ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米大統領選挙に見る政治と宗教。米国社会は想像以上に変化が進んでいる

 

 日本ではあまり報道されないが、米国の政治は宗教によって動く側面が強い。言うまでもなく米国はキリスト教、特にプロテスタントの国なのだが、最近、その宗教地図に地殻変動が起こっている。この動きは、米国政治を確実に変えつつある。

 今話題の米大統領選挙。宗教に詳しい人なら、候補者の宗教を見て、違和感を持ったかもしれない。両党の候補者の宗教は以下の通りだ。

【民主党】
オバマ大統領(黒人) プロテスタント
バイデン副大統領(アイルランド系) カトリック

【共和党】
ロムニー候補(白人) モルモン教
ライアン候補(アイルランド系) カトリック

 米国は建国以来、WASP(White Anglo-Saxon Protestant -白人プロテスタント)が絶対的なパワーを持ってきた。同じ白人でもカトリック(イタリア系とアイルランド系)はマイナーな存在だったのである(アメリカの映画やドラマを注意深く見ているとそのあたりが良く分かる)。
 日本では白人と黒人の対立ばかり注目されるが、実は白人内部の対立の方が深刻なのだ。黒人であるオバマ大統領が就任するまでは、米国大統領でカトリックだったのは、アイルランド系のケネディ大統領ただ一人である。

 だが今回の選挙は、いわゆる主流派のWASPはひとりも出馬していない。さらにプロテスタントなのはオバマ大統領だけである。オバマ大統領は黒人だが、むしろメジゃーな立場の米国人を代表しているのだ。黒人はもはや差別される側ではなく、完全に主流派になったといってよい。
 対抗馬のロムニー候補はモルモン教であり、つい最近まで米国では迫害視されていた宗派である。副大統領候補のライアン氏はアイルランド系でカトリックだ。バイデン副大統領もカトリックである(ちなみにバイデン副大統領は史上初のカトリックの副大統領である)。

 プロテスタントの弱体化は数字にも表れている。ピューリサーチセンターが発表した統計によると、プロテスタントの割合はすでに50%を切っており、特定の主教を持たない人が20%に達しているという。
 これは米国では驚くべき数字であり、価値観や人種の多様化が急激に進んでいることを示している。移民の流入やグローバル化の進展、女性の社会進出など、米国は大きく変化している。価値観の多様化は、もしかすると米国復活のカギとなるのかもしれない。

 - 政治, 社会

  関連記事

no image
ゆうちょ銀行が住宅ローン参入。フランスにはその未来予想図がある

 ゆうちょ銀行は個人向け住宅ローンへの参入を総務省と金融庁に認可申請した。両省庁 …

furunreport
中国版フォーブスと呼ばれる最新の長者番付。米国の資産家の水準に近づく

 中国の民間調査会社である胡潤研究院は、中国の大富豪ランキングである「胡潤百富( …

oecdskill
OECDによる能力調査。日本人は3分野のうち2分野で1位なのだが、何とITスキルでは?

 OECD(経済協力開発機構)は10月8日、世界24カ国を対象した国際成人力調査 …

kaisaibankan
スカート盗撮裁判官の弾劾裁判が始まる。本人は事実関係を認める

 電車内で女性の下着を盗撮したとして罰金刑を受けた大阪地裁の華井俊樹判事補の弾劾 …

sugaku
日本の若者の約半数が学校教育が就職に役立たないと感じている?

 日本人の若者の47%が、学校教育が就職に役立っていないと考えており、アジアの中 …

josei02
女性活用は効果6兆円との試算。だが女性も働かないと経済を維持できないのが現実

 電通総研は7月25日、主婦の再就業による経済波及効果に関するレポートを発表した …

hagel03
アフガン撤退に暗雲?ヘーゲル国防長官がアフガンを訪問するも、カルザイ大統領は激怒

 ヘーゲル米国防長官は3月10日、アフガニスタンを訪問しカルザイ大統領と会談した …

onkaho
温家宝首相の2200億円蓄財手段が明らかに。日本のSBIグループもファンドに出資

 中国の政権交代に関連して、現指導部と対立している太子党グループから、温家宝首相 …

orand
仏オランド大統領が掲げる反企業政策が早くも行き詰まり

 フランスのオランド大統領が掲げる「反企業政策」がはやくも行き詰まりつつある。 …

kenpo
安保法制をめぐり憲法解釈に関する議論が紛糾。日本において立憲主義の定着は困難?

 安保法制をめぐる議論が紛糾している。衆院の憲法審査会では、与党が推薦した参考人 …