTV討論会が先ほどスタート。今回も何故かオバマの表情は固い

 米大統領選挙の2回目のTV討論会が先ほどスタートした。場所はニューヨーク州のホ …

abejosei
4~6月期のGDPは大幅マイナスの見込み。秋以降、政局流動化の可能性も

 来週に発表される4~6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、大幅なマイナスに …

kennedy05
ケネディ次期駐日大使の議会公聴会は、まるでセレブの記者会見?

 ケネディ大統領の長女で、次期駐日大使に指名されているキャロライン・ケネディ氏は …

inteldatacenter
米インテルの2014年1~3月期決算。オールド優良IT企業としての体質がより鮮明に

 半導体世界最大手の米インテルは2014年4月15日、2014年1~3月期の決算 …

uh-x
防衛省ヘリ調達談合事件。「企画競争入札」というインチキ

 防衛省が発注した次期多用途ヘリコプターに関する不正疑惑で、東京地検特捜部は週明 …

nihonyuseiibmjinkochino
日本郵政がIBM、アップルと共同で人工知能サービスを導入

 日本郵政は2015年4月30日、米アップル、米IBMの2社と共同で高齢者向けサ …

obamasiriakubaku
オバマ政権が圧力に抗しきれずシリア空爆を決断。次期大統領選にも影響

 米国のオバマ大統領は2014年9月10日、テレビ演説を行い、イラクとシリアで勢 …

no image
自民、民主、みんなから数名が維新へ合流。だが面々は微妙

 自民、民主、みんなから維新に合流する国会議員が明らかになってきている。報道され …

chunankai
胡錦濤氏が江沢民氏を中南海から追放。中国の権力中枢「中南海」とは?

 中国共産党指導者の執務室が集中する北京の中南海から、江沢民前国家主席が自身の個 …

okane
スイスで経営者の高額報酬に制限。だが役員報酬が世界で最も割高なのは日本企業だ

 スイスで3月3日、企業経営者の高額報酬を制限するか否かを問う国民投票が実施され …