ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

消費者物価指数はじわじわ上昇。GDP成長は来年も物価上昇を上回ることができるのか?

 

 総務省は7月26日、6月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「生鮮食品を除く総合」が前年同月比0.4%の上昇となった。プラスに転じたのは2012年4月以来、1年2カ月ぶりとなる。

 これまでと同様、ガソリン価格や電気代の上昇が寄与しており、エネルギー価格や独占企業による値上げが主な要因。もっとも0.4%の上昇は前年同月比であり、先月との比較では上昇幅はゼロとなっている。
 ただ今年1月から6月までの期間で価格がプラスに転じた製品やサービス、あるいは価格の下落幅が減少した製品やサービスの数は着実に増加しており、輸入価格の増加が最終価格に転嫁され始めている。

 電気代、ガス代という値上げ幅が著しいものを除くと、ここ半年間で物価上昇が顕著だったのは、衣類、身の回り品、AV機器などである。衣類やAV機器は東南アジアや中国からの輸入が多く、円安が輸入価格を押し上げ、製品価格に転嫁されていることが推察される。
 ただ、最近では外食、調理食品などの価格上昇が目立ってきており、これまで製品価格に転嫁されていなかった分野でも、価格上昇が始まっていることが分かる。

 インフレには、原材料価格の上昇によって製品価格が上がるコスト要因のものと、景気が過熱しモノ不足になって値上げが進む、需要要因のものという2種類がある。日本経済がインフレに転じているのかという判断はまだ早いが、もしインフレが加速することになれば、コスト要因となることは間違いない。
 コスト要因のインフレでは、経済成長が伴わない場合、値上げによって数量が減少し、さらに経済を停滞させるという悪循環に陥る可能性がある(スタグフレーション)。

 日銀が掲げる2%の目標を達成できる状態になった時に、これを超える水準の経済成長を実現していないと、スタグフレーションが現実のものとなってしまう可能性がある。足元のGDPは今年1月に成立した補正予算による公共事業で良好な数値となっているが、来年はその効果が消滅する。また消費税の増税という逆風もある。物価の上昇だけでなく、持続的な経済成長をどのようにして実現するのか、アベノミクスではその答えをまだ提示していない。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

doragi02
欧州の長期金利上昇が日本にも波及。日銀に残された時間は少ない

 欧州の長期金利が上昇している。ECB(欧州中央銀行)が量的緩和策の縮小を検討し …

nichigin
日銀がバランスシートをほぼ2倍に拡大へ。壮大な社会実験が始まる!

 日銀は4月4日、黒田新総裁の下では初めてとなる金融政策決定会合を開き、「量的・ …

masudahiroya
東京の税収を地方に強制分配せよと主張していた増田氏の立候補で、東京はどうなる?

 東京都知事選挙に増田寛也元総務相が立候補を表明したことで、東京都の税収が地方に …

bouekitoukei201404
消費税駆け込み需要の反動で、4月の貿易収支は改善

 財務省は2014年5月21日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

hayashiyoshi
国会に独自の財政試算を実施できるスタッフ機能を設置。有志議員が検討

 有志の国会議員が、国会に、経済・財政に関する独自の調査機能を持たせるための議員 …

nenkintecho
増やすも地獄、減らすも地獄。年金財政は袋小路に入りつつある

 年金制度改革が袋小路に入り込んでいる。年金の国庫負担増額のメドが立たないことか …

obamabriefing
イスラエルがシリアを再び空爆。動かないオバマ政権と中東介入を狙う中国の思惑

 イスラエル空軍は5月5日、シリアの首都ダマスカス郊外にあるシリア政府の軍事施設 …

kousokumuryouka
高速道路無料化は事実上廃止?。基本インフラさえ無料で利用できない日本の貧しさ

 国土交通省の審議会である国土幹線道路部会は、6月7日に開いた会合で、高速道路料 …

nucleayankey
コスト高から原発撤退が相次ぐ米国。簡単に原発からの撤退を決められるのはナゼ?

 米国で原子力発電からの撤退が相次いでいる。理由は安全性への懸念ではなくコスト。 …

newvaio
ソニーのVAIO分社化が完了。パソコンの手離れで市場の関心はいよいよTV事業へ

 ソニー経営再建の焦点となっていたパソコン事業分社化がひとつの節目を迎えた。投資 …