ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米大統領選挙に見る政治と宗教。米国社会は想像以上に変化が進んでいる

 

 日本ではあまり報道されないが、米国の政治は宗教によって動く側面が強い。言うまでもなく米国はキリスト教、特にプロテスタントの国なのだが、最近、その宗教地図に地殻変動が起こっている。この動きは、米国政治を確実に変えつつある。

 今話題の米大統領選挙。宗教に詳しい人なら、候補者の宗教を見て、違和感を持ったかもしれない。両党の候補者の宗教は以下の通りだ。

【民主党】
オバマ大統領(黒人) プロテスタント
バイデン副大統領(アイルランド系) カトリック

【共和党】
ロムニー候補(白人) モルモン教
ライアン候補(アイルランド系) カトリック

 米国は建国以来、WASP(White Anglo-Saxon Protestant -白人プロテスタント)が絶対的なパワーを持ってきた。同じ白人でもカトリック(イタリア系とアイルランド系)はマイナーな存在だったのである(アメリカの映画やドラマを注意深く見ているとそのあたりが良く分かる)。
 日本では白人と黒人の対立ばかり注目されるが、実は白人内部の対立の方が深刻なのだ。黒人であるオバマ大統領が就任するまでは、米国大統領でカトリックだったのは、アイルランド系のケネディ大統領ただ一人である。

 だが今回の選挙は、いわゆる主流派のWASPはひとりも出馬していない。さらにプロテスタントなのはオバマ大統領だけである。オバマ大統領は黒人だが、むしろメジゃーな立場の米国人を代表しているのだ。黒人はもはや差別される側ではなく、完全に主流派になったといってよい。
 対抗馬のロムニー候補はモルモン教であり、つい最近まで米国では迫害視されていた宗派である。副大統領候補のライアン氏はアイルランド系でカトリックだ。バイデン副大統領もカトリックである(ちなみにバイデン副大統領は史上初のカトリックの副大統領である)。

 プロテスタントの弱体化は数字にも表れている。ピューリサーチセンターが発表した統計によると、プロテスタントの割合はすでに50%を切っており、特定の主教を持たない人が20%に達しているという。
 これは米国では驚くべき数字であり、価値観や人種の多様化が急激に進んでいることを示している。移民の流入やグローバル化の進展、女性の社会進出など、米国は大きく変化している。価値観の多様化は、もしかすると米国復活のカギとなるのかもしれない。

 - 政治, 社会

  関連記事

ierensamazu
次期FRB議長最有力候補サマーズ氏が無念の辞退。理由はズバリ、傲慢不遜な性格

 米FRB(連邦準備制度理事会)次期議長の最有力候補であったサマーズ元財務長官が …

tenanmon
中国がネット検閲に加えて、利用者の実名登録を法制化。言論弾圧を強める

 中国の国会に当たる全国人民代表大会(全人代)常務委員会は28日、インターネット …

rikagakuken
新型万能細胞に関する画期的研究から考える、日本の官製イノベーション思想の是非

 理化学研究所の研究チームが、酸性の刺激を与えるだけの簡単な方法で、あらゆる細胞 …

yahoojapan
ヤフーの通販サイト出店無料化は、近い将来マクロ経済にも影響を与える?

 ヤフーがネット通販サイトとオークションサイトへの出店料を無料にするという大胆な …

tosho002
とうとう動き出す日本の企業統治。外国人投資家の見方は変わるか?

 国内で、コーポレートガバナンスに関する整備が急速に進んでいる。きっかけは、アベ …

kennedy05
ケネディ次期駐日大使の議会公聴会は、まるでセレブの記者会見?

 ケネディ大統領の長女で、次期駐日大使に指名されているキャロライン・ケネディ氏は …

matsui
引退表明の松井秀喜。頼むから日本の大学入学、巨人監督という道だけは歩まないでくれ

 現役引退を表明した松井秀喜氏が大学への進学を検討していることが明らかとなった。 …

nsa
米国の諜報機関は本当に全部の電話やメールの盗聴を実施できているのか?

 米国の諜報機関による盗聴問題が拡大する兆しを見せている。ドイツのマスコミが、米 …

businessman04
労働者の賃金がさらに減少。賃上げ実施後もあまり期待できない理由とは?

 厚生労働省は2014年2月20日、2013年賃金構造基本統計調査の結果を発表し …

alipay
中国のメジャー決済サービスが来年上陸。日本人向けにサービスを展開

 中国のネット通販大手「アリババ」が、決済サービス「アリペイ」を日本国内で展開す …