ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米大統領選挙に見る政治と宗教。米国社会は想像以上に変化が進んでいる

 

 日本ではあまり報道されないが、米国の政治は宗教によって動く側面が強い。言うまでもなく米国はキリスト教、特にプロテスタントの国なのだが、最近、その宗教地図に地殻変動が起こっている。この動きは、米国政治を確実に変えつつある。

 今話題の米大統領選挙。宗教に詳しい人なら、候補者の宗教を見て、違和感を持ったかもしれない。両党の候補者の宗教は以下の通りだ。

【民主党】
オバマ大統領(黒人) プロテスタント
バイデン副大統領(アイルランド系) カトリック

【共和党】
ロムニー候補(白人) モルモン教
ライアン候補(アイルランド系) カトリック

 米国は建国以来、WASP(White Anglo-Saxon Protestant -白人プロテスタント)が絶対的なパワーを持ってきた。同じ白人でもカトリック(イタリア系とアイルランド系)はマイナーな存在だったのである(アメリカの映画やドラマを注意深く見ているとそのあたりが良く分かる)。
 日本では白人と黒人の対立ばかり注目されるが、実は白人内部の対立の方が深刻なのだ。黒人であるオバマ大統領が就任するまでは、米国大統領でカトリックだったのは、アイルランド系のケネディ大統領ただ一人である。

 だが今回の選挙は、いわゆる主流派のWASPはひとりも出馬していない。さらにプロテスタントなのはオバマ大統領だけである。オバマ大統領は黒人だが、むしろメジゃーな立場の米国人を代表しているのだ。黒人はもはや差別される側ではなく、完全に主流派になったといってよい。
 対抗馬のロムニー候補はモルモン教であり、つい最近まで米国では迫害視されていた宗派である。副大統領候補のライアン氏はアイルランド系でカトリックだ。バイデン副大統領もカトリックである(ちなみにバイデン副大統領は史上初のカトリックの副大統領である)。

 プロテスタントの弱体化は数字にも表れている。ピューリサーチセンターが発表した統計によると、プロテスタントの割合はすでに50%を切っており、特定の主教を持たない人が20%に達しているという。
 これは米国では驚くべき数字であり、価値観や人種の多様化が急激に進んでいることを示している。移民の流入やグローバル化の進展、女性の社会進出など、米国は大きく変化している。価値観の多様化は、もしかすると米国復活のカギとなるのかもしれない。

 - 政治, 社会

  関連記事

kyouikusaisei02
政府の教育再生実行会議で「6・3・3・4制」の見直しがスタート。だが目的は曖昧なまま

 政府の教育再生実行会議は、小学校から大学までを「6・3・3・4」の年数で区切る …

merukeru00
ドイツ要人が相次いで日本の円安政策を批判。基本的には国内向けなのだが・・・

 ドイツのメルケル首相は24日、スイスのダボス会議において、日本が進める為替政策 …

fatgirls
米国のレストランでレシートに「太った女性」と記載して社会問題に

 カリフォルニア州の飲食店が、レシートにFatGirls(太った女性)と書き、女 …

houdounojiyu2014
日本において報道の自由を奪っているのは誰か?

 国際的な報道の自由度ランキングで日本の順位が急落していることが話題となっている …

hakukirai02
薄熙来被告の初公判が始まる。公判では検察と全面対決の様相だが・・・・

 中国共産党の最高指導部入りが確実視されながら権力闘争で失脚し、収賄や横領の罪に …

shujutsu
止まらない医療費の膨張が財政を圧迫。これは日本の中間層が抱える問題そのもの

 厚生労働省は11月14日、2011年度の国民医療費の概況を発表した。国民医療費 …

puticshukinpei201405
中国がロシアから天然ガスを高価格で大量購入。ウクライナ問題でロシアが優位に?

 ロシアと中国が、天然ガス供給に関する大型の長期契約を締結した。ロシアはEUに代 …

abeseichou03
安倍首相が成長戦略第3弾を発表。全体像が見えてきたが市場の失望を誘う内容

 安倍首相は6月5日、都内で講演し規制緩和を軸とした成長戦略の第3弾を発表した。 …

abe20141229
政府の予算と決算には乖離がある。経済対策3.5兆円を額面通りに評価してはいけない

 政府は2014年12月27日、臨時閣議を開き、総額3兆5000億円の経済対策を …

rojinkaigo
認知症JR事故、家族には賠償責任はないとの最高裁判決。ようやく当たり前の社会に

 認知症の高齢者が列車にはねられ、鉄道会社に損害を与えた場合における家族の賠償責 …