ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米大統領選挙に見る政治と宗教。米国社会は想像以上に変化が進んでいる

 

 日本ではあまり報道されないが、米国の政治は宗教によって動く側面が強い。言うまでもなく米国はキリスト教、特にプロテスタントの国なのだが、最近、その宗教地図に地殻変動が起こっている。この動きは、米国政治を確実に変えつつある。

 今話題の米大統領選挙。宗教に詳しい人なら、候補者の宗教を見て、違和感を持ったかもしれない。両党の候補者の宗教は以下の通りだ。

【民主党】
オバマ大統領(黒人) プロテスタント
バイデン副大統領(アイルランド系) カトリック

【共和党】
ロムニー候補(白人) モルモン教
ライアン候補(アイルランド系) カトリック

 米国は建国以来、WASP(White Anglo-Saxon Protestant -白人プロテスタント)が絶対的なパワーを持ってきた。同じ白人でもカトリック(イタリア系とアイルランド系)はマイナーな存在だったのである(アメリカの映画やドラマを注意深く見ているとそのあたりが良く分かる)。
 日本では白人と黒人の対立ばかり注目されるが、実は白人内部の対立の方が深刻なのだ。黒人であるオバマ大統領が就任するまでは、米国大統領でカトリックだったのは、アイルランド系のケネディ大統領ただ一人である。

 だが今回の選挙は、いわゆる主流派のWASPはひとりも出馬していない。さらにプロテスタントなのはオバマ大統領だけである。オバマ大統領は黒人だが、むしろメジゃーな立場の米国人を代表しているのだ。黒人はもはや差別される側ではなく、完全に主流派になったといってよい。
 対抗馬のロムニー候補はモルモン教であり、つい最近まで米国では迫害視されていた宗派である。副大統領候補のライアン氏はアイルランド系でカトリックだ。バイデン副大統領もカトリックである(ちなみにバイデン副大統領は史上初のカトリックの副大統領である)。

 プロテスタントの弱体化は数字にも表れている。ピューリサーチセンターが発表した統計によると、プロテスタントの割合はすでに50%を切っており、特定の主教を持たない人が20%に達しているという。
 これは米国では驚くべき数字であり、価値観や人種の多様化が急激に進んでいることを示している。移民の流入やグローバル化の進展、女性の社会進出など、米国は大きく変化している。価値観の多様化は、もしかすると米国復活のカギとなるのかもしれない。

 - 政治, 社会

  関連記事

stigurittuabe
スティグリッツ氏の主張は実はアベノミクスと正反対。それでも来日した理由とは?

 安倍首相が、世界的な経済学者を次々に官邸に呼んで会談を行っている。永田町では消 …

trumpkakuhoyu
トランプ氏が何と日本の核保有に言及。日米同盟は所与のものではなくなりつつある

 米共和党のトランプ候補がとうとう日本の核武装について言及した。どこまで現実的な …

nihonchokuhan
TV通販の日本直販。TV局にしがみつき粉飾にまで手を染めたがとうとう行き倒れ

 最大3メートル伸びる「高枝切りばさみ」などのアイデア商品で知られる「日本直販」 …

kerry02
ミサイル警戒の最中、ケリー国務長官が日中韓国歴訪。北との水面下の交渉は?

 北朝鮮によるミサイル発射に備え、日米韓による監視が続いている。ミサイルを発射す …

futenma
とうとう動き出す?普天間基地の辺野古移設。背後にカジノ誘致との噂

 沖縄県を地盤とする自民党の国会議員5人が11月25日、米軍普天間飛行場の辺野古 …

shukinpei06
国連人権理事会が中国の人権弾圧を指摘。だが中国への実質的影響はほとんどゼロ

 国連人権理事会は10月22日、作業部会を開催し、中国に対してチベット自治区など …

okane
スイスで経営者の高額報酬に制限。だが役員報酬が世界で最も割高なのは日本企業だ

 スイスで3月3日、企業経営者の高額報酬を制限するか否かを問う国民投票が実施され …

kokintou
中国共産党大会が無事に開幕。今後の胡錦濤氏の立場はある程度担保された

 相次ぐ権力闘争で日程が延期され、クーデター発生説まで取りざたされた中国の政権交 …

usarmy
米国の若者の7割が兵役不適格。肥満などが主な原因だが、装備ハイテク化の影響も

 米国の若者の約7割が、何らかの理由で兵役の対象にならないという現実が話題となっ …

zaiseishuusi
骨太の方針に歳出上限を盛り込まない公算。市場はこれをどう受け止めるか?

 政府は今月末に経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の閣議決定を予定しているが、 …