ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

エアバスとBAEの合併交渉が破談。背後にはドイツの強硬な反対が

 

 エアバスの親会社EADSと英防衛大手BAEシステムズの合併が破談した。交渉の期限であった10日、両者は正式に交渉を継続しないことを明らかにした。

 両者が合併すれば、防衛・航空世界最大手の米ボーイングを超える企業が誕生するはずであった。
 だがBAEは英国で戦闘機や原子力潜水艦を製造できる唯一の企業。またエアバスはフランス政府とドイツ政府が深く関与する企業である。今回の合併破談は、いわゆる国策企業が抱える問題をあらためて浮き彫りにした。

 今回、合併が破談した原因は、各国政府の利害関係が調整できなかったことにある。特にドイツ政府が強く反対したといわれている。
 ドイツにはエアバス本体の組み立て工場のほか、各種の部品サプライヤーが多く存在している。ドイツ政府にとっては、エアバス社をコントロール下に置くことは政治的に極めて重要なことなのである。

 ドイツのエアバスに対する執念には相当なものがある。

 メルケル首相は、2012年8月、エアバス機を中国に売り込むべく中国を訪問した。メルケル首相は実は中国嫌い。チベット問題をはじめとする人権問題で何度も中国を批判してきた。だが8月の訪中では、人権問題には一切ノータッチ。飛行機のセールスマンに徹し50機の受注を獲得した。

 だがエアバスとBAEをめぐる状況は厳しい。世界の防衛産業にとって世界最大の顧客は何と言っても米国政府。だが、突出した軍事大国である米国は、大幅な軍事費の削減に乗り出している。
 米国の防衛航空産業が苦しくなるのは目に見えており、彼らは世界市場に向けて必死で営業攻勢をかけてくる可能性が高い。現在のBAEとエアバスの体制では、米国の防衛産業に対抗することはかなり難しいというのが現実だ。

 状況によってはふたたび合併交渉が検討される可能性も少なくない。

 - 政治, 経済

  関連記事

pccw
外国人投資家による都心の不動産取得が相次ぐ。本当に需要はあるのか?

 東京の不動産市場が活況を呈している。円安によって外国人投資家による買いが増加し …

ieren02
米国で3月利上げの可能性が急上昇。2017年は緩やかな金利上昇とドル高継続か?

 これまで見送りとの公算が高かった3月利上げが急速に現実化してきた。FRB(連邦 …

abe001
政府の緊急経済対策がまとまる。内訳は公共事業とファンドを使った事実上の補助金

 安倍政権の目玉政策である緊急経済対策の規模と内容が明らかになった。政府が支出す …

ozawaitoro
小沢一郎氏の無罪が最終確定。一連の裁判は日本の民主主義の薄っぺらさを露呈した

 「国民の生活が第一」の小沢一郎代表に対する裁判で小沢氏の無罪が最終確定した。小 …

shuinhonkaigi
衆院でマイナンバー法案が可決。喜んでいるのは国税庁とIT業界だけ?

 衆議院は5月9日、本会議において共通番号(マイナンバー)法案を与党、民主党など …

shukinpeiru
習近平国家主席が就任早々、米国のルー財務長官と会談

 米国のルー財務長官は3月19日、中国を訪問し、就任したばかりの習近平国家主席と …

s&p
EUがヒステリーを起こして格付会社に八つ当たり。規制強化を決定

 欧州において格付け会社に対する規制が大幅に強化されることになった。格付け会社へ …

amari
注目の4~6月期GDPは実質で2.6%。改定値もこの水準であれば消費税増税?

 内閣府は8月12日、2013年4~6月期の国内総生産(GDP)一次速報値を発表 …

bukkajoushou
物価上昇は鈍化しているが、現実には値上げが進行。4~6月期GDPにも悪影響か

 総務省は2015年7月31日、2015年6月の消費者物価指数を発表した。代表的 …

oecd
OECDが付加価値ベースで見た自国産出割合を発表。日本は世界1位なのだが・・・

 経済協力開発機構(OECD)は5月28日、世界貿易機関(WTO)と共同で、貿易 …