ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国最大の汚職事件の中心人物、薄熙来氏が起訴。だがせいぜい禁固刑との噂

 

 かつて中国、重慶市のトップとして君臨し、政治局常務委員入りが確実といわれながら汚職によって失脚した薄熙来氏が7月25日中国当局から起訴された。失脚以来、約1年半にわたって公の場に姿を見せていなかったが、とうとう被告の身となった。

 薄氏は父親がかつて国務院副総理を務めており、太子党(共産党幹部の師弟を中心とした保守的な派閥)のホープとして頭角をあらわした。
 2007年に内陸部の主要都市である重慶市のトップに就任し、大胆な外資導入による経済発展政策を主導、一時は年16%という驚異的な経済成長を実現させた。
 重慶市の成功は「重慶モデル」として全国で模倣された。だが薄氏は絶大な権力を背景に不正蓄財にも励み、5000億円近い財産を築いたともいわれている。

 中国全土で無理な経済成長の歪みが顕在化し、共産党幹部の腐敗が批判されるようになると、薄氏のスキャンダルが表面化、夫人らによる英国人事業家殺害事件などをきっかけに薄氏はすべての役職を解かれ失脚した。背後には、太子党と対立関係にある胡錦濤グループとの派閥争いがあり、胡錦濤前国家主席との権力闘争に負けたという側面もある。

 現在の国家主席である習近平氏は太子党に属しており、表面上は薄氏と同じ派閥ということになる。だが共産党ナンバー2の李克強首相は対立する胡錦濤グループであることに加えて、現在は共産党幹部の腐敗一掃が重要な政治課題になっている。習近平政権は薄氏に対しては厳罰で臨む方針といわれる。

 ただ厳罰とはいっても、現実には共産党幹部に対する処罰は甘い。中国では一定金額以上の収賄は死刑だが、元鉄道相で同じく収賄罪などで起訴された劉志軍被告の場合には、執行猶予2年の付いた死刑判決が言い渡されている。2年間模範囚であれば終身刑に減刑になるというもので、終身刑に減刑になればかなりの確率で刑務所を出られるという。また本人の財産は没収されているが、親族は対象外で、劉被告は出所後の生活には困らないとの噂も根強い(本誌記事「中国鉄道省元トップに執行猶予付きの死刑判決。事実上の減刑に国民からは批判の声」参照)。

 薄氏の場合、劉氏とは異なり共産党の準最高幹部ということもあり(中国では共産党幹部に比べて大臣の地位はかなり低い)、数年の禁固刑になる可能性が高いという。
 ただ中国では最高指導者に近いレベルの人物が起訴されること自体が、かなりインパクトのある出来事であり、同様の出来事は1976年に文化大革命を主導したとして、江青氏など、いわゆる4人組が逮捕、起訴されて以来のことである。

 - 政治 , , , , ,

  関連記事

mof05
財務省が人事を正式発表。予想通り木下次官は1年で退任したが・・・

 財務省は2014年7月4日、正式な主要人事を発表した。すでに報道されている通り …

yasukuni
靖国参拝に米国が異例の声明。国務省は議会やホワイトハウスをもはや説得できない?

 安倍首相は政権発足から1年となる2013年12月26日、靖国神社に参拝した。首 …

shukinpei
(速報)中国共産党が次期指導部を選出。太子党大勝利。胡錦濤グループは危機的状況

 中国共産党大会が昨日14日、全日程を終えて閉幕したが、注目されていた次期最高指 …

putingkukyo
経済制裁による通貨安と原油価格の下落でロシア経済はすでにボロボロ?

 ウクライナ問題をめぐる対ロ制裁に加えて原油価格の急激な下落がロシア経済を窮地に …

kaigosisetu
特養の規制を都市部で一部緩和。だが介護政策における根本的矛盾は解消されず

 厚生労働省が特別養護老人ホーム(特養)に関する規制を都市部に限って緩和する方向 …

kourousho
厚労省のマイナンバー収賄事件。汚職の温床となりやすい官庁の調達制度とは?

 マイナンバーに関する事業をめぐり、業者から現金100万円を受け取った収賄の罪で …

kanntei
政府が解雇要件を緩和する方向で検討を開始。だが公務員だけは例外という大矛盾

 政府はこれまで法律や判例で手厚く保護されてきた労働者の解雇要件を大幅に見直す方 …

3dprintergun
米国の学生グループが、3Dプリンタを使って自宅で製造できる銃を公開

 テキサス大学ロースクール(法科大学院)の学生を中心とした3Dプリンターによる銃 …

spain
スペインがわずか1600万円の不動産投資で外国人に永住権を付与

 スペイン政府は、銀行の不良債権問題の解決策のひとつとして、16万ユーロ(およそ …

eri
エリーが小沢ガールズに逆戻り?ダンナさんは維新から出馬の噂も

 日本未来の党への国民の生活が第一の合流が決まったことで、元小沢ガールズの一員で …