ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ファンドの「オモチャ」だった東京スター銀行を台湾の銀行が買収。ようやく経営安定か?

 

 首都圏を中心40店舗近くの支店を展開する東京スター銀行が、台湾の大手銀行である中国信託商業銀行に買収されることになった。中国信託銀行は東京スター銀行の主要株主である米投資ファンド、ローンスターや新生銀行から株式を買い取る。買収金額は500億円程度になる模様。投資ファンドではなく外国の銀行が日本の銀行を買収する初めてのケースとなる。

 東京スター銀行の前身は、創業者による乱脈経営と不透明な融資によって1999年に経営破綻した東京相和銀行である。
 経営破綻後、米国の投資ファンドであるローンスターが買収して経営再建を行った。その後、日本の投資ファンドであるアドバンテッジ・パートナーズ(AP)が東京スター銀行を買収したが、APの買収資金の一部はローンスターが提供しているという状況だった。
 APは東京スター銀行からの配当金で買収資金を返済する予定だったが、リーマンショックによってスター銀行の経営が悪化、APは資金を返済できず、東京スター銀行はローンスターの所有に戻ってしまっている。

 東京スター銀行は、預金残高に応じて金利が変動する住宅ローン商品や消費者金融のローンを借り換えて一本化する「おまとめローン」などユニークな商品を投入してきた。だが業績は伸び悩んでおり、2013年3月期決算は減収増益となっている。

 今回、ローンスターから中国信託商業銀行に株式が譲渡されれば、外資とはいえ、投資ファンドではなく銀行の傘下に入ることになる。銀行の傘下入りによって、これまで半ばファンドのオモチャと化していたスター銀行の経営が安定するのかに注目が集まっている。

 中国信託商業銀行は、台湾の大手銀行のひとつで、台湾国内に147店舗、海外に70店舗を展開している。預金総額は約5兆円、総資産は約6.5兆円。ちなみに東京スター銀行の総資産は約2兆円、日本のメガバンクは150兆円程度の規模がある。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

gpifpotofori2015
株式市場で圧倒的な存在感を示す公的年金。まだまだ買い余力はあるが・・・

 株式市場における公的年金の存在感が大きくなっている。債券から株式へのポートフォ …

tsutusmiseiji
日本社会の成熟化を夢見たセゾングループの創設者、堤清二氏が死去。

 実業家でセゾングループ創業者の堤清二(つつみ・せいじ)氏が11月25日、東京都 …

itotaka
日本は再び財政出動路線に転換?著名学者が「構造改革」というキーワードに躊躇

 中国・上海で開催されていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2 …

gdp2013q1
1~3月期のGDPは、個人消費が好調で年率3.5%成長に。ただし設備投資は低調なまま

 内閣府は5月16日、2013年1~3月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価 …

shalegas
米国が安価なシェールガスの日本輸出を解禁。だが長期的円安で効果は相殺か?

 東京電力は6日、米国産の安価なシェールガスを年間200万トン確保したと発表した …

kamotsusen
FTA締結のメリットをまったく享受できない韓国。日本はTPPの影響をどう考えるべきか?

 各国と相次いでFTA(自由貿易協定)を締結してきた韓国において、消費者がその恩 …

piketishasin
ピケティが主張する資産格差拡大は日本でも発生しているのか?

 フランスの経済学者トマ・ピケティが話題となっている。ピケティの著作である「21 …

nyse03
米国は「日本化」しているのか?FRBエコノミストの見解をめぐって激論

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2013年12月18日のFOMC(連邦公開市場 …

businessman04
1~3月期の設備投資は予想通りマイナス。注目は今後発表される最新統計の状況

 財務省は6月3日、2012年1~3月期の法人企業統計の調査結果を発表した。それ …

suzuki
軽のスズキがババを引いた税制改正大綱。自動車業界もゼロサムゲームに突入

 自民・公明両党が発表した2014年度の税制改正大綱では、自動車税の扱いが一つの …